ele-king Powerd by DOMMUNE

MOST READ

  1. Roger & Brian Eno ──ロジャー&ブライアン・イーノが初めてのコラボ・アルバムをリリース (news)
  2. 漢 a.k.a. GAMI監修『MCバトル全書』 ――名バトルからあの事件の裏側まで、現行ジャパニーズ・ヒップホップシーンのリアルがわかる『MCバトル全書』が発売中 (news)
  3. Four Tet ──フォー・テットがニュー・アルバムをリリース (news)
  4. JME - Grime MC (review)
  5. Jagatara2020 ──80年代バブル期の日本に抗い、駆け抜けた伝説のバンド、じゃがたらが復活! (news)
  6. Columns なぜスコット・ウォーカーはリスペクトされているのか (columns)
  7. Westbam & Takkyu Ishino ──ウェストバムと石野卓球による東阪ツアーが開催 (news)
  8. Carl Michael Von Hausswolff - Addressing The Fallen Angel (review)
  9. Yaporigami ──山梨出身ベルリン在住の電子音楽家が〈Virgin Babylon〉より新作を発表 (news)
  10. Jagatara2020 ──復活目前のじゃがたら、ライヴ会場先行販売ほか店舗限定特典&パネル展の開催が決定 (news)
  11. パラサイト 半地下の家族 - (review)
  12. Columns TINY POPというあらたな可能性 (columns)
  13. Oli XL - Rogue Intruder, Soul Enhancer (review)
  14. Columns そこではいったい何が起きていたのか ──ブレクジットとUK音楽シーン (columns)
  15. Columns NYクラブ・ミュージックの新たな波動 後編:進化する現代のレイヴ・カルチャー (columns)
  16. Columns tiny pop sound cloudガイド (columns)
  17. Jeff Parker ──ジャズ・ギタリストのジェフ・パーカーが新作をリリース (news)
  18. Ovall - Ovall (review)
  19. Vladislav Delay ──ヴラディスラフ・ディレイがニュー・アルバムをリリース (news)
  20. 渡邊琢磨 ──映画『ECTO』が生演奏つきで上映 (news)

Home >  News > Erasure - エレポップの天才、ヴィンス・クラークのイレイジャーによるクリスマス・アルバムをどうぞ!

Erasure

Erasure

エレポップの天才、ヴィンス・クラークのイレイジャーによるクリスマス・アルバムをどうぞ!

Oct 30,2013 UP

イレイジャー
Snow Globe

Mute/トラフィック

Review Amazon

 日本で暮らすアラフォー、アラフィフ世代にとって、イレイジャーといえば「ビートUK」じゃないでしょうか。もうとにかく、イレイジャーがシングルを出すとUK1位。アルバムも1位……という感じで、ヒットし続けたのでした。『ザ・サーカス』(1987年)、『ジ・イノセンツ』(1988年)、『ワイルド!』(1989年)や『コーラス』(1991年)のようなアルバムは、まさにシンセポップのお手本です。しかもヴォーカルのアンディ・ベルはゲイとしても有名で、音を担当しているヴィンス・クラークといえば、あなた、デペッシュ・モードのオリジナル・メンバー、ヤズーの仕掛け人、つまり、〈ミュート〉レーベルはこのヴィンス・クラークという天才を発掘したがためにレーベルとして大きくなったと言える、そんなすごい人なのです。  最新アルバム『スノウ・グロウブ』は実に通算15枚目のアルバムです。5曲の新曲と8曲のクリスマス・ソング・カヴァーという構成になっています。  ファンの方々はご存じだったかもしれませんが、昨年、アンディ・ベルのパートナーだったポール・ヒッキーがエイズで亡くなられました。新作には、そんな悲しみを乗り越えるかのような、力強いさ、深いエモーションがあります。そして6歳になったヴィンス・クラークの息子を祝福するかのように、温かい電子音をバックにクリスマスの歌が歌われています。  日本で暮らすアラフォー、アラフィフにとって、イレイジャーといえば「ビートUK」じゃないでしょうか。ヴィンス・クラークと同じように小学生ぐらいのお子さんのいる方も多いはず。今年は、エレポップの天才が送るクリスマス・アルバムを聴きながら、「あのね、お父さん(お母さん)が若かった頃にね……」などと教えてあげるのもいいかもしれませんよ。


NEWS