ele-king Powerd by DOMMUNE

MOST READ

  1. interview with Floating Points ストリングスと怒りと希望のテクノ (interviews)
  2. Columns Stereolab ステレオラブはなぜ偉大だったのか (columns)
  3. KASSAV’ ──ワールド・ミュージックの大物、カッサヴが31年ぶりの奇跡の来日 (news)
  4. 大崎剛 ──食品まつり a.k.a foodman がレーベルをローンチ、第1弾リリースは名古屋のシンガーソングライター (news)
  5. DJ Python - Derretirse (review)
  6. Ana Roxanne - ~​~​~ (review)
  7. interview with Dego 何もかもがトゥー・マッチ (interviews)
  8. 象は静かに座っている - (review)
  9. 10月25日@WWW X、LOW JACKのカセットテープ発売 (news)
  10. Gr◯un土 - (review)
  11. interview with Yukio Edano つまり……下からの政治とはいったい何なのか (interviews)
  12. まるで現実から自分だけが取り残されていくような感覚 ──Noahの新作が〈FLAU〉よりリリース (news)
  13. Laura Cannell - The Sky Untuned / Laura Cannell, Polly Wright - Sing As The Crow Flies (review)
  14. interview with ZORN 労働者階級のアンチ・ヒーロー (interviews)
  15. Telefon Tel Aviv - Dreams Are Not Enough (review)
  16. Lee "Scratch" Perry × Brian Eno × Adrian Sherwood ──レジェンドたちによるコラボ曲が公開、11月にはリー・ペリーのダブ盤が登場、エイドリアン・シャーウッド来日公演も (news)
  17. Politics 消費税廃止は本当に可能なのか? (3) (columns)
  18. BS0 ──UKの最高に格好いいリズムを浴びよう……サム・ビンガとライダー・シャフィークが来日 (news)
  19. Throbbing Gristle - Greatest Hits - Entertainment Through Pain (review)
  20. interview with Floating Points 物静かな熱意とジャズと (interviews)

Home >  SHOP Chart >  JAPONICA music store&cafe bar > Chart by JAPONICA 2011.05.02

May 02,2011 UP

JAPONICA music store&cafe bar

このエントリーをはてなブックマークに追加

〒604-0925 京都市中京区寺町通御池上ル上本能寺前町476 アシストビルB1
PHONE : 075-211-8580 FAX: 075-211-8530
OPEN : 12:00~21:00 (music store) / 11:30~23:30 (cafe & bar)

JAPONICA 全般についてのお問い合わせ先
電話受付時間 : 店鋪営業時間内
電話番号: 075-211-8580
ファクス番号: 075-211-8530
E-mail : info@japonica-music.com

2006年4月にオープン、2009年4月にリニューアル。ハウス、テクノ、ヒップホップ、ブレイクビーツといったダンスミュージックを中心に、 ジャズ、ソウル、レゲエ、ダブ、アフロなどを独自のセレクトで幅広く展開。リニューアル以降、自社レーベルにも力を入れていて、所属アーティストらによる 作品をはじめ、独自のネットワークによるココでしか手に入らないような作品も多数取扱い中。
併設のカフェ・バーで食事やお酒を楽しみながら試聴が出来るほか、毎週のように京都のおすすめDJやミュージシャンによるパーティーも開催。海外アーティ スト、DJを招聘することもアリ。単なるレコ屋を超えた次世代ミュージック・スポットを目論みつつ京都、寺町御池にて奮闘中!

http://www.japonica-music.com

Shop Chart


1

V.A.

V.A. GO BANG ELECTRIC MINDS / UK / 2011/4/24 »COMMENT GET MUSIC
ARTHUR RUSSELL率いるバンドDINOSAUR Lによる名曲"GO BANG"のRADIO SLAVEリミックスは原曲のカオスティック/サイケ・フュージョンなあの雰囲気を余すことなく封じ込めタイトなディスコ~四つ打ちグルーヴで纏め上げた 快作!ピッチを細工したヴォーカル・フレーズもこれはこれでピタリとハマってます。すごい!

2

STEVE REICH / KIRA NERIS

STEVE REICH / KIRA NERIS VAKULA REMIXES UNKNOWN [UK] / 2011/4/24 »COMMENT GET MUSIC
ミニマル・ミュージックの代表的作曲家、御大STEVE REICHによる直近アルバムに収録の独特すぎる"間"が印象的なエクスペリメンタル・ナンバー"2X5"をエレガントなハウス・グルーヴでリミックス! オリジナル・ヴァージョンの雰囲気を存分に落とし込んだフレーズの"ずれ"を存分に活かしたダンス・ミュージックの枠組を超越しうる傑作ワークス です!

3

MARC MAC PRESENTS VISIONEERS

MARC MAC PRESENTS VISIONEERS APACHE / SHAFT IN AFRICA (ADDIS) BBE [UK] / 2011/4/23 »COMMENT GET MUSIC
NAS"WORLD IS YOURS"、PHARCYDE"RUNNIN'"等ヒップホップ・クラシック中心としたジャズ・リメイクが多方面で話題となったMARC MAC(4 HERO)によるリメイク/カヴァー・プロジェクト=VISIONEERS、待望の新作は"APACHE"と"SHAFT IN AFRICA"というこれまたヒップホップの中枢的大ネタを大胆リメイク!もう多くを説明するまでもないですね。ベタですが、逆にこういうのって賞味期限 無でずっと使えます。限定盤。

4

P. ELADAN

P. ELADAN MONOCHORDIUM MUTING THE NOISE / GER / 2011/4/26 »COMMENT GET MUSIC
レーベル・サイトのみでしか入手不可であった<MUTING THE NOISE>限定盤が流通開始!こちら第1弾は詳細不明のP.ELADANなる人物による制作年代すら不詳という超オブスキュア・トラックの発掘(新録音 源??)。ガムラン調の鳴り物を下地に、微小なダブワイズと共に様々なSEを絡ませ緩急つけつつも延々とBPM110前後のプリミティヴな生ドラ ム・グルーヴが紡がれるドープネス・カルト・トラック。

5

RHYTHM OF ELEMENTS

RHYTHM OF ELEMENTS BEYOND REMIXES EP R2 / UK / 2011/4/23 »COMMENT GET MUSIC
DJ UCHIKAWAとピアニスト=MAKOTO KURIYAによる邦人ディープハウス・ユニットRHYTHM OF ELEMENTS、名門<R2>より来るリミックス・アルバムからの先行カットEP。ニュー・ジャズ~ハウス・シーンきっての引っ張りだこクリエイター AT JAZZ、大御所ALTON MILLERと期待通りのリミックス・ワークを披露する良質安心の名前が並びますが、個人的には本盤でも一際異彩を放つDJ Dによるレゲエ・エッセンスを注入したダブ・リミックスが断トツ!

6

CMT

CMT ZONAZONA SBM / JPN / 2011/4/26 »COMMENT GET MUSIC
同時入荷の再発「SOLEADO」続編的内容のCMTの豊潤な音楽感が垣間見れるチルアウト・サイドを詰め込んだファンタスティック&マージナ ル・ミックス!アフリカ、南米、カリブ、中近東と世界を彷徨するかのように繋がれていくサイケ・ミュージックの数々・・ミニマルでずっぷりハメる CMTも最高ですが、音楽性豊かなこんなCMTも最高です!内容をモロ反映したQOTAROO氏(POWWOW/COSMIC LAB)によるジャケット・アートワークも素晴らしい~!

7

AZYMUTH

AZYMUTH AURORA FAR OUT / UK / 2011/4/24 »COMMENT GET MUSIC
AZYMUTHの活動35周年を記念するニュー・アルバム「AURORA」が遂にリリース!昔ながらのファンも十二分に納得のかつての70年代 フュージョン・スタイルを踏襲しつつもモダンに洗練されたグルーヴで現在進行形のブラジリアン・フュージョン/ジャズ・ファンク/ブギーと多様に 広がる AZYMUTHサウンドを、その確固たるキャリアが物語る燻し銀アンサンブルにより奏で上げたサウダージ感溢れる極上の全8曲。

8

KUNIYUKI

KUNIYUKI BAMBOO CITY MULE MUSIQ / JPN / 2011/4/24 »COMMENT GET MUSIC
洗練のモダン・ハウス・グルーヴにガムラン音楽の要素をふんだんに取り込んだアルバム中でも一際異彩を放っていたディープ・エキゾ・ミニマ ル"BAMBOO CITY"に、C/Wには同じく新曲"COME WITH US"の音数をタイトに削ぎ落とした上で打楽器音をほんのりダブワイズさせたニュー・ヴァージョンを収録!本盤も当たり前に世界基準です。大推薦!

9

JED & LUCIA

JED & LUCIA HELIUM EP UBIQUITY / US / 2011/4/16 »COMMENT GET MUSIC
A面では、ゆるやかなダウンテンポ・トラックに郷愁感漂うピアノと幻想的雰囲気を増長させるスペイシー・シンセがキメ細やかに交錯する新 曲"HELIUM"をUKのクリエイター・ユニットLETHERETTEが潔いヒップホップ・ビーツを叩き込み洗練のブレイクビーツ・トラックへ とリミックス!そしてB面には「SUPER HUMAN HEART」収録曲を現行エレクトロニカ/ビート・エッセンスをふんだんに盛り込みダウンテンポ・トラックへとセルフ・リミックス!

10

BLUNDETTO

BLUNDETTO BAD BAD VERSIONS HEAVENLY SWEETNESS / FRA / 2011/4/17 »COMMENT GET MUSIC
先行リリースの"NAUTILUS"カヴァーを筆頭にレゲエ/ダブをベースとした柔軟なクオリティ・トラックの数々で大好評完売に至った2010 年リリースの傑作ファースト・アルバム「BAD BAD THINGS」の前々から話題となっていたリミックス・アルバム、無事入手しました!オリジナル・アルバムのエッセンスを残したまま世界各地の BLUNDETTOお気に入りのアーティスト達がお得意のフォーマットにてリコンストラクト!ナンバリング入り、全世界250枚限定プレス。