ele-king Powerd by DOMMUNE

MOST READ

  1. Laraaji ──ララージがまさかの再来日、ブライアン・イーノとの名作を再現 (news)
  2. Leo Svirsky - River Without Banks (review)
  3. interview with (Sandy) Alex G 塩と砂糖の誘惑 (interviews)
  4. Columns JPEGMAFIA『Veteran』の衝撃とは何だったのか (columns)
  5. Tohji ──いま若い世代から圧倒的な支持を集めるラッパーが、初のミックステープをリリース (news)
  6. Aphex Twin ──エイフェックス・ツイン最新公演のライヴ・ストリーミングが決定 (news)
  7. interview with Kindness 音楽である必要すらないんです (interviews)
  8. Lafawndah - Ancestor Boy (review)
  9. Squarepusher, Oneohtrix Point Never & Bibio ──〈Warp〉30周年イベントが開催決定! スクエアプッシャー、ワンオートリックス・ポイント・ネヴァー、ビビオが一挙来日 (news)
  10. interview with For Tracy Hyde シティ・ポップ・リヴァイヴァルから「シティ」を奪還する (interviews)
  11. interview with The Comet Is Coming ボリス・ジョンソンの名を言うだけで口が腐る (interviews)
  12. interview with Yosuke Yamashita 誰にでも開かれた過激 (interviews)
  13. For Tracy Hyde - New Young City (review)
  14. イギリスでは高校生に授業参観でレイヴの歴史を教えています (news)
  15. Freddie Gibbs & Madlib - Bandana (review)
  16. Nkisi - 7 Directions (review)
  17. BLACK SMOKER × Goethe-Institut Tokyo ──ベルリンの壁崩壊30周年を機に、総合舞台芸術作品『BLACK OPERA』が開催 (news)
  18. Thom Yorke - Anima (review)
  19. Columns ララージ来日直前企画 ──ニューエイジの巨匠、その歩みを振り返る (columns)
  20. FKA Twigs ──FKAツイッグスが3年ぶりに新曲を公開 (news)

Home >  News > アンビエント・ディフィニティヴ、新宿出張。 - ――トーク・イヴェント〈Songs in the Bookshel: 本棚の音楽〉に三田格ら出演!

アンビエント・ディフィニティヴ、新宿出張。

アンビエント・ディフィニティヴ、新宿出張。

――トーク・イヴェント〈Songs in the Bookshel: 本棚の音楽〉に三田格ら出演!

Sep 11,2013 UP

三田 格
アンビエント・ディフィニティヴ 1958-2013

(ele-king books) [単行本]
Pヴァイン

News Amazon

 小規模ながら毎度非常に密度の高いトークを聞かせてもらっています! 音楽書の新刊を紹介するイヴェント〈Songs in the Bookshel: 本棚の音楽〉、またele-king books新刊から取り上げていただけることになりました。『AMBIENT Definitive 1958−2013』、解体してもらいましょう!
 本書刊行後、おそらく三田氏のなかではすでに2013年に加筆したい書き漏れ作品もたくさんエントリー中のはず。定番や名盤から珍盤、超新作の情報や感想、また制作裏話なども聞けるのではないでしょうか。出演者との距離が非常に近く、気軽に声をかけることのできる雰囲気のイヴェントなので、ぜひぜひ「三田さん」「野田さん」と呼びかけてあげてください! 同席するのは紙/web ele-kingでも人気のツンデレシンセマニア絵師、倉本諒!


音楽書の新刊を紹介するイヴェント〈Songs in the Bookshel: 本棚の音楽〉、第2回にはele-king booksの『AMBIENT Definitive 1958−2013』を取り上げます。『アンビエント・ミュージック』『裏アンビエント・ミュージック』を統合した決定版であり、さらにここ2、3年で新たな局面を迎えたアンビエントという音楽を捉えようとした野心的な一冊です。
「アンビエント観」の変化とは、大きく言うと音との向き合い方が大きく変わってきているということなのではないか。監修者の三田格さんを筆頭に、寄稿者の野田努さん、倉本諒さんをお迎えしてじっくりお話をうかがいたいと思います。

■Songs in The Bookshelf [本棚の音楽]
#2 変容する「音と意味」
『AMBIENT definitive 1958-2013』をめぐ
って

http://boutreview.shop-pro.jp/?pid=63535606

[出演] 三田格、野田努、倉本諒、大久保潤
[日時] 2013年9月24日(火) 開場・19:00 開始・19:30
[会場] Live Wire Biri-Biri酒場 新宿
     東京都新宿区新宿5丁目11-23 八千代ビル2F (Googleマップ)
    ・都営新宿線「新宿3丁目」駅 C6~8出口から徒歩5分
    ・丸ノ内線・副都心線「新宿3丁目」駅 B2出口から徒歩8分
    ・JR線「新宿」駅 東口から徒歩12分
[料金] 1500円 (当日券500円up)

※終演後に出演者を交えてのフリーフード&フリードリンクの懇親会を開催します。参加費は2800円です(当日参加は3000円)。懇親会参加者には、入場時にウェルカムの1ドリンクをプレゼント。参加希望の方はオプションの「懇親会」の項目を「参加する」に変更してお申し込みください。参加費も一緒にお支払いただきます。
※懇親会に参加されない方は、当日別途ドリンクチャージ1000円(2ドリンク)をお買い上げください。
※領収書をご希望の方は、オプションの「領収書」の項目を「発行する」に変更してお申し込みください。当日会場で発行いたします。
※ご注文者には整理番号をメールでご連絡します。
 お申し込み時に住所をご記入いただきますが、チケットの送付はいたしません。
 当日会場受付にて、名前、電話番号、整理番号をお伝えいただければ入場できます。
※満席の場合は、立ち見をお願いいたします。
※お支払い後のキャンセルは一切受け付けませんのでご注意ください。
※銀行振り込み決済の締め切りは9/20(金)午後3時、カード決済の締め切りは当日午前0時です。


NEWS