ele-king Powerd by DOMMUNE

MOST READ

  1. Àbáse - Laroyê (review)
  2. Random Access N.Y. vol.132:NYではレコードのある生活が普通になっている (columns)
  3. Broadcast ──ブロードキャストのレア音源が一挙リイシュー&リリース (news)
  4. Columns ジャズとアンビエントの境界で ──ロンドンの新星ナラ・シネフロ、即完したデビュー作が再プレス&CD化 (columns)
  5. Oval - Ovidono (review)
  6. Ehiorobo - Joltjacket (review)
  7. Floating Points × Pharoah Sanders ──これはすごい! フローティング・ポインツとファラオ・サンダースの共作がリリース (news)
  8. daydreamnation ——京都からハードコアを経由した日本産のアンビエント&ダウンテンポ (news)
  9. King Krule - You Heat Me Up, You Cool Me Down (review)
  10. 年明けのダンス・ミュージック5枚 - (review)
  11. Aya - Im Hole (review)
  12. interview with Primal 性、家族、労働 (interviews)
  13. interview wuth Geoff Travis and Jeannette Lee 〈ラフ・トレード〉が語る、UKインディ・ロックの現在 (interviews)
  14. Cleo Sol - Mother (review)
  15. hyunis1000 ──神戸の新世代ラッパーがファースト・アルバムをリリース (news)
  16. interview with Meitei 海外で評判の新進電子音楽家、日本文化を語る (interviews)
  17. Parris - Soaked In Indigo Moonlight (review)
  18. dj honda × ill-bosstino - KINGS CROSS (review)
  19. There are many many alternatives. 道なら腐るほどある 第3回 映画『金子文子と朴烈』が描かなかったこと (columns)
  20. Jenny Hval ──〈4AD〉へ移籍した北欧のシンガー/プロデューサー、ジェニー・ヴァルの新作が発売決定 (news)

Home >  DJ Chart >  大石幸司 > 大石幸司 (リトルテンポ)

大石幸司 (リトルテンポ)

Sep 05,2011 UP

大石幸司 (リトルテンポ)

レゲエを追究するドラマー。LITTLE TEMPOの他に、Likkle Mai Band、川上つよしと彼のムードメイカーズ等で活動中。レギュラーのDJ活動は、毎月第4金曜、新宿OPENの"GO DEH WID RIDDIM"。
Blog : http://oishinews.blogspot.com/

■ライブ INFO
LITTLE TEMPO presents 
第四回 ワイワイ祭りスペシャル! 『太陽の花嫁』 披露宴

出演者:リトルテンポ
GUEST:大野由美子(Buffalo Daughter)、icchie(exデタミネーションズ)、西内徹(川上つよしと彼のムードメイカーズ)
DJ:工藤Big'H'晴康
9月16日(金) 会場:恵比寿 LIQUIDROOM
開場:19:00 / 開演:20:00
前売券¥3,300(ドリンク別) / 当日券¥3,500(ドリンク別)
Info:HOTSTUFF PROMOTION http://www.red-hot.ne.jp/
http://www.littletempo.com/
http://twitter.com/#!/Little_Tempo

Strong Reggae Drumming Top 7 ※()内はドラマー名


1
Augustus Pablo - King Tubby meets Rockers Uptown 〜 ( Carlton Barret ) 
はまったきっかけの1曲。オープン・リムショットのフィル連打に飛ばされる。

2
2. Revolutionaries - Roots Man Dub 〜 ( Sly Dunbar ) 
スライの大得意な数学的ミリタントビート。

3
Aswad - African Children(Live) 〜 ( Drummie Zeb ) 
録音されたトラックの実験であるDUBをステージで再現する、という実験。

4
The Slickers - Johnny Too Bad 〜 ( Horsemouth )
この79年のリメイク版は4つ打ちになり、でかい農機具でザクザク突き進むがごとし。

5
David Isaacs - I'm Gonna Get You 〜 ( Sly Dunbar ) 
麗しいラバーズでも好きに暴れて良いという見本。

6
Coco Tea - I Lost My Sonia 〜 ( Style Scott ) 
最強のハードヒッター、スタイル・スコット。タイトとはこういうのです。

7
Techniques All Stars - Stalag 20 〜 ( Santa or Clevie )
シンセドラムなのに、ナイヤビンギのように聴こえてくる。オリジナルの「スタラグ17」にオーバーダブしたもの。