ele-king Powerd by DOMMUNE

MOST READ

  1. Columns 断片化された生活のための音楽 ——UKインディーズ考 (columns)
  2. Ehiorobo - Joltjacket (review)
  3. King Krule - You Heat Me Up, You Cool Me Down (review)
  4. Richard Dawson & Circle - Henki (review)
  5. dj honda × ill-bosstino - KINGS CROSS (review)
  6. interview wuth Geoff Travis and Jeannette Lee 〈ラフ・トレード〉が語る、UKインディ・ロックの現在 (interviews)
  7. Makaya McCraven - Deciphering The Message (review)
  8. Luke Wyatt & Dani Aphrodite ──ファッション・ブランドの〈C.E〉が2022年春夏コレクションに先駆けヴィデオを公開 (news)
  9. 年明けのダンス・ミュージック5枚 - (review)
  10. Billy Wooten ──70年代ジャズ・ファンクの至宝、ビリー・ウッテンのTシャツ&7インチ・セットが発売 (news)
  11. どんぐりず ──マッチョなシーンに風穴を開ける!? エレキング注目のラップ・ユニットが東京と大阪でライヴ (news)
  12. Parris - Soaked In Indigo Moonlight (review)
  13. History of Fishmans ——久しぶりのフィッシュマンズのライヴ情報 (news)
  14. パフォーマンス:クリスチャン・マークレーを翻訳する - @東京都現代美術館 (review)
  15. There are many many alternatives. 道なら腐るほどある 第3回 映画『金子文子と朴烈』が描かなかったこと (columns)
  16. DJ NOBU ——1月の毎週金曜日は渋谷のContactが熱い (news)
  17. Maika Loubté - Lucid Dreaming (review)
  18. Norhern Soul ──『ノーザン・ソウル』、この最高な映画を見たらスリムのデニムを履けなくなる (news)
  19. クリスチャン・マークレー - トランスレーティング[翻訳する] (review)
  20. Blood Orange - Freetown Sound (review)

Home >  SHOP Chart >  ディスクユニオン渋谷CLUB MUSIC SHOP > Chart by UNION 2010.10.23

Oct 25,2010 UP

ディスクユニオン渋谷CLUB MUSIC SHOP

Shop Chart


1

VARIOUS ARTISTS

VARIOUS ARTISTS International Feel INTERNATIONAL FEEL / JPN »COMMENT GET MUSIC
DJ Harveyの新プロジェクトLocussolus、Quiet Villageの別名義となるMaxxi & Zeus、Rub N Tug/Map Of AfricaのメンバーThomas BullockによるWelcome Stranger名義での参加など、強烈な個性を放つラインナップを見てもわかるとおり、リリース当初から常にDJやショップの話題の的となってきたレーベルInternational Feel。直感的に一瞬で心を奪われるような音はアンダーグラウンドなダンスミュージック本来の魅力そのものであり、それは彼らの一途な想いに他ならない。どのレーベルにも存在しないダンスミュージック、またバレアリック~チルアウトといった音を放ち、彼らのこだわりを貫きひとつに結晶させたプレミアムなサウンドが、いま扉を開ける。

2

TOBIAS

TOBIAS Street Knowledge SK / GER »COMMENT GET MUSIC
超強力盤! VILLALOBOSリミックス!! NSIとしても知られるTOBIAS.が06年にLOGOSTICからリリースした傑作がVILLALOBOSのリミックスを収録し再発! 脳みそを揺さぶるアシッディーなドープ・ミニマルであるオリジナル、微細なウワモノの連鎖でハメるマイクロスコピックなVILLALOBOSリミックス共に驚異的! マストです!

3

CALM

CALM Save The Vinyl - EP 1 MUSIC CONCEPTION / JPN »COMMENT GET MUSIC
メタモルフォーゼのコンピレーションにも先行収録され話題を集めたアルバムのハイライトと言える壮大なバレアリックトラック「Earth Song」、美しいピアノのダウンテンポチューン「Fade to White」、極上のアンビエントトラック「River is Deep」を収録!

4

PULSHAR

PULSHAR Inside DESOLAT / GER »COMMENT GET MUSIC
今やCADENZA、PERLON、COCOONなどと並ぶヨーロッパテクノシーンのトップレーベルへと躍進を遂げた、LOCO DICE & MARTIN BUTTRICH主宰レーベル・DESOLATが、自信を持って送り出す新たな才能・PULSHARのセカンド・アルバム!本作「INSIDE」は彼らにとって約2年ぶりとなるセカンド・アルバム。RHYTHM & SOUNDをチルアウトさせたようなM-2"The Price You Pay"、ヘビーなベースラインと透明感溢れるメロディアスなシンセのレイヤーが極上のトリップへと誘ってくれるM-4"Da Creator"、ブリストル勢のようなメランコリアを感じさせるM-10"Distant Fire"など、一曲毎のクオリティーは粒揃い! 気が付くと最初から最後まで聞き通してしまう中毒性の高い1枚!

5

OMAR S

OMAR S These Complimentary Track's FXHE RECORDS / US »COMMENT GET MUSIC
アシッドのディープな響きにクラップが炸裂するトラックや、Omar Sにしては珍しくメロウなディスコにシフトしたPhyllis Hyman ? Under Your Spell使いのアンダーグラウンドハウス、アタックの強さがOmar Sらしい個性を放つディープテクノなど4曲を収録したEP!

6

ROY DAVIS JR./OMARS FEAT.DJ B-LEN-D

ROY DAVIS JR./OMARS FEAT.DJ B-LEN-D All I Do/Da-Teys FXHE RECORDS / US »COMMENT GET MUSIC
1996年に今は無きFORCE INC USからリリースされた、シカゴのベテランハウサーRoy Davis Jr.プロデュースのトラックがOmar Sによって再発!Stevie Wonderの「All I Do」モロ使いのフレーズをループさせたグルーヴィーなハウスチューン。そしてSide BにはOmar SとDJ B-Len-Dによるコラボレート作を収録。DJ Blendは80年代中頃、Carl CraigがDerrick Mayに紹介をした有能なデトロイトのパーカショニストという逸話を持つベテラン。Omar Sによるディープなコードが魅力のハウストラックに、泡が弾けるかのような深い音色のパーカッションを馴染ませた、心地よい鳴りが魅力の1曲。

7

MARC HOULE

MARC HOULE Drift »COMMENT GET MUSIC
PLASTIKMANのベストアルバム「KOMPILATION」も反響を呼ぶ中、MINUSが次に仕掛けるのはRICHIE HAWTINと同じくカナダでその音楽的キャリアを育んだプロデューサー・MARC HOULEのNEWアルバム。本作「DRIFT」は、現在彼が住むベルリンの"冷たく暗い灰色の冬"をイメージして作られた作品。通常のMINUS作品とは趣を異にした、サウンドトラックのように風景が浮かぶイマジネイティブなサウンドが収められた全8曲の秀作です。

8

TRAVERSABLE WORMHOLE

TRAVERSABLE WORMHOLE Vol.1-5 CLR / JPN »COMMENT GET MUSIC
ポストSLEEPARCHIVE! NYのベテラン・プロデューサー・ADAM Xによるプロジェクト・TRAVERSABLE WORMHOLEのデビュー・アルバム。2009年春、ホワイト盤にスタンプという素っ気ない(しかしアンダーグラウンド・シーンではおなじみの)体裁で発表された12"が一部のDJから絶賛され、その謎めいた素性と共に多くのテクノファンを虜にしてしまったTRAVERSABLE WORMHOLE。その実体は90年代前半から活躍するNYの古参プロデューサー・ADAM Xによるプロジェクトで、彼の出自であるハードテクノを現代的なミニマルとミクスチャーしたソリッドなサウンドを矢継ぎ早にリリースし、ベルリンシーンの象徴・MARCEL DETTMANNや近年復活を遂げたSURGEONなどと共に新たな旋風を巻き起こしている

9

MISTANOMISTA

MISTANOMISTA Detroit Session BLACK SUNSHINE / RUS »COMMENT GET MUSIC
『ECLIPSE MUSIC』のサブ・レーベルと噂される、新鋭レーベル『BLACK SUNSHINE』の1番! このレーベルは今後チェックが必要! まずはタイトルからして"Detroit Session "。INVERSE CINEMATICの"Detroit Jazzin' "然り。。。DETROITのつくタイトルだけで間違いナシ! ロシアの新人YURI SHULGINによるユニットMISTANOMISTAの作品!

10

MIKE HUCKABY

MIKE HUCKABY From The Mind Of Synth SYNTH / US »COMMENT GET MUSIC
1995年、Daniel BellとRick Wadeの両ベテランがデトロイトを拠点に立ち上げたレーベルHermonie Parkから2枚のシングルをリリース、その後ディープハウス寄りのDeep Transportation、テクノ~ディープ・ミニマルに特化したS Y N T Hの2つのレーベルを自身で立ち上げる一方、Juan Atkins aka Model 500、Pole、Deepchord、Lo Soul、Loco Dice、Blake Baxterといったトップアーチストのリミキサーにも起用されるベテランMike Huckaby(マイク・ハッカビー)。渋谷CLUB MUSIC SHOPリニューアルオープン記念でリリースされたディープハウスセットに続き、今回は11/13(土)にオープンする下北沢クラブミュージックショップを記念してのテクノセット!機材やマスタリングにこだわる彼らしい音の配置はS Y N T Hで見せる音そのもので、暗黒の中を一つの光りが差し込むような深みとコントラストを引き出した絶妙な展開!ミックスの最後には今回もクリエイター用のサンプル音源が2種ボーナス収録。デトロイトで若手アーチストを育成している彼らしいスタンスも嬉しいところ。限定盤です。