ele-king books

奇襲──奪われた青春の私記

大橋渡(著) 野村芳夫(解説)

2020/7/10   本体 1,800円+税   ISBN:978-4-909483-63-8

このエントリーをはてなブックマークに追加

発掘された、戦中の若き兵士の内面と戦闘の記録

戦後、75周年を迎えてついに公刊される、
海軍航空隊のかつてない等身大の内実。
20歳そこそこで徴兵された茨城出身、
日大グライダー部の学徒動員兵自身の体験した、
詳細で生々しい戦闘記録が、いまようやくここによみがえる。


亡き父の残した手稿を再発見した子息が、現代の若者にこそ読んでほしい人間模様であると、現代仮名遣いに改め、読みやすく改行をほどこし、漢字をひらいて読者の便に供する、戦慄の私記。

1945年4月、南九州の小さな海軍航空隊基地での激烈きわまりない対空戦闘への参加、開始された沖縄戦に零戦搭乗員として出撃。若年ながら単座戦闘機による沖縄本島への前代未聞の夜間長距離攻撃を見事、奇跡的に成功させ、生還するまでを描いている。

同時にこれは、特攻志願の実態を明らかにするばかりでなく、若き彼らの真情を吐露する、国に命を捧げざるをえなかった青春の物語でもある。

解説:野村芳夫

大橋渡 おおはし・わたる
1923年、茨城県生まれ。日本大学経済学部専門部在学中に学徒動員される。戦後すぐ学生結婚し、妻の千鶴子と退役軍人、竹上常三郎の夫婦養子となり、竹上渡として、日産自動車に定年まで勤務。1993年没。

野村芳夫 のむら・よしお
東京都中野区出身。1948年生まれ。日本大学文理学部英文科卒。日本文藝家協会、日本推理作家協会会員。翻訳家。訳書は、イアン・バンクス『蜂工場』(Pヴァイン)、グレイ&モレーノ=ガルシア編『FUNGI──菌類小説選集』上下(Pヴァイン)、W・H・ホジスン『〈グレン・キャリグ号〉のボート』(アトリエサード)、D・R・クーンツ『ライトニング』(文春文庫)など多数。

オンラインにてお買い求めいただける店舗一覧

amazon
TSUTAYAオンライン
Rakuten ブックス
ヨドバシ・ドット・コム
HMV
TOWER RECORDS
紀伊國屋書店
honto

全国実店舗の在庫状況

紀伊國屋書店
丸善/ジュンク堂書店/文教堂/戸田書店/啓林堂書店/ブックスモア

ご注文は最寄の書店でもお取り寄せが可能です。
また、バックナンバー、お取り扱い店、募集中です!

貴店名

番線

書店コード

ご担当者さまお名前

書籍名/冊数

備考

※こちらの注文フォームは店舗さま専用となります
ご個人でお買い求めいただける場合は、お近くの書店、レコード店さま、または各社さま通販サイト等をご利用ください

ele-king Books