ele-king Powerd by DOMMUNE

MOST READ

  1. Nwando Ebizie - The Swan (review)
  2. Prison Religion - Hard Industrial BOP (review)
  3. Associates - Sulk(40th Anniversary Edition) (review)
  4. Natalie Beridze - Of Which One Knows (review)
  5. interview with Hudson Mohawke 待っていたよ、ハドソン・モホーク (interviews)
  6. Cornelius - 2022.7.30@Fuji Rock Festival (review)
  7. J Jazz Masterclass Series ——〈BBE〉の和ジャズ発掘シリーズの新作は中島政雄と宮本典子 (news)
  8. Takuma Watanabe ——渡邊琢磨『ラストアフタヌーン』@ 河口湖円形ホール (news)
  9. Tonalism ──LA発のアンビエント・イベントがPARCOで開催 (news)
  10. Nick Cave & Warren Ellis ——ニック・ケイヴ&ウォーレン・エリスが音楽を手がける自然ドキュメンタリー映画上映 (news)
  11. ニュー・ダッド──あたらしい時代のあたらしいおっさん - 木津毅 (review)
  12. Kangding Ray - ULTRACHROMA (review)
  13. interview with Wu-Lu 世界が変わることを諦めない音楽 (interviews)
  14. Jeff Mills ──ジェフ・ミルズの来日公演が決定 (news)
  15. interview with Superorganism 僕らが目指しているのはポップ・ミュージックを作るってことだけ (interviews)
  16. GemValleyMusiQ - Abu Wronq Wronq (review)
  17. THE PIANO ERA 2022 ——テリー・ライリーや高木正勝も出演、ピアノ音楽をテーマにした2日間のフェスティヴァル (news)
  18. Whitearmor - In the Abyss: Music for Weddings (review)
  19. Big Thief ──ビッグ・シーフの初来日公演が決定 (news)
  20. Ryoji Ikeda ──池田亮司が約10年ぶりのオリジナル・アルバムをリリース、渋谷WWW Xにて最新ライヴも (news)

Home >  DJ Chart >  Duenn > Duenn

Duenn

Feb 06,2012 UP

Duenn

はじめまして。福岡のカセットレーベル〈ダエン〉と申します。去年から今年にかけて自宅に居るときによく聴いてるものを中心にセレクトしてみました。今後の予定としては4月末に落合SOUPで弊社レーベルのレコ発(カセット発?)イベント(出演:ニャントラ/白石隆之/原雅明/ダエン)を開催予定です。詳しくはこちらをhttp://duenn.exblog.jp/見てやって下さい。今後とも末長くご愛顧の程宜しくお願い申し上げます。

BGM SELECT 10


1
teebs-Ardour
ローランドSP-404一台でサイケでドリーミーな世界観を提示してくれるまさにインスタント禅。人呼んで黒いレイハラカミ。

2
STELLAR OM SOURCE - TRILOGY SELECT
美人なのにド変態な音を奏でるオランダの女性シンセ奏者。どこが好きなのか説明しにくいが何故か惹かれるものがある不思議な作品。

3
IKEBANA-From Dusk Till Dusk
作品全体に漂う喪失感にも似たアンビエント感がせつない。ジャケットもメンバー自ら一枚一枚シルクスクリーンでハンドプリント。昨年弊社レーベルの定期イベントに出演して頂きました。

4
Expressway Yo-Yo Dieting - Bubblethug
残像の美学。球種で例えたら間違いなくチェンジアップ。

5
ken ikeda-kosame
木とゴムで作ったハンドメイド感溢れる創作楽器を駆使して日常音を奏でてるにも関わらず聴いてると未知な世界と交信してるような錯覚を覚えます。

6
THE XX-THE XX
漢字一文字で例えると黒。一生ミニマリストを貫いて欲しいです。

7
rim-friends in Astoria
myspaceで知り合ったフランスのサウンドアーティスト。一緒にファイルを投げ合って曲を作ろうと意気投合して早5年。まだ1曲も出来てません。このタイム感が心地良くも有るんですがそろそろ何か作りたいです。

8
arcars-the surface of muclique
大分在住のエガミヤスシが福岡のテクノレーベルサイジジーレコードより1996年にリリースのアンビエント作品。自分にとって教科書のような存在。これがあれば何も要らないというぐらい好きです。一生聴きます。

9
WILLIAM BASINSKI / DISINTEGRATION LOOPS
無音じゃ少し物足りなく、でも「音楽」を聴きたくない時に極小音量で聴いてます。良い事も悪い事も全てを包み込んで肯定してくれるイメージ。

10
i8u/Surface tension
カナダのフィールドレコーディング作家。ここではないどこかへ連れて行ってくれます。ライブが見たいです。

Duenn - Archive