ele-king Powerd by DOMMUNE

MOST READ

  1. Jeff Parker & The New Breed - Suite For Max Brown (review)
  2. Jaga Jazzist ──ジャガ・ジャジストがなんと〈Brainfeeder〉に電撃移籍! 新作をリリース (news)
  3. フリー・インプロヴィゼーション聴取の手引き - ジョン・コルベット(著) 工藤遥(訳) (review)
  4. Salac - Sacred Movements (review)
  5. Trinitron ──いまだからこそ新鮮な響きを放つ、高円寺のポストパンク~シンセポップ・バンドの限定CD-Rが〈Call And Response〉より発売中 (news)
  6. Columns 当世ハウス事情 ──2010年代も終わりを迎えた現在、ハウスのシーンはどうなっているのか? (columns)
  7. Pray for Nujabes ──没後10年を迎えたヌジャベス、トリビュート映像作品が公開中 (news)
  8. R.I.P.飯島直樹 (news)
  9. Dirty Projectors ──ダーティ・プロジェクターズが新曲をリリース (news)
  10. 下北沢Disc Shop Zeroが“さよなら”オープン! (news)
  11. There are many many alternatives. 道なら腐るほどある 第10回 ビジホで混ぜる「1のこな」──映画『パラサイト』と家父長制 (columns)
  12. Arca ──アルカがニュー・シングルをリリース……って62分も!? (news)
  13. Squarepusher ──スクエアプッシャーが新曲 “Terminal Slam” のMVを公開 (news)
  14. Robert Haigh - Black Sarabande (review)
  15. R.I.P. Andrew Weatherall (news)
  16. Ulla - Tumbling Towards A Wall (review)
  17. interview with OTO オト──Jagatara2020の新曲の背景を語る (interviews)
  18. Thundercat ──サンダーキャットがニュー・アルバムをリリース (news)
  19. Against All Logic - 2012-2017 (review)
  20. Darkstar ──ダークスターが新曲をリリース (news)

Home >  News > ジョン・フルシアンテは昨日のアーティストではない - ――9月12日発売の新作は、電子音楽を大胆に取り入れた問題作!

ジョン・フルシアンテは昨日のアーティストではない

ジョン・フルシアンテは昨日のアーティストではない

――9月12日発売の新作は、電子音楽を大胆に取り入れた問題作!

Amazon

Aug 08,2012 UP

 ジョン・フルシアンテは昨日のアーティストではない。先日リリースされた5曲入りEP『レター・レファー』は、多くのファンを驚かせたはずである。しかしもしこの作品が往年のファンの手にしかわたっていないのならば、非常に残念な事態だ。フルシアンテはその外に出るためにあれほどの名声を浴びるバンド、レッド・ホット・チリ・ペッパーズを脱け、彼にただマイ・ギター・ヒーローたることを望む人々を振り切ったのだから......! 

 そこからはシンセが聴こえ、ドラムンベースが聴こえ、ラップがきこえてくる。ウータン・クラン率いるRZAをはじめとして、ほぼ全編をラップに縁どられながら、ボーズ・オブ・カナダなどを思わせるリリカルなエレクトロニカが彼の詩情を延長していき、やがてギターに接続される瞬間は、彼がただ異種配合によって新しいキャリアを構築しようとしたのではなく、自分なりに追いかけてきた音楽性の蓄積をきちんと表出しようとしていることがうかがわれる。
 
 そもそも前作『ザ・エンピリアン』の時期に、すでに彼はアシッド・ハウスやエレクトロニック・ミュージックにしか興味がないという旨の発言をしていたようだ。ブレイクコアの雄、あのヴェネチアン・スネアーズやクリス・マクドナルドとも新たなプロジェクトを立ち上げている。今作までには、デュラン・デュランやウィーヴ、ザ・ライクのメンバーも参加するLAのトライバルなアート・サイケ・プロジェクト、スワヒリ・ブロンドでギターを弾いたり、ガレージ・パンクではなくあくまで王道なロック・フォーマットのなかに繊細で物憂げな叙情や知性をひらめかせる女子バンド、ウォーペイントの作品を再アレンジしたりと、つねにチャンネルを現在のリアルなシーンに合わせてきた。

 さて9月12日にはアルバム本編である『PBXファニキュラー・インタグリオ・ゾーン』がリリースされ、そうしたフルシアンテの取り組みの全貌が明らかになる。ある意味では自分に求められている役割を裏切って制作したエレクトロニック・ミュージック作品であり、アルバムでこれまでのブルージーなギター・ナンバーが戻ってくることはない。おそるべき挑戦がつまったこの意欲作を楽しみに待とう。

ジョン・フルシアンテ - レター・レファー

ジョン・フルシアンテ - レター・レファー
発売中

Amazon
1. In Your Eyes
2. 909 Day
3. GLOWE
4. FM
5. In My Light

ジョン・フルシアンテ - レター・レファー

ジョン・フルシアンテ -
PBXファニキュラー・インタグリオ・ゾーン
2012.09.12発売
Amazon
1. Intro/Sabam
2. Hear Say
3. Bike
4. Ratiug
5. Guitar
6. Mistakes
7. Uprane
8. Sam
9. Sum
10. Ratiug(acapella version) -bonus track-
11. Walls and Doors -bonus track-

TWEET

ttssggrr40ちょっと古いですが。僕はさっき知ったので。 http://t.co/C0G8IjmYxh@ttssggrr40 05.23 00:27

NEWS