ele-king Powerd by DOMMUNE

MOST READ

  1. Isayahh Wuddha - urban brew (review)
  2. Devils Of Moko - One (review)
  3. DJ HOLIDAY aka 今里 ──最高にクールな初期レゲエのミックスCDをリリース (news)
  4. interview with Trickfinger (John Frusciante) ジョン・フルシアンテ、テクノを語りまくる (interviews)
  5. Piezo - Perdu (review)
  6. Chari Chari - We hear the last decades dreaming (review)
  7. Arca - KiCk i (review)
  8. Jun Togawa──戸川純がまさかのユーチューバーになった! (news)
  9. Columns Yves Tumor いま話題のアーティスト、イヴ・トゥモアとは何者か? (columns)
  10. DJ HOLIDAY ──SFPの今里が送るラヴァーズ・ロックやレゲエやダブの数々 (news)
  11. Hiroshi Yoshimura ──入手困難だった吉村弘の1986年作『Green』がリイシュー (news)
  12. 校了しました ──『別冊ele-king ブラック・パワーに捧ぐ』&『ゲーム音楽ディスクガイド2』 (news)
  13. ISSUGI ──最新作『GEMZ』より新たなMVが公開 (news)
  14. 今里(SFP) (chart)
  15. Dominic J Marshall - Nomad’s Land (review)
  16. interview with AbuQadim Haqq 語り継がれるドレクシア物語 (interviews)
  17. STONE ISLAND ──人気のイタリア・ブランド〈ストーンアイランド〉が音楽シーンに参入 (news)
  18. Oscar Jerome ──オスカー・ジェローム、UKジャズ・シーン気鋭のギタリストがデビュー・アルバムを完成 (news)
  19. The Beneficiaries - The Crystal City Is Alive (review)
  20. Julianna Barwick - Healing Is A Miracle (review)

Home >  News > 5月3日、フィッシュマンスがネット中継される! -

5月3日、フィッシュマンスがネット中継される!

5月3日、フィッシュマンスがネット中継される!

May 01,2011 UP

 5月3日、日比谷野外音楽堂で行われるフィッシュマンズのライヴ「A Piece of Future」がUstreamで中継されます。さらに有志によって中継ポイントを全国各地に設置し、それぞれの会場でもライヴ中継を行う「ソーシャルヴューイング」の呼びかけを現在、行っています。詳しくは http://www.fishmansplus.com/を参照。

以下、公式サイトより

1987年の結成時から現在に至るまで、今だ色褪せないバンド「フィッシュマンズ」。 デビュー20周年、そしてボーカル佐藤伸治の13回忌を迎える今年、フィッシュマンズにとって思い出深い場所である「日比谷野外音楽堂」のライブチケットは、3000枚が一瞬で ソールドアウト。さらに去る3月28日に突然行なわれたドミューン(http://dommune.com)でのUstreamライブでは、わずか一晩で 9万人を魅了し、ソーシャルメディア上での大きな話題となりました。 そこで、メンバーによる「このライブを多くの人に解放したい」との想いと、今回の東日本大震災による復興支援への想いにより、無料のネット中継の実現に加えて、さらに全国各地の有志による「ソーシャルヴューイング」の呼びかけを行なうことになりました。

「ソーシャルヴューイング」とは、ネット中継サービスのUstreamやツイッターを中心とした「ソーシャルメディア」を利用して、まるでひとつの場所に集まったような気持ちでライブ体験を共有しようとする、オーディエンス参加型の新しい試みです。具体的には、全国の有志を募り、それぞれの有志がそれぞれの会場の主催者となって、各会場でUstreamによるライブ中継をスクリーンやモニターに上映し、たくさんの人たちで視聴する場を用意することを指します。 今回のUstream中継は、東日本大震災のチャリティー企画として開催します。各会場の主催者はボランティアとして参加していただき、各会場も 入場無料が前提となります。

この企画はFISHMANS+によるもので、フィッシュマンズの多くのミュージックビデオを手がけ、ライヴ&ドキュメンタリー映画"THE LONG SEASON REVUE"の監督でもある川 村ケンスケが当日のライブ中継の映像演出を担当します。リハーサル風景やライブ当日の設営風景やメンバー出演による楽屋風景も中継する予定です。今回のライブ・タイトルは "A Piece Of Future" 。「未来のかけら」と題された先にあるものは何なのでしょう。フィッシュマンズとソーシャルメディアの組み合わせを意外と感じる人もいるかも知れません。

フィッシュマンズが輝きを放ったあの頃から幾時を経て、徐々にあらゆるものが停滞し、そしてこの3月11日、日本中を大きな悲しみが襲いました。

今回の生中継とソーシャルヴューイングは、そんな今の日本の中を通り抜ける、一筋の風でありたいと願っています。 音楽が持つ力をもう一度感じ、ここからフィッシュマンズとあなたの、新しい未来がはじまっていくと信じて。

新しい気持ちになれること。 例えば、5月3日に日比谷に来れなくとも、好きな場所で寝転んで、夕暮れを眺めながら、ネット経由で参加してください。 カフェやレストラン、ライブハウスで、ボリュームをひとつ大きめにして聴いて欲しい。あるいは家で、台所で、その場所の空気と匂いを感じな がら、みんなで感じること。

そういう実験も、FISHMANS+(フィッシュマンズ・プラス)の活動の一部であり、この日に参加する人たちすべてが 、新しいFISHMANS+のメンバーなのです。メンバーだと思う人は、ツイーターで#FMS0503 のハッシュタグをつけて、このプロジェクトへの参加を宣言してください。

http://www.fishmansplus.com/

RELATED

NEWS