ele-king Powerd by DOMMUNE

MOST READ

  1. Nwando Ebizie - The Swan (review)
  2. Natalie Beridze - Of Which One Knows (review)
  3. Associates - Sulk(40th Anniversary Edition) (review)
  4. Takuma Watanabe ——渡邊琢磨『ラストアフタヌーン』@ 河口湖円形ホール (news)
  5. THE PIANO ERA 2022 ——テリー・ライリーや高木正勝も出演、ピアノ音楽をテーマにした2日間のフェスティヴァル (news)
  6. Cornelius - 2022.7.30@Fuji Rock Festival (review)
  7. interview with Hudson Mohawke 待っていたよ、ハドソン・モホーク (interviews)
  8. Nick Cave & Warren Ellis ——ニック・ケイヴ&ウォーレン・エリスが音楽を手がける自然ドキュメンタリー映画上映 (news)
  9. Kangding Ray - ULTRACHROMA (review)
  10. ニュー・ダッド──あたらしい時代のあたらしいおっさん - 木津毅 (review)
  11. Tonalism ──LA発のアンビエント・イベントがPARCOで開催 (news)
  12. GemValleyMusiQ - Abu Wronq Wronq (review)
  13. Jeff Mills ──ジェフ・ミルズの来日公演が決定 (news)
  14. Ryoji Ikeda ──池田亮司が約10年ぶりのオリジナル・アルバムをリリース、渋谷WWW Xにて最新ライヴも (news)
  15. black midi - Hellfire (review)
  16. Whitearmor - In the Abyss: Music for Weddings (review)
  17. Columns 山本アキヲの思い出 (columns)
  18. Alva Noto & Ryuichi Sakamoto - Glass (review)
  19. Pine Barons ——フィラデルフィアのインディ・バンドが、フィッシュマンズのカヴァー・アルバムをリリース (news)
  20. interview with HASE-T 人生が変わるような音楽 (interviews)

Home >  Columns > Flashback 2009- ヒップホップ

Columns

Flashback 2009

Flashback 2009

ヒップホップ

Hip Hop

文:二木 信 Jan 12,2010 UP

 アメリカでは、ドレイク、キッド・カディ、ワーレイはギャングスタ・ラップを更新する新たな時代のスター(3人は、昨年、米『GQ』誌の「Gangsta Killers」という記事でフィーチャーされた)としても注目を集めている。鎮座DOPENESS、PSG、S.L.A.C.K.(PSGのメンバー。ラッパー/トラックメイカー)の登場はその動向との奇妙なシンクロニシティがあって、00年代、この国のアンダーグラウンドで市民権を得た、上昇志向をキーワードとする所謂ハスリング・ラップ/ハードコア・ラップとは別の流れを今後生み出す契機に間違いなくなるだろう。昨年末、鎮座DOPENESSが、MSCの所属するレーベル〈Libra〉が主催するフリースタイル・バトルの全国大会〈UMB〉で優勝したのもその予兆と言えるかもしれない。

鎮座DOPENESS

 マクロに視れば、今の日本(あるいは諸外国)はアメリカの金融危機の余波による不況といった景気循環のひとつの局面ではなく、資本主義というシステムが再考されるべきレヴェルに達していると言う学者もいるぐらいで、事実、自分たちのライフスタイルを根本的に変えないと生き残れない時代に突入しているとの実感をヒシヒシ肌で感じている。実際、昨年末、アメリカで黒人若年層の失業率が34.5%に達したというニュースが報じられた。日本はまだそこまで絶望的な状況ではないけれど、頭ではわかっていても、いつまでも右肩上がり幻想が体から抜けない人はこれから生き残るのは難しいだろう。元々のこの国のありように何の期待もしていなかった(社会に無関心というわけではない)僕は逆に気楽な気持ちでいる。むしろ期待に満ちている。鎮座DOPENESS、PSG、S.L.A.C.K.の低空飛行は、そんな気分にしっくりくるものがある。彼らへの期待も高まるというものだ。

 PSGのデビュー・アルバム『DAVID』と、弱冠22歳のS.L.A.C.K.のセカンド・アルバム『WHALABOUT』は、本当にわくわくしながら聴いた。S.L.A.C.K. の甘いソウルの感性やトリッキーなビートは、スラム・ヴィレッジやマッドリブを彷彿とさせるが、団塊の世代や大人に毒づく"ANOTHER LONELY DAY"のドキッとするような物言いはパンキッシュですらある。これは僕の今年の1曲だ。まったく末恐ろしい若者が登場したものだ。『David』に破壊力のあるミキシングやマスタリングが施されればもっと良かったと言う人の意見には賛同するけど、とはいえ彼らのユニークなアイディアやSF的発想力には目を見張るものがある。また、ヒップホップ、ハードコア、レゲエが衝突するCIA ZOOのラッパー/トラックメイカー、TONOのファースト・ソロ『TONO SAPIENS』の、カッコ良い! という言葉が思わず口からついて出てくるような疾走感には痺れた。スピードという点においては、トゥー・フィンガーズと同じぐらいの速さがあっただろう。彼ら新世代のアクトは、前時代的な所謂海外コンプレックスを独自のやり方で克服しようとしているように見える。そんな彼らの試みはまだ過程にあるものの、邦楽や日本文化への偏重から来る閉塞とは明らかに別の次元で鳴っている。

1234

Profile

二木 信二木 信/Shin Futatsugi
1981年生まれ。音楽ライター。共編著に『素人の乱』、共著に『ゼロ年代の音楽』(共に河出書房新社)など。2013年、ゼロ年代以降の日本のヒップホップ/ラップをドキュメントした単行本『しくじるなよ、ルーディ』を刊行。漢 a.k.a. GAMI著『ヒップホップ・ドリーム』(河出書房新社/2015年)の企画・構成を担当。

COLUMNS