ele-king Powerd by DOMMUNE

MOST READ

  1. New Order ──すでに話題のニュー・オーダー来日情報 (news)
  2. Tunes Of Negation ──音楽にまだ未開の領域はあるのか、シャックルトンの新プロジェクトがすごい! (news)
  3. Laura Cannell - The Sky Untuned / Laura Cannell, Polly Wright - Sing As The Crow Flies (review)
  4. Floating Points ──フローティング・ポインツがDJセット音源を公開 (news)
  5. Solange - When I Get Home (review)
  6. interview with Yutaka Hirose よみがえる1986年の環境音楽 (interviews)
  7. R.I.P. Ras G (news)
  8. Khruangbin - 全てが君に微笑む / Khruangbin - Hasta El Cielo (review)
  9. interview with South Penguin サイケデリック新世代が追い求める「美しさ」とは (interviews)
  10. Random Access N.Y. vol. 118:2019年のNYで金延幸子の『み空』を聴く Sachiko Kanenobu ‘Misora’ listening party at red wing heritage (columns)
  11. Columns いまだ眩い最高の夜 ──ニュー・オーダーのライヴ盤『NOMC15』を聴きながら (columns)
  12. yapoos ──地球最後のニューウェイヴ・バンド、ヤプーズが再始動する (news)
  13. New Order - ∑(No,12k,Lg,17Mif) New Order + Liam Gillick: So It Goes.. (review)
  14. Battles ──バトルスがニュー・アルバムをリリース、新曲を公開 (news)
  15. interview with New Order 我らがニュー・オーダー (interviews)
  16. Félicia Atkinson - The Flower And The Vessel (review)
  17. Moodymann - Sinner (review)
  18. interview with Vityazz インスト・バンドをなくしたい (interviews)
  19. Myele Manzanza ──セオ・パリッシュのバンド・メンバーとしても知られるドラマー、マイエレ・マンザンザが新作をリリース (news)
  20. KODAMA AND THE DUB STATION BAND - @六本木Varit (review)

Home >  News > 新曲や来場者特典も! 蓮沼執太フィル/ジム・オルークとレッドゼツリンを聴きに行こう - ――「LIQUIDROOM 8th ANNIVERSARY 蓮沼執太フィル/ジム・オルークとレッドゼツリン」

新曲や来場者特典も! 蓮沼執太フィル/ジム・オルークとレッドゼツリンを聴きに行こう

新曲や来場者特典も! 蓮沼執太フィル/ジム・オルークとレッドゼツリンを聴きに行こう

――「LIQUIDROOM 8th ANNIVERSARY 蓮沼執太フィル/ジム・オルークとレッドゼツリン」

Sep 06,2012 UP

 「LIQUIDROOM 8th ANNIVERSARY 蓮沼執太フィル/ジム・オルークとレッドゼツリン」のことはご存知だろうか?

 その名のとおりLIQUIDROOMの8周年記念イヴェントの一環で、すでに公演は9月10日(月)に迫っている。しかし見逃すにはあまりにもったいない企画であるため、ご存じなかった方はぜひともチェックされることをおすすめする! また来場者特典として音源の配布が決定した模様。LIQUIDROOM2Fにリニューアルオープンした「KATA」というギャラリーでは蓮沼執太参加の展覧会も行われる。幸いチケットもまだ残っているようだ。

●ジム・オルークとレッドゼツリン

 「石橋英子ともう死んだ人たち」として石橋英子『イミテーション・オブ・ライフ』制作に集い、ジム・オルークのプロデュース下に「プログレ・エピック」を志向したという5人(ジム・オルーク、山本達久、須藤俊明、波多野敦子、石橋英子)が、「レッドゼツリン」として活動中! 今回は新曲も披露されるとのことで、要注目だ。とはいえ毎度メンバーすら何を演奏するのかわからないのだというから、緊張感とゆるさの入り混じるジムならではのステージングを終演まで未知のものとして楽しみたい。

●蓮沼執太フィル

 蓮沼執太、石塚周太、イトケン、大谷能生、葛西敏彦、小林うてな、木下美紗都、権藤知彦、斉藤亮輔、Jimanica、千葉広樹、手島絵里子、K-TA、三浦千明というそれぞれに活動歴やファンを有するアーティストたちが集ったこの楽団は、音楽と呼ぶにとどまらず、ひろくアートの文脈でとらえられるべき活動を行い、国内外から注目を集める存在だ。ジャンルや年齢を問わないやさしい音を、高い演奏技術で支える点にもインパクトがある。今回のトピックは環ROYを加えた点だろう。新しい演奏が展開されることに期待が集まる。

そして本誌(紙ele-king)編集長、松村正人より応援コメントをお届け!

 レッドゼツリンはもちろん、レッド・ツェッペリンの英語読みを文字ったものだが、日本人はゼッペリンとはあまりいわないから、一瞬わからない。それが絶倫のゼツリンたるゆえんだろうか。そしてまた「レッド」が「Led」ではなく「Red」だとすると、すなわちこれは「赤い絶倫」、往年の大映ドラマを彷彿させもする。
 ちなみに、私の古い知り合いにゼンリンの社員がいて、彼はピーター・ハミルの来日公演をすべて観てまわるプログレ野郎だった。ハミルはプログレではないかもしれないが。だからどうしたといわれると困るが。

 蓮沼執太は小から大まで複数の編成を使い分け、そのいずれにもカラフルなおおらかなやわらかな色彩と意匠を施すひとだ。私はしばらく前、娘の見る「おかあさんといっしょ」の「ショキ ショキ チョン」で目をさましていたことがあった。最初は渋谷毅さんの曲かと思ったが、蓮沼さんだった。実験でありながらポップ。というかポップが兼ねる実験性をたゆまず実践するひとなのだから、豪華メンバーで挑む今回のライヴでは全体から細部まで見逃すわけにはいかない。

 いや、この二組をじっくり堪能するまたとない機会なのだから、すべて見逃すわけにはいかない。
(松村正人)

LIQUIDROOM 8th ANNIVERSARY
蓮沼執太フィル/ジム・オルークとレッドゼツリン

2012.09.10 @恵比寿 LIQUIDROOM

OPEN / START
18:30 / 19:30
ADV / DOOR
¥3,000(税込・ドリンクチャージ別) / -
TICKET
チケットぴあ [177-007] ローソンチケット [76120] e+ LIQUIDROOM DISK UNION(新宿本館/渋谷中古センター/下北沢店/吉祥寺店/お茶の水駅前店/立川店/中野店/池袋店/町田店/横浜関内店/横浜西口店),8/1 ON SALE

INFO : LIQUIDROOM 03(5464)0800


蓮沼執太参加のエキシヴィジョン

展覧会名:「 I I I 」(さん)
@KATA(LIQUIDROOM 2F)
2012.09.07(金)~28(金)
12:00-22:00
*土曜日/日曜日/祝日:13:00-22:00
最終日9月28日(金曜日)18:00までとなります。

参加アーティスト: 大原大次郎(グラフィックデザイナー)/Noritake(イラストレーター)/蓮沼執太(音楽家)
入場料金:無料
主催・制作・運営:KATA
協賛:株式会社グラフィック

TWEET

ono_soulDean Blunt & Inga Copeland Black Is Beautiful - ele-king Powerd by DOMMUNE | エレキング http://t.co/mU64MlokCL @___ele_king___から……これいつの記事だろう。@ono_soul 07.18 21:55

exprmsRT @pootee: うける> いっさい喋らないというインガ・コープランドは、最近、アーセナルの女子チームの試験を受けたそうである。 http://t.co/HsXnKHFu@exprms 11.13 12:18

soi58Dean Blunt & Inga Copeland Black Is Beautiful - ele-king Powerd by DOMMUNE | エレキング https://t.co/QUBgQLvI97 @___ele_king___さんから何回読んでもラストで笑う@soi58 05.12 04:31

NEWS