ele-king Powerd by DOMMUNE

MOST READ

  1. Politics 都知事選直前座談会 「今回の都知事選、どう見ればいいか」 (columns)
  2. There are many many alternatives. 道なら腐るほどある 第11回 町外れの幽霊たち (columns)
  3. Moodymann - Take Away (review)
  4. interview with Trickfinger (John Frusciante) ジョン・フルシアンテ、テクノを語りまくる (interviews)
  5. Boris ──世界的に評価の高いヘヴィロック・バンド、ボリスが完全自主制作による新作をリリース (news)
  6. interview with Mhysa ジャネット・ジャクソンとブランディが好きな〈NON〉~〈ハイパーダブ〉のシンガー (interviews)
  7. Gary Bartz & Maisha - Night Dreamer Direct-To-Disc Sessions / Archie Shepp, Raw Poetic & Damu The Fudgemunk - Ocean Bridges (review)
  8. interview with Baauer 大ヒットメイカー、その後の展開 (interviews)
  9. Karl Forest ──〈TREKKIE TRAX〉からリリースのある Miyabi が新名義で新曲をリリース (news)
  10. Speaker Music - Black Nationalist Sonic Weaponry (review)
  11. Jun Togawa──戸川純がまさかのユーチューバーになった! (news)
  12. KATE NV - Room for the Moon (review)
  13. KOTA The Friend - EVERYTHING (review)
  14. interview with BORIS 往復するノイズ (interviews)
  15. 戸川純の人生相談 令和弐年(ますます好調!?) (news)
  16. RILLA ──これが噂のリラ、ついにデビュー作を発表 (news)
  17. Ryan Porter ──LAのトロンボニスト、ライアン・ポーターがライヴ盤をリリース、カマシも参加 (news)
  18. A Certain Ratio ──ア・サートゥン・レシオが12年ぶりに新作 (news)
  19. Shabazz Palaces - The Don Of Diamond Dreams (review)
  20. Arca ──アルカがニュー・シングルをリリース……って62分も!? (news)

Home >  News > EP-4 - これがいまのモード、時代の音(ファンク)

EP-4

EP-4

これがいまのモード、時代の音(ファンク)

Sep 06,2013 UP

 僕は自慢じゃないが、『昭和崩御』を持っている。当時は、もうとにかく、藤原新也の写真というだけで「うわ、かっこういいな」という感じだった。ミーハー根性で『昭和大赦』も持っていたのだが、そっちは売ってしまった。『Lingua Franca-1 昭和大赦』──日本のポストパンクにおける重要なバンドのひとつ、EP-4の代表作である。
 EP-4の残忍なファンクは、たしかにいま来ている。カット・ケミストが最近編集したコンピレーション『ファンク・オフ』には、EP-4が登場した同時代のフランスのインダストリアル・ファンクが収録されている。〈ミュート〉レーベルは、この秋に〈サム・ビザール〉時代のダンス・サウンドに走ったキャバレ・ヴォルテールの3枚のアルバムを再発する。ファクトリー・フロアも新作を出した。ノイズ・インダストリアル・ファンクはたしかにいま来ている。
 9月20日、代官山ユニットでは、『昭和大赦』が最新のヴァージョンで再演される。素晴らしい!

EP-4 ワンマン・ライヴ
『Lingua Franca XXX』

日時:9月20日(金) 開場:18:30 開演:19:30
会場:東京・代官山UNIT

出演:EP-4
オープニング・アクト:山川冬樹
DJ:MOODMAN、GUNS, GERMS & STEEL
VJ:ROKAPENIS

料金:前売り4000円(ドリンク代別)
   ※チケット購入者の方には入場時にもれなく非売品7" アナログ盤をプレゼント!!
チケット:チケットぴあ 0570-02-9999 [P] 208-646
     ローソン 0570-084-003 [L] 70289
問い合わせ:代官山UNIT(03-5459-8630)

公演詳細:
http://www.unit-tokyo.com/

 EP-4の代表作『Lingua Franca-1 昭和大赦』がリリースされて今年で30年。そのアニバーサリーといたしまして、今回のステージではアルバムを丸々再現します。名づけて『Lingua Franca XXX』。
 「E-Power」「Coconut」「Similar」などの代表曲を含むアルバム『Lingua Franca』を再現する第一部と、最新リリースの12インチ・シングル『RADIOACTIVITY / Get Baby』などの新曲も交えたセッションの第二部という、最新型EP-4を堪能できる二部構成の予定です。

 メンバーは、リーダーの佐藤薫、ユン・ツボタジ、鈴木創士というオリジナル・メンバーに、山本精一、家口成樹、YOSHITAKE EXPE.、須藤俊明、千住宗臣、タバタミツルといった後輩世代の精鋭たちを加えた鉄壁の布陣。当日はオープニング・アクトとして全身音楽家の山川冬樹、DJでMOODMANと新ユニットGUNS, GERMS & STEELを、そしてVJとしてROKAPENISを迎えます。

 『Lingua Franca-1 昭和大赦』がリリースされた83年には、京都、名古屋、東京の3都市で時間差ライヴ開催を敢行するなどこれまでにもセンセーショナルな活動をしてきた佐藤薫率いるEP-4。近年、長い休息期間を経て新しいフェイズに入っている彼らが過去と未来をどうつなげていくのか。どうかご期待ください!

〈EP-4 プロフィール〉
'80年、京都のニュー・ウェイヴ系ディスコ『クラブ・モダーン』に集まっていた仲間たちで結成。'83年5月21日には京都、名古屋、東京と3都市において時間差でライヴを開催するなど、そのアグレッシヴなエレクトリック・ファンク・サウンドと、確信犯的な活動で熱心なファンを獲得する。近年活動再開。今年の5月18日にはイベント『クラブ・レディオジェニク』を主宰(恵比寿リキッドルーム)、また5月21日には結成の地・京都で約30年ぶりにワンマン・ライヴを行った(KBSホール)。また、先頃、久々の新録音源『RADIOACTIVITY / Get Baby』(Skating Pears)をアナログ12インチのみで限定リリース。フル・アルバムの発売も予定されている。佐藤薫が中心となるノイズ即興ユニットのEP-4 unit3としても定期的に活動しており、今年1月に初のアルバム『À Artaud』(BLACK SMOKER)を発表。


TWEET

nashitake聴覚 視覚 ともにK点越えてる。でもって京都出身で活動は現在進行系。EP 4 - ZOY http://t.co/i0HPFeJig2 @youtubeさんから詳細http://t.co/u8MqM9Rmi9@nashitake 05.13 01:23

chb317RT @nashitake: 聴覚 視覚 ともにK点越えてる。でもって京都出身で活動は現在進行系。EP 4 - ZOY http://t.co/i0HPFeJig2 @youtubeさんから詳細http://t.co/u8MqM9Rmi9@chb317 05.13 11:30

morinixsmilinこんなに書き出しの文めちゃ嫌だなhttps://t.co/EblMPSM9XE@morinixsmilin 11.12 19:53

NEWS