ele-king Powerd by DOMMUNE

MOST READ

  1. Mira Calix - Absent Origin (review)
  2. MAZEUM × BLACK SMOKER × Goethe-Institut ──東京ドイツ文化センターにアートと音楽の迷宮が出現 (news)
  3. Marcus J. Moore ──ケンドリック・ラマーの評伝が刊行 (news)
  4. interview with Nightmares on Wax (George Evelyn) いま音楽を感じる喜び (interviews)
  5. Hand Habits - Fun House (review)
  6. Pendant - To All Sides They Will Stretch Out Their Hands (review)
  7. 〈Advanced Public Listening〉 ──レデリウス、ハーバート、ヴィラロボスら錚々たる面々が参加したコンピがリリース (news)
  8. interview with Terre Thaemlitz 移民、ジェンダー、クラブ・カルチャーと本質主義への抵抗 (interviews)
  9. 3D ──マッシヴ・アタックの3D、気候に関する虚偽の情報に注意を促すAIシステムを開発 (news)
  10. ralph - 24oz (review)
  11. Courtney Barnett ──コートニー・バーネットが3年ぶりの新作をリリース (news)
  12. Aya - Im Hole (review)
  13. D.A.N. - NO MOON (review)
  14. The Bug × Jason Williamson (Sleaford Mods) ──強力なコラボが実現、ザ・バグとスリーフォード・モッズのジェイソン・ウィリアムソン (news)
  15. interview with Jon Hopkins 21世紀の今日サイケデリックであること (interviews)
  16. House music - (review)
  17. Nav Katze ──メジャー・デビュー30周年を迎えるナーヴ・カッツェ、全作品が配信開始 (news)
  18. There are many many alternatives. 道なら腐るほどある 第6回 笑う流浪者、あるいはルッキズムに抗うための破壊 (columns)
  19. interview with Meitei 海外で評判の新進電子音楽家、日本文化を語る (interviews)
  20. 山本精一 - selfy (review)

Home >  News > Bob Dylan's Songs - 重苦しい時代に、しかし重苦しさだけに目を奪われないためにも──萩原健太『ボブ・ディランは何を歌ってきたのか』

Bob Dylan's Songs

Bob Dylan's Songs

重苦しい時代に、しかし重苦しさだけに目を奪われないためにも──萩原健太『ボブ・ディランは何を歌ってきたのか』

Amazon

Aug 04,2014 UP

 なぜ、なぜボブ・ディランなのか。
 ジェイク・バグが登場したとき、彼は「公営団地のボブ・ディラン」という言葉で賞賛された。UKのメディアにとって、「ボブ・ディラン」とは最高の褒め言葉だ。ジョン・レノンでもエルヴィス・プレスリーでもなくボブ・ディラン……あるいは、ときにサンプリング・ネタを「revisited」という言葉で表すのも、“追憶のハイウェイ61”の原題から来ているのだろうし……
 僕は、UKの音楽に関する本を読んでいた。ラフトレードを創設したジェフ・トラヴィスのエピソードが描かれていた。彼は高校時代、クラスメートが夢中になっているのはせいぜいドノヴァンで、自分のように『ジョン・ウェズリー・ハーディング』を聴いているような人は他にいなかったと言う。なかば自慢げな回想だ。
 そして、思春期に『ジョン・ウェズリー・ハーディング』に夢中になった感性が、やがてザ・スミスというバンドを見いだすわけだから、ブレイディみかこがモリッシーの新作を聴いて「ボブ・ディラン」という言葉を用いるのは的を得ている。
 
 2012年には『テンペスト』があり、昨年は湯浅学の『ボブ・ディラン――ロックの精霊』があった。ルー・リードは「ボブ・ディランに次いでロック文化に歌詞マニアを生んだ人」と言われている。松村正人はボブ・ディランの来日ライヴに行った。木津毅は、こともあろうかOPNの来日ライヴ中にコーエン兄弟の新作について大声で話してきた。誰かが振り向いて話に加わった。
 そもそも、ボブ・ディランは何が偉いのか? ボブ・ディランとは何なのか? ボブ・ディランは何を歌ってきたのか? つまり、ボブ・ディランとの長年の格闘の末に萩原健太が見たモノとは何なのか? 以上の設問のひとつにでも興味のある人は、8月6日発売の『ボブ・ディランは何を歌ってきたのか』のページをめくること。重苦しい時代に、しかし、重苦しさだけに目を奪われないためにも。
 
 予定のページ数よりも大幅に増えてしまった。本書の「メイキング〜」に関しては、場所をあらためて三田格が話すかもしれない。とにかく、『ボブ・ディランは何を歌ってきたのか』は、萩原健太、渾身の力作だ。ボブ・ディランを聴く人のガイドラインであり、また、「アメリカ音楽」が日本でどのように享受されてきたのか、どのように愛されてきたのかという物語でもある。そして、僕としては、ディラン的な「自由」をいまいちど噛みしめたい。ちなみに、表紙のイラストは、カタコトのドラゴン。(野田)

萩原健太
1956年2月10日生まれ。音楽評論家。1978年3月 早稲田大学法学部卒業。同年4月 早川書房入社。1981年6月 早川書房退社。その後フリーとして活躍。 執筆活動、TV出演などを通じて音楽評論を行なう。 他、音楽プロデュースも手がける。著作に『はっぴいえんど伝説』(シンコー・ミュージック)、『ポップス・イン・ジャパン』(新潮社)等がある。

ボブ・ディランは何を歌ってきたのか
978-4-907276-18-8
四六判 384ページ
本体1,800円+税

Amazon

■8月はボブ・ディラン月間!
 8月27日にはソニーミュージックジャパンインターナショナルより、ボブ・ディランの全43作品をリニューアル復刻していくプロジェクト“ディラン究極の「神」ジャケ復刻プロジェクト”の第3弾として80 年代に発表された9タイトルがリリース!

詳細はこちら
http://www.sonymusic.co.jp/Music/International/
Special/bobdylan/140326/sono2/