ele-king Powerd by DOMMUNE

MOST READ

  1. Kelela & Asmara - Aquaphoria (review)
  2. Ash Walker - Aquamarine (review)
  3. Bon Iver ──ボン・イヴェールの来日公演が決定 (news)
  4. Nkisi ──新世代テクノの急先鋒、キシ来日直前インタヴュー (news)
  5. interview with (Sandy) Alex G 塩と砂糖の誘惑 (interviews)
  6. Columns JPEGMAFIA『Veteran』の衝撃とは何だったのか (columns)
  7. Random Access N.Y. vol. 119:玄人インディ・ロック界の王子たち Deerhunter and Dirty Projectors @webster hall (columns)
  8. interview with trickfinger (John Frusciante) マシンより完全に (interviews)
  9. Laraaji ──ララージがまさかの再来日、ブライアン・イーノとの名作を再現 (news)
  10. Tohji ──いま若い世代から圧倒的な支持を集めるラッパーが、初のミックステープをリリース (news)
  11. Leo Svirsky - River Without Banks (review)
  12. interview with For Tracy Hyde シティ・ポップ・リヴァイヴァルから「シティ」を奪還する (interviews)
  13. イギリスでは高校生に授業参観でレイヴの歴史を教えています (news)
  14. Nkisi ──UKテクノの急先鋒、キシ来日直前インタヴュー (news)
  15. Squarepusher, Oneohtrix Point Never & Bibio ──〈Warp〉30周年イベントが開催決定! スクエアプッシャー、ワンオートリックス・ポイント・ネヴァー、ビビオが一挙来日 (news)
  16. Columns 「ハウスは、ディスコの復讐なんだよ」 ──フランキー・ナックルズの功績、そしてハウス・ミュージックは文化をいかに変えたか (columns)
  17. interview with Kindness 音楽である必要すらないんです (interviews)
  18. Nkisi - 7 Directions (review)
  19. interview with Yutaka Hirose よみがえる1986年の環境音楽 (interviews)
  20. Aphex Twin ──エイフェックス・ツイン最新公演のライヴ・ストリーミングが決定 (news)

Home >  News > Erasure - エレポップの天才、ヴィンス・クラークのイレイジャーによるクリスマス・アルバムをどうぞ!

Erasure

Erasure

エレポップの天才、ヴィンス・クラークのイレイジャーによるクリスマス・アルバムをどうぞ!

Oct 30,2013 UP

イレイジャー
Snow Globe

Mute/トラフィック

Review Amazon

 日本で暮らすアラフォー、アラフィフ世代にとって、イレイジャーといえば「ビートUK」じゃないでしょうか。もうとにかく、イレイジャーがシングルを出すとUK1位。アルバムも1位……という感じで、ヒットし続けたのでした。『ザ・サーカス』(1987年)、『ジ・イノセンツ』(1988年)、『ワイルド!』(1989年)や『コーラス』(1991年)のようなアルバムは、まさにシンセポップのお手本です。しかもヴォーカルのアンディ・ベルはゲイとしても有名で、音を担当しているヴィンス・クラークといえば、あなた、デペッシュ・モードのオリジナル・メンバー、ヤズーの仕掛け人、つまり、〈ミュート〉レーベルはこのヴィンス・クラークという天才を発掘したがためにレーベルとして大きくなったと言える、そんなすごい人なのです。  最新アルバム『スノウ・グロウブ』は実に通算15枚目のアルバムです。5曲の新曲と8曲のクリスマス・ソング・カヴァーという構成になっています。  ファンの方々はご存じだったかもしれませんが、昨年、アンディ・ベルのパートナーだったポール・ヒッキーがエイズで亡くなられました。新作には、そんな悲しみを乗り越えるかのような、力強いさ、深いエモーションがあります。そして6歳になったヴィンス・クラークの息子を祝福するかのように、温かい電子音をバックにクリスマスの歌が歌われています。  日本で暮らすアラフォー、アラフィフにとって、イレイジャーといえば「ビートUK」じゃないでしょうか。ヴィンス・クラークと同じように小学生ぐらいのお子さんのいる方も多いはず。今年は、エレポップの天才が送るクリスマス・アルバムを聴きながら、「あのね、お父さん(お母さん)が若かった頃にね……」などと教えてあげるのもいいかもしれませんよ。


NEWS