ele-king Powerd by DOMMUNE

MOST READ

  1. interview with Saito テクノ夫婦 (interviews)
  2. Idris Ackamoor & The Pyramids - Shaman! (review)
  3. Sam Prekop - Comma (review)
  4. Bruce Springsteen ──ブルース・スプリングスティーンが急遽新作をリリース、発売日は大統領選直前 (news)
  5. Shintaro Sakamoto ── 坂本慎太郎が新曲を7インチで2ヶ月連続リリース (news)
  6. Jun Togawa ──戸川純のユーチューブ再開 (news)
  7. interview with Diggs Duke 偽りなきソウルを追い求めて (interviews)
  8. interview with Jessy Lanza ハイブリッドR&Bの輝きと彼女の近況 (interviews)
  9. ZOMBIE-CHANG - TAKE ME AWAY FROM TOKYO (review)
  10. interview with galcid インダストリアル・レディ登場 (interviews)
  11. interview with Trickfinger (John Frusciante) ジョン・フルシアンテ、テクノを語りまくる (interviews)
  12. Cuushe ──クーシェ、5年ぶりのソロ・アルバムが完成 (news)
  13. interview with Yukio Edano つまり……下からの政治とはいったい何なのか (interviews)
  14. RMR - Drug Dealing Is A Lost Art (review)
  15. Special Interest - The Passion Of (review)
  16. interview with Phew いまは本当に、日常を繰り返すこと。それを自分に決めています (interviews)
  17. Opinion 政治で音楽を救う(音楽で政治を救う?) (columns)
  18. Goku Green - Acid & Reefer (review)
  19. Various Artists - Music In Support Of Black Mental Health / Various Artists - Nisf Madeena (review)
  20. New Order ──ニュー・オーダーが突如として新曲を発表、曲名は「反逆者になれ(Be a Rebel)」 (news)

Home >  News > Oneohtrix Point Never - OPNが〈ワープ〉から新作を発表する

Oneohtrix Point Never

Oneohtrix Point Never

OPNが〈ワープ〉から新作を発表する

Jul 25,2013 UP

 『Returnal』の最初の2曲を聴いて欲しい。とくに1曲目の、嵐のようなノイズ──ノイズなどと書くとマニアが好むところのノイズだと思われそうだが、オウテカからマイブラまでを含む広義のノイズだとお考えいただきたい──は圧巻で、メドレーとなっている2曲目の重たいドローンへの展開は、テクノと呼ばれる音楽に興奮したことのある感性であるならば打ちのめされるだろう。
 2010年、〈エディションズ・メゴ〉は、エメラルズの『Does It Look Like I'm Here?』とともにワンオートリックス・ポイント・ネヴァー、通称OPNの『Returnal』をリリースした。この2枚のアルバムが、当時のUSアンダーグラウンド・シーンの素晴らしい豊かさを世界に知らしめたのである。快楽原則の支配から逃れられないクラブを拠点としたエレクトロニック・ミュージックから生まれようのない音楽である。そもそも、ノイズ、アンビエント、ドローンなどという、言葉だけ見るといかにもマニアックで地味な音楽が、これほど魅惑的に響くとは、僕には思いも寄らなかった。〈ワープ〉もアプローチが遅い! 
 だいたい、ジェシー・ルインズには最初に謝っておくが、僕の嫌いな......、いや、嫌いじゃない、だいっ嫌いな(とあまり繰り返すと、それは好きだという意味だと言われるのでもう言わない)ソフィア・コプラが映画で起用するようになったこの年、OPNの新譜が〈ワープ〉から出る。『R Plus Seven』は、アンビエント色を強めた前作『Replica』の延長線上にある作風で、ピアノの音色が印象的な、豪快な『Returnal』と比較して控えめだが深い作品となっている。ノイズはないが、OPN流サティ解釈と言うと大げさだが、いままで見せなかった美しい旋律がある。早い話、いままででもっとも幅広く聴かれそうな内容だ。待望の新作は9月21日に発売。

NEWS