ele-king Powerd by DOMMUNE

MOST READ

  1. Miley Cyprus - Telephone Banking / Slot Canyons - Sketches (review)
  2. Tenderlonious - The Piccolo - Tender Plays Tubby / Tenderlonious - Tender in Lahore (review)
  3. Sun Araw ──サン・アロウ『ロック経典』の日本盤が登場 (news)
  4. interview with COM.A パンク・ミーツ・IDM! (interviews)
  5. John Carroll Kirby ──LAの鍵盤奏者ジョン・キャロル・カービーが奏でるアンビエント・ジャズ、〈Stones Throw〉より (news)
  6. interview with Trickfinger (John Frusciante) ジョン・フルシアンテ、テクノを語りまくる (interviews)
  7. Kevin Richard Martin - Frequencies for Leaving Earth - Vol​.​1 / Kevin Richard Martin - Frequencies for Leaving Earth - Vol​.​2 / Kevin Richard Martin - Frequencies for Leaving Earth - Vol​.​3 (review)
  8. interview with Julianna Barwick 聞きたくない声は、怒りのラップ、怒りのメタル。“グォォォーッ”みたいなやつ (interviews)
  9. R.I.P.:エンニオ・モリコーネ (news)
  10. Jun Togawa──戸川純がまさかのユーチューバーになった! (news)
  11. Run The Jewels ラン・ザ・ジュエルズは何がすごいのか (interviews)
  12. すずえり - Fata Morgana (review)
  13. interview with Wool & The Pants 東京の底から (interviews)
  14. There are many many alternatives. 道なら腐るほどある 第11回 町外れの幽霊たち (columns)
  15. Moodymann - Take Away (review)
  16. Politics 都知事選直前座談会 「今回の都知事選、どう見ればいいか」 (columns)
  17. Columns マキ・ザ・マジック追悼文 ――女神にKiss ケツにKiss どっちにしても墓場で笑う (columns)
  18. Kenmochi Hidefumi - たぶん沸く〜TOWN WORK〜 (review)
  19. 169 - SYNC (review)
  20. Speaker Music - Black Nationalist Sonic Weaponry (review)

Home >  SHOP Chart >  JAPONICA music store&cafe bar > Chart by JAPONICA 2011.03.28

Apr 08,2011 UP

JAPONICA music store&cafe bar

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

〒604-0925 京都市中京区寺町通御池上ル上本能寺前町476 アシストビルB1
PHONE : 075-211-8580 FAX: 075-211-8530
OPEN : 12:00~21:00 (music store) / 11:30~23:30 (cafe & bar)

JAPONICA 全般についてのお問い合わせ先
電話受付時間 : 店鋪営業時間内
電話番号: 075-211-8580
ファクス番号: 075-211-8530
E-mail : info@japonica-music.com

2006年4月にオープン、2009年4月にリニューアル。ハウス、テクノ、ヒップホップ、ブレイクビーツといったダンスミュージックを中心に、 ジャズ、ソウル、レゲエ、ダブ、アフロなどを独自のセレクトで幅広く展開。リニューアル以降、自社レーベルにも力を入れていて、所属アーティストらによる 作品をはじめ、独自のネットワークによるココでしか手に入らないような作品も多数取扱い中。
併設のカフェ・バーで食事やお酒を楽しみながら試聴が出来るほか、毎週のように京都のおすすめDJやミュージシャンによるパーティーも開催。海外アーティ スト、DJを招聘することもアリ。単なるレコ屋を超えた次世代ミュージック・スポットを目論みつつ京都、寺町御池にて奮闘中!

http://www.japonica-music.com

Shop Chart


1

NABOWA

NABOWA SUN E.P. MOGIE / JPN / 2011/3/31 »COMMENT GET MUSIC
初となるシングル作「SUN」が遂にリリース!西日本最大級のミュージックフェスティバル「SUNSET LIVE 2010」のオフィシャルソングとして使用され、ライブでも人気急上昇中の痛快疾走ナンバー「SUN」!昨年時計ブランドCITIZEN"ATTESA" のPV に抜擢され、リリースが待ち望まれていた「tick tick away」を収録した話題作!※このCDの売り上げの一部を日本赤十字社を通し、東北地方太平洋沖地震の被災地の方々へ寄付いたします。

2

TERRAS

TERRAS TERRAS JAPONICA / JPN / 2011/3/23 »COMMENT GET MUSIC
90年代初頭ハードコア/ミクスチャー・バンドとして絶大な人気を誇ったRise >From the Deadのベーシストに10代で抜擢、その後、京都を代表するバンドSOFTにサックスで加入、イギリスへ渡りソロとして活動、Love Streams agnes b.プロダクションの映画『Elvis Pelvis』のサントラを手がけるなど多岐に渡り活動しているマルチ・リード奏者'Yang Bo'ことShoheiKawamotoが20年近く積み重ねてきた多彩な活動を経てたどり着いたニュープロジェクト。所謂ジャズ・バンドとは程遠い個性 派バンドで活躍するミュージシャンが奏でる「印象派ジャズ・ポエトリー」。

3

THEO PARRISH

THEO PARRISH FEEL FREE TO BE WHO YOU NEED TO BE SOUND SIGNATURE / US / 2011/3/27 »COMMENT GET MUSIC
アルバム・リリースを記しての来日公演でも各地を熱狂させ改めてその不動の人気っぷりをみせつけたデトロイトの至宝THEO PARRISH最新作アルバム「SKETCHES」より待望のセカンド・カット!ソリッドな鍵盤プレイにマッドな声ネタが入り混じるバウンシー・フロア・ トラック"FEEL FREE TO BE WHO YOU NEED TO BE"、そして盟友でもあるデトロイトのギタリストDUMMINIE DEPORRESを迎えたインプロ・ジャズ・ハウス"360@1:29ON696"、THEO PARRISHより「このアルバムにおいて最も重要な2曲」とのことです。

4

ナカムライタル

ナカムライタル LOST TAPES OUTPUT / JPN / 2011/3/27 »COMMENT GET MUSIC
京都が誇る最重要パーティー「OUTPUT」首謀者ナカムライタルが待望の初ミックス作品をリリース!マスタリングに盟友KND、アートワークは SHOJI GOTO、と「OUTPUT」所縁の面々と共に創り上げた渾身の一枚。

5

KUNIYUKI

KUNIYUKI RE:MOMENTOS KUNIYUKI RMX CROSSPOINT / JPN / 2011/4/1 »COMMENT GET MUSIC
昨年リリースの最新アルバム「RE:MOMENTOS MOVEMENTS」や絵本とのパッケージングで話題となった「SOFT meets PAN」も大好評、そのマルチな才能を存分に発揮するMOOCHYさんによる08年リリースのアルバム「RE:MOMENTOS MOEMOTIES」収録のタイトル曲"RE:MOMENTOS"が、この度札幌を拠点に世界基準のディープハウス・サウンドを発信し続ける日本の至宝 KUNIYUKIさんによるリミックスを搭載し限定12inchとしてリリース!

6

INSTANT HOUSE

INSTANT HOUSE DANCE TRAX "RAW" EP UNKNOWN / US / 2011/3/30 »COMMENT GET MUSIC
JOE CLAUSSELLのキャリア原点となる88年結成の伝説的ハウス・ユニットINSTANT HOUSEが90年代にリリースしたレアなプロモ作品が待望の再発!ある意味剥き出しな(?)この時代特有のパワフルで躍動的なハウス・グルーヴにシンプ ルでストレートなネタ使いが荒さを含みつつも、やぱりダンス・フロアにしっくりとハマってくる黒光なトラック群の数々。

7

QUANTIC AND HIS COMBO BARBARO

QUANTIC AND HIS COMBO BARBARO CALIVENTURA EP TRU THOUGHTS / UK / 2011/3/23 »COMMENT GET MUSIC
THEO PARRISHらをはじめとした著名DJ達がヘヴィ・プレイ、そして<CADENZA>のMICHEL CLEISが大胆にテックハウス化するなど、ほんとジャンルを越えクロスオーヴァーに大ヒットし、シングル・カットもされた人気ナンバー"UN CANTO A MI TIERRA"をCUT CHEMISTとJ-BOOGIEの両者がそれぞれ独特の趣でブレイクビーツ・リミックスしたB面に注目!

8

BIBIO

BIBIO MIND BOKEH WARP / UK / 2011/4/1 »COMMENT GET MUSIC
天才BIBIOの<WARP>移籍後3枚目となる待望のニュー・アルバム!ブレイクビーツ/エレクトロニカをベースにあらゆるビート・ミュージッ クを熟知した懐の深い、そして引き出しの多い柔軟なグルーヴを軸に、現行のエレクトリック感と生楽器によるアコースティック感を絶妙にミックスし た丸みのあるホンワカ・サウンド・デザインで郷愁感漂うフォークトロニカ、ポストロック、バレアリック、チルアウト・・と縦横にその形態を変化さ せながら駆け巡る全12トラック!

9

MOODYMANN

MOODYMANN I CAN'T KICK THIS FEELING (APPOINTMENT REMIX) DECKS REWORK / GER / 2011/3/27 »COMMENT GET MUSIC
ドイツのハイセンスな名作リイシュー・レーベル<DECKS CLASSIX>より新たにリエディット/リミックスを加えリイシューを敢行するニュー・ライン<DECKS REWORX>第1弾。MOODYMANNの初期傑作にしてオリジナルはレア盤で入手困難な<KDJ>6番"I CAN'T KICK THIS FEELING"のオリジナル・ヴァージョン収録に加え、ベルリンのアンダーグラウンド集団APPOINTMENTクルーによるドープ&ディープ なリミックスを2ヴァージョン収録。

10

MIMP:GIMP

MIMP:GIMP CALYPSO ALIEN / FULL FRONTAL ROBOTOMY CREATIVE USE / UK / 2011/3/24 »COMMENT GET MUSIC
間もなくリリースされるという<CREATIVE USE>コンピレーション・アルバムからの先行カットとなる本作。程よいミッドグルーヴのリムショット・ブレイク上でのスティールパンのメランコリックな 響きについつい和まされる絶品メロウ・エディット"CALYPSO ALIEN"!元ネタ不明ながらこの塩梅な仕上がりは最高スギ。そしてC/Wにはオールドスクールなエレクトロ・ファンク・エディットを収録でこちらもフ ロア・ライクな仕上がりで◎