ele-king Powerd by DOMMUNE

MOST READ

  1. interview with COM.A パンク・ミーツ・IDM! (interviews)
  2. Kevin Richard Martin - Frequencies for Leaving Earth - Vol​.​1 / Kevin Richard Martin - Frequencies for Leaving Earth - Vol​.​2 / Kevin Richard Martin - Frequencies for Leaving Earth - Vol​.​3 (review)
  3. R.I.P.:エンニオ・モリコーネ (news)
  4. interview with Julianna Barwick 聞きたくない声は、怒りのラップ、怒りのメタル。“グォォォーッ”みたいなやつ (interviews)
  5. interview with Wool & The Pants 東京の底から (interviews)
  6. interview with Trickfinger (John Frusciante) ジョン・フルシアンテ、テクノを語りまくる (interviews)
  7. すずえり - Fata Morgana (review)
  8. Columns 韓国ソウル市はソウル(魂)の街だった! ──ソウルの都市政策と韓国のヒップホップについて (columns)
  9. Cafe OTO ──多くの日本人アーティストも参加。コロナ渦を乗り切るための、ロンドンの〈Cafe OTO〉主宰のレーベル〈TakuRoku〉に注目 (news)
  10. 404 Error File Not Found (interviews)
  11. Moodymann - Take Away (review)
  12. 169 - SYNC (review)
  13. There are many many alternatives. 道なら腐るほどある 第11回 町外れの幽霊たち (columns)
  14. Jun Togawa──戸川純がまさかのユーチューバーになった! (news)
  15. Hiroshi Yoshimura ──入手困難だった吉村弘の1986年作『Green』がリイシュー (news)
  16. Kevin Richard Martin - Sirens (review)
  17. Kenmochi Hidefumi - たぶん沸く〜TOWN WORK〜 (review)
  18. Politics 都知事選直前座談会 「今回の都知事選、どう見ればいいか」 (columns)
  19. ralph ──気鋭の若手ラッパーがファーストEPをリリース、プロデュースは Double Clapperz (news)
  20. Run The Jewels ラン・ザ・ジュエルズは何がすごいのか (interviews)

Home >  News > OCTAVE ONEをはじめ8組。 - ――春の都市型音楽フェス「StarFes.」、出演アーティスト情報第5弾が解禁!

OCTAVE ONEをはじめ8組。

OCTAVE ONEをはじめ8組。

――春の都市型音楽フェス「StarFes.」、出演アーティスト情報第5弾が解禁!

Mar 08,2013 UP

「日本一早い」都市型フェス、StarFes.(スターフェス)の告知動画はご覧になっただろうか? 開催まで2週間を待つばかりとなった本日、第5弾となる出演アーティストが発表となった。ズラリと並んだ面々の名を眺めるにつけ、入場料3,500円というのは破格である。さてさて......?

話題沸騰中の日本一早い夏フェス『StarFes.』
開催まであと2週間!全出演者のラインナップが決定!!

2013年3月23日(土)東扇島東公園特設会場(神奈川県川崎市)で開催する『StarFes.2013』。豪華なラインナップで話題沸騰中の本フェス。これまでに

第1弾出演アーティスト(mouse on the keys、HIFANA、AFRA、rega、Daichi)、
第2弾アーティスト(FRIENDLY FIRES-DJ SET-、JAZZANOVA feat. PAUL RANDOLPH、DJ KENTARO、DE DE MOUSE)、
第3弾アーティスト(THE ORB、電気グルーヴ、Theo Parrish、80KIDZ、[Champagne])、
第4弾アーティスト(スチャダラパー、BACK DROP BOMB、SUGIZO)と、

総勢17組の超強力なラインナップが発表された。ファイナル・アナウンスとなる第5弾出演アーティストは、フェスの盛り上がりに不可欠なダンスアクトが盛りだくさんだ。

まず1組目は、サンフランシスコを拠点に活動するDJ兼プロデューサー、Mark Farina。野外フェスのヘッドライナーを数多く務め、都内の大箱クラブをファンで満杯にする人気アーティスト。『StarFes.2013』ではさらに進化した斬新でディープなハウスを聴かせてくれるだろう。

2組目は、デトロイト・テクノ第二世代の一角、OCTAVE ONE。自身名義「I Believe」を発表後、デリック・メイ主宰のレーベル=Transmatからリミックス盤がリリースされ、世界的ヒットを記録したバーデン兄弟が、本フェスでデトロイト・テクノの神髄を披露してくれる。

3組目は、ニューヨークを拠点に活動するプロデューサー/リミキサー/DJであるSTEPHANE K。ラップトップを用いてグルーヴに満ちたトラックを縦横無尽に繰り出すそのDJセットは、ハウスといったジャンルだけに括ることのできないものだ。オリジナリティ溢れるプレイを是非とも期待したい。

4組目は、ご存知、TOKYO No.1 SOUL SETのDJでありサウンド・プロダクションを担当する川辺ヒロシ。クラブDJとして長いキャリアを誇り、ハウスやテクノのフィールドでオリジナル・センスを駆使したミックスを展開し、多くのファンに支持される巨匠だ。その熟練されたスキルに一層の磨きがかかっていることだろう。

5組目は、世界を舞台に活躍を続ける日本人クリエイター兼DJのKaito aka Hiroshi Watanabe。ドイツの名門レーベル=KOMPAKTに所属する日本人アーティストであり、様々な名義で活動し、世界中からプロップスを得る人気アーティストだ。数々のビッグ・イベントに出演した経験を本フェスで披露してくれるに違いない。

6組目は、いわずと知られたストリートの申し子、DEXPISTOLS。エレクトロ・ダンス・ミュージックを軸に、ヒップホップ、ロック、ハウスを織り交ぜたその音楽感覚で、本フェスの熱気を最高値まで上げてくれることだろう。

7組目は、都内の主要クラブや、HACIENDA OISA FESTIVAL、Rainbow Disco Clubといった話題のフェスティバルなどに出演しているNaoki Serizawa。ダンサブルなニュー・ディスコやディープ・ハウス、ヒップホップなどの要素を取り入れたプレイは必見だ。

8組目は、代官山AIRの看板イベントであるEDENのレジデントDJのひとりとして、Global UndergroundやSeriousなど、世界規模のパーティーとのコラボレーションを成功させたRYO TSUTSUI。ダンス・ミュージックの衝撃的なムーヴメントを作りつつある氏のプレイは観客を熱狂の渦に誘い込むだろう。

『StarFes.』は、「信念や探究心を持ち、それぞれに独自の世界を突き詰めたプロフェッショナルな男達、哲学を持ち、文化を創造してきた多様なアーティスト達が一堂に集結し、オーディエンスの新たな感性やモチベーションを刺激する機会を提供する」というコンセプトのもと、「新旧、国内外、アンダーグラウンドとオーバーグラウンドなど多様性があり、かつ独自の世界観を追求しているなどの共通性を持ったアーティスト」が多数ラインナップ。出演アーティストのタイムテーブルは来週中に発表する予定だが、まずは一足先にステージ割を発表。

メインステージとなる「Star Stage」はその名の通り、国内外のレジェンダリー・スターやニュー・スターがパフォーマンスする“スター”のステージ。こちらにはTHE ORB、JAZZANOVA feat. PAUL RANDOLPH、スチャダラパー、電気グルーヴ、SUGIZO、BACK DROP BOMB、[Champagne]、RYO TSUTSUI(順不同)が登場。

セカンドステージの「Star Floor」は、国内外アンダーグラウンドからクラブシーンを賑わすスターが出演するダンス・ミュージックのステージで、野外でありながらダンスフロアを想起させるネーミングになっている。こちらにはTheo Parrish、Mark Farina、OCTAVE ONE、FRIENDLY FIRES、DE DE MOUSE、Naoki Serizawa、STEPHANE K、Kaito aka Hiroshi Watanabe(順不同)が登場。

サードステージの「Star Jam」は、独自の音楽スタイルを突き詰める多様なアーティストがオーディエンスと共鳴する音楽空間。『StarFes.』ならではのアーティストの魅力を伝えるため“ジャム”という言葉を用いている。ライブ・パフォーマンスを中心としたアーティスト・ラインナップでもあり、ライブ感のある“ジャム”に相応しい、DJ KENTARO、HIFANA、川辺ヒロシ、AFRA、80KIDZ、DEXPISTOLS、mouse on the keys、Daichi、rega(順不同)が登場。

総勢25組の豪華ラインナップと3つのステージでお贈りする『StarFes.2013』は、前売チケットが3,500円と大変リーズナブルなフェスティバル。冬の寒さから解放され、気候も暖かくなってきた3月23日(土)、今年最初の都市型屋外フェスを是非とも楽しんで欲しい。

■StarFes.
開催日時:2013年3月23日(土)
会場:東扇島東公園(神奈川県 川崎市)
出演:ジ・オーブ、電気グルーヴ、80KIDZ、セオ・パリッシュ他
チケット;¥3,500(前売り)発売中
公式サイト:http://star-fes.net


RELATED

NEWS