ele-king Powerd by DOMMUNE

MOST READ

  1. Columns 内田裕也さんへ──その功績と悲劇と (columns)
  2. øjeRum - On The Swollen Lips Of The Horizon (review)
  3. MOMENT JOON - Immigration EP (review)
  4. Angel-Ho - Death Becomes Her (review)
  5. 釣心会例会 ──食品まつり a.k.a foodman がシカゴの RP Boo を迎えパーティを開催 (news)
  6. R.I.P. 遠藤ミチロウ (news)
  7. Jamie 3:26 ──80年代シカゴを知るDJ、待望のジャパン・ツアー (news)
  8. Ruby Rushton - Ironside (review)
  9. interview with Ralf Hütter(Kraftwerk) マンマシーンの現在 (interviews)
  10. JUST ZINE 3 Book issue ──アンダーグラウンド・シーンが誇る読書家たちをフィーチャーしたZINEが登場 (news)
  11. 追悼・蜷川幸雄(前編) (news)
  12. WxAxRxP POP-UP STORE ──〈Warp〉30周年を記念したポップアップ・ショップがオープン (news)
  13. interview with Akira Kobuchi Quiet Wave : 史上もっとも静かな革命 (interviews)
  14. Emily A. Sprague ──フロリストのエミリー・スプレーグによるアンビエント作が〈RVNG〉よりリイシュー (news)
  15. Columns なぜスコット・ウォーカーはリスペクトされているのか (columns)
  16. Stereolab ──ステレオラブが10年ぶりに再始動、過去タイトルも順次リイシュー (news)
  17. 魂のゆくえ - (review)
  18. There are many many alternatives. 道なら腐るほどある 第5回 反誕生日会主義 (columns)
  19. Helado Negro - This Is How You Smile (review)
  20. interview with Chihei Hatakeyama 我がドローン道 (interviews)

Home >  News > ハウ・トゥ・ドレス・ウェルの新傾向を検証せよ! - ――ハウ・トゥ・ドレス・ウェル、来日公演が決定

ハウ・トゥ・ドレス・ウェルの新傾向を検証せよ!

ハウ・トゥ・ドレス・ウェルの新傾向を検証せよ!

――ハウ・トゥ・ドレス・ウェル、来日公演が決定

Jan 29,2013 UP

 昨年のマイ・ベストにハウ・トゥ・ドレス・ウェルを挙げた人も多いことだろう。ともにウィッチハウスのイメージを踏むようにつめたくゴーストリーな音像を特徴としながら、セカンド・アルバムにおいてホーリー・アザーと大きく道がわかれたのは印象的だった。ハウ・トゥ・ドレス・ウェルもトロ・イ・モワも、3月にリリースを待つインクなども、こぞって新作はメジャー感あるプロダクションを持ったR&Bへと変貌を遂げている。オート・ヌ・ヴの新譜も同様の傾向を宿しながら来月登場する。チルウェイヴの漂着先としても、この流れは2013年においてますます一般化し、大きくなるだろう。アンダーグラウンドのこのたしかなうねりを、われわれはこの来日公演で感じることができるはずだ。

今、最も注目すべき若き才能トム・クレルによるプロジェクト、ハウ・トゥ・ドレス・ウェルの来日公演が決定!!

2010年にリリースされたデビュー・アルバム「ラブ・リメインズ」がピッチフォークで8.7点を獲得、スピンなどでも海外媒体で大絶賛され一躍音楽シーンの第一線へと躍り出たトム・クレルによるプロジェクト、ハウ・トゥ・ドレス・ウェル。
アークティック・モンキーズやフランツ・フェルディナンドなどを擁する英の名門レーベル、ドミノ・レコード傘下の〈Weird World〉と契約し、15カ月間かけブルックリン、シカゴ、ナッシュビル、ロンドンといった様々な場所でジ・エックス・エックスのプロデューサーとして知られるロディ・マクドナルドと共に制作したセカンド・アルバム『トータル・ロス』を昨年リリース。
よりスケール感が増し、美しくせつなく深淵な世界を構築し、アーティストとしての個性をより一層強めた作品は様々な海外媒体で年間ベスト・アルバムにチャート・インするなど大きな話題となりました。
そんな彼の2011年12月以来となる2度目の来日公演が決定しました!!
Tokyo Indie x Dotlinecircleによるコラボレーションによる行われる本公演。
今、最も注目すべき若き才能による貴重な来日公演は見逃せません!!

■公演詳細
Tokyo Indie x Dotlinecircle presents How To Dress Well Japan Tour 2013
3/13(水)渋谷 O-Nest
Open:18:30 Start:19:30
前売りチケット:4500円(当日:5000円)
1月26日より前売りチケット発売開始!!
※チケットぴあ(Pコード 192-257)、ローソン (Lコード 78413)、イープラス 、渋谷オーネスト店頭にてお求めいただけます。
問い合わせ:渋谷O-Nest:03-3462-4420

■リリース情報
アーティスト:How To Dress Well (ハウ・トゥ・ドレス・ウェル)
タイトル:Total Loss (トータル・ロス)
品番:WEIRD014CDJ (流通品番:HSE-10128)
発売日:絶賛発売中
価格:2,100円(税込)
※初回仕様限定盤はボーナストラック・ダウンロードカード封入(フォーマット:mp3)、歌詞対訳、ライナーノーツ 付


How To Dress Well
Total Loss

Weird World/ホステス

Review Amazon iTunes

【TRACKLIST】
1. When I Was In Trouble
2. Cold Nites
3. Say My Name Or Say Whatever
4. Running Back
5. & It Was U
6. World I Need You, Won't Be Without You (Proem)
7. Struggle
8. How Many?
9. Talking To You
10. Set It Right
11. Ocean Floor For Everything

【初回仕様限定盤ボーナストラック・ダウンロード(フォーマット:mp3)】
1. Set It Right (Acapella)
2. Again (Janet Jackson cover)
3. Blue Crystal Fire (Robbie Basho cover)

■バイオグラフィー
"ハウ・トゥ・ドレス・ウェル"は、NYブルックリンからベルリンに活動を移したばかりのトム・クレルによ るソロ・プロジェクト。R&B、サイケデリック、ドローン・ミュージックを昇華させたドリーミーなサウンドでファンを増殖させている期待の新人。 10年リリースのデビュー作『ラヴ・リメインズ』が早耳系音楽メディアで高評価を獲得。11年12月にはアクティブ・チャイルド共に来日公演を敢行し、好評を博した。

NEWS