ele-king Powerd by DOMMUNE

MOST READ

  1. interview with COM.A パンク・ミーツ・IDM! (interviews)
  2. Kevin Richard Martin - Frequencies for Leaving Earth - Vol​.​1 / Kevin Richard Martin - Frequencies for Leaving Earth - Vol​.​2 / Kevin Richard Martin - Frequencies for Leaving Earth - Vol​.​3 (review)
  3. R.I.P.:エンニオ・モリコーネ (news)
  4. interview with Julianna Barwick 聞きたくない声は、怒りのラップ、怒りのメタル。“グォォォーッ”みたいなやつ (interviews)
  5. interview with Wool & The Pants 東京の底から (interviews)
  6. interview with Trickfinger (John Frusciante) ジョン・フルシアンテ、テクノを語りまくる (interviews)
  7. すずえり - Fata Morgana (review)
  8. Columns 韓国ソウル市はソウル(魂)の街だった! ──ソウルの都市政策と韓国のヒップホップについて (columns)
  9. Cafe OTO ──多くの日本人アーティストも参加。コロナ渦を乗り切るための、ロンドンの〈Cafe OTO〉主宰のレーベル〈TakuRoku〉に注目 (news)
  10. 404 Error File Not Found (interviews)
  11. Moodymann - Take Away (review)
  12. 169 - SYNC (review)
  13. There are many many alternatives. 道なら腐るほどある 第11回 町外れの幽霊たち (columns)
  14. Jun Togawa──戸川純がまさかのユーチューバーになった! (news)
  15. Hiroshi Yoshimura ──入手困難だった吉村弘の1986年作『Green』がリイシュー (news)
  16. Kevin Richard Martin - Sirens (review)
  17. Kenmochi Hidefumi - たぶん沸く〜TOWN WORK〜 (review)
  18. Politics 都知事選直前座談会 「今回の都知事選、どう見ればいいか」 (columns)
  19. ralph ──気鋭の若手ラッパーがファーストEPをリリース、プロデュースは Double Clapperz (news)
  20. Run The Jewels ラン・ザ・ジュエルズは何がすごいのか (interviews)

Home >  News > 「リズムだけが素晴らしいアフロビートを形成するのだ。」 - ――ブルックリンのアフロ・ファンク・バンド、アンチバラス8年ぶりの来日!

「リズムだけが素晴らしいアフロビートを形成するのだ。」

「リズムだけが素晴らしいアフロビートを形成するのだ。」

――ブルックリンのアフロ・ファンク・バンド、アンチバラス8年ぶりの来日!

Nov 12,2013 UP

 みんな大好きアンチバラス! 昨年、『セキュリティ』から5年ぶりとなる新譜『アンチバラス』をリリースしてその健在ぶりを印象づけ、いまなおアフロ・ビートを革新しつづけるバンドとしてリスペクトを受けるブルックリンの10年選手たちが、来月じつに8年ぶりとなる来日公演を行う。「懐かしいなー」は、新鮮な驚きに変わるかもしれない。彼らは12月の東京、金沢、福岡で、どのようなステージを見せてくれるのだろうか。

 初期作品の中心人物で、現世においてレトロ・フューチャーなダンス・グル―ヴの復興に寄与している所属レーベル、〈Daptone Records〉のオーナー、ガブリエル・ロスは彼らの存在をこのように定義する。
「リズムだけが素晴らしいアフロ・ビートを形成するのだ。これはリズム・セクションだけのことではない、ホーン、ヴォーカル、キーボード、全てが一体となりリズムを放出する。それだけでは物足りない、そこに聴き手、受け手が何かを期待し、揺り動かされ、予感し感じる。この全てのことがあってグル―ヴが作用するのだ」

“闘争するアフロビート・バンド”アンチバラス12月緊急来日!

アフロビート・サウンドを継承するブルックリンのバンド、アンチバラスの8年ぶりとなる来日公演「Organic Groove ~Our True Calling~ feat. Antibalas」が12月に決定し、12月15日に開催される東京公演に三宅洋平率いる(仮)ALBATRUSがゲスト出演することが発表された。

近年ではアフロビートの始祖フェラ・クティの伝記的ミュージカル「FELA!」のスコアを担当するなど音楽的にも更なる進化を遂げてきたアンチバラス。サウンドの継承のみならず、政治的な闘争という精神性も受け継いだ数少ないバンドとしてグローバル社会の矛盾に異を唱え、戦争に費やされる膨大な汚れた金を、よりポジティヴなエネルギーに浄化する、そんなメッセージ唱え続けてきた。一方の三宅も今年参議院選挙に出馬、選挙活動を祭りに見立てた「選挙フェス」を通し住民主権型の社会へのシフトを訴えてきた。

国は違えど日米の闘争するミュージシャン2組の「共闘」が実現の場は、実に3年ぶりとなるイヴェント〈Organic Groove〉の招聘によるもの。00年代初頭から刺激的かつ創造性に溢れたミュージシャンたちを紹介してきたイヴェント3度めの復活の場として、日米を代表するメッセージ性の強い両アーティスト。東京公演(12/15 @Daikanyama UNIT)のチケット販売は11月2日よりスタートする。

■2013.12.15 sun
Organic Groove ~Our True Calling~ feat. Antibalas
@Daikanyama UNIT / Saloon / UNICE ※3会場同時開催

http://www.organicgroove.net/

LIVE :
Antibalas
(仮)ALBATRUS
and more bands and DJs to be anounced!!!
OPEN / START : 17:00
TICKET :
adv: 6,500yen(1drink fee charged @door / All Standing)


NEWS