ele-king Powerd by DOMMUNE

MOST READ

  1. Wen - EPHEM:ERA (review)
  2. John Grant - Love Is Magic (review)
  3. Eli Keszler - Stadium (review)
  4. Kankyō Ongaku ──日本のアンビエントにフォーカスしたコンピレーションが発売 (news)
  5. Kode9 & Burial - Fabriclive 100 (review)
  6. 栗原康 × 大谷能生 ──ともにele-king booksから新著を刊行したふたりによるトークショウが開催 (news)
  7. 冬にわかれて - なんにもいらない (review)
  8. interview with GillesPeterson UKジャズ宣言 (interviews)
  9. Columns はてなフランセ 第17回 フレンチ・ポップの王道からあえてズレる (columns)
  10. Norhern Soul ──『ノーザン・ソウル』、この最高な映画を見たらスリムのデニムを履けなくなる (news)
  11. God Said Give 'Em Drum Machines ──デトロイト・テクノの新たなドキュメンタリーがローンチ (news)
  12. interview with Cornelius 新作『Ripple Waves』を語る (interviews)
  13. interview with Kelly Moran プリペアド・ピアノの新星 (interviews)
  14. Elecktroids ──ドレクシアがエレクトロイズ名義で残した唯一のアルバムがリイシュー (news)
  15. Brainfeeder X ──〈ブレインフィーダー〉10周年を記念した強力なコンピレーションが発売 (news)
  16. Sun Araw - Guarda in Alto (review)
  17. Wiley - Evolve Or Be Extinct (review)
  18. interview with Primal 性、家族、労働 (interviews)
  19. James Ferraro - Four Pieces For Mirai (review)
  20. Laurel Halo - Raw Silk Uncut Wood / Chevel - In A Rush And Mercurial (review)

Home >  News > 知性と享楽、冷淡と耽美が折り合う世界 - ──シンセポップ・デュオ、Violence来日インタヴュー

知性と享楽、冷淡と耽美が折り合う世界

知性と享楽、冷淡と耽美が折り合う世界

──シンセポップ・デュオ、Violence来日インタヴュー

Aug 12,2014 UP

 世界中で静かな盛り上がりを見せているコールドウェイヴ/ミニマルシンセ・シーン。とくにカナダにはさまざまなレーベルが存在し、イヴェントも多彩、独自の発展を築いている。とりわけ〈Visage Musique(ヴィサージュ・ムジーク)〉がリリースするシンセ・ウェイヴ・ポップ・デュオ、Violence(ヴァイオレンス)は、音楽ブログ「Weird Canada」や「Silent Shout」などで特集が組まれたり、NYの老舗イヴェント〈Weird Party〉の後継である〈Nothing Change〉への出演などによって注目を集める存在だ。

 そんなViolenceが初めて日本にやって来る。おもに楽曲を担当するエリックと、どこか懐かしいメロディを耽美でキュートなウィスパー・ボーカルでなぞるジュリー。ふたりの来日を記念して、話をきいた。

文:寺尾拓也
翻訳:高橋美佳

Violenceはどうやって結成されましたか。

エリック:2010年頃、カナダのモントリオールからイギリスのオックスフォードに移った。ジュリーはオックスフォード大学でポスドクの職を得ることができたんだ。
 海外でたくさんの自由な時間と少しのシンセサイザーがあったということは、音楽を制作するという意味で、結果的にはとてもクリエイティヴで生産的な時間を与えてくれたんだ。そんな頃、家族や友だちに会いにカナダに帰った際に、僕らの初めてのコンサートをロフト・パーティで行った。
 自分たちの美学は当然として、そういった音楽や芸術、パフォーマンスやダンスのイヴェントが僕らの音楽を形づくった。Violenceは、そういったやりとりやフレンドシップの中で成長してきたし、いまだコンスタントにこのときの友だちやアーティストからフィードバックをもらったり交流することで成り立っているんだ。
 たぶん共通の知り合いからかな、どういった経緯か詳しくは知らないんだけど、〈Visage Musique〉の人たちが僕らの作品を聴いて、いっしょにやらないかと言ってきたんだ。

「Silent Shout」で“EP of the Year”に選ばれたり、「Weird Canada」で特集されたり、とても順調に思えます。

エリック:音楽のことをキャリアという視点で考えることはまずないんだけど、専門のブログにいいことを書かれるのは気持ちがいいね。このプロジェクトをはじめてから、とても興味深い人たちに出会えたし、素晴らしいアーティスト集団とステージを共有したり、見知らぬ人とアートや音楽について興味深い議論をすることになったんだよね。

どういった音楽に影響を受けましたか。また、最近気になっているバンドやミュージシャンはいますか。

エリック:作曲するときは無意識に影響を受けるのが好きなんだ。でなければ、単に自分を訓練する文体練習(※1)になってしまう。
 僕はグルックやバッハ、ロッシーニといった、クラシックやバロック音楽が本当に好きなんだ。現代の音楽だと、最近は90年代初期のテクノやハウスをたくさん聴いているよ。

※1 フランスの小説家、レーモン・クノーによる一つの物語を99通りの文体で書いた作品

最近よく聴いている5曲はなんですか。

ジュリー:わたしはつねに5曲以上好きな曲があるの。でも最近ではAutomelodi(オートメロディ)(※2)のLPをよく聴いているわ。

※2同じくカナダのダーク・シンセポップ・バンド。〈Wired Records〉などからのリリースがある

どんな音楽を聴いて育ちましたか。最初に影響を受けた曲は何ですか。

エリック:最初の音楽の記憶は、おじいちゃんが弾いてくれた自作のフォークかな。そのあと5歳の誕生日にレコード・プレーヤーをプレゼントにもらったんだ。ちょうどその頃、ディスコが終焉を迎えて恥ずかしくなった僕のおばさんたちが、その当時流行ってたディスコのレコードを100枚近くくれたんだ!
 僕とイタロ・ディスコの親和性は、絶対そこから来ていると思うんだよね。あとは、フランスのコメディやイタリアの映画、日本のアニメの音楽を楽しんでいた覚えがあるな。

ジュリー:わたしがまだ小さかったとき、叔父がピアノを勉強していて、バッハやモーツァルトみたいな有名なクラシックの曲を、ジャズにアレンジして弾いてくれたのにとても感動したし、何よりうれしかったのを覚えているわ。
 自分でかけた最初のレコードは、Angèle Arsenault(アンジェレ・アルセノ)の『Libre(リブレ)』。

機材は何を使っていますか。作曲はどのように行いますか。

エリック:80年代と90年代初期の、アナログ・シンセとデジタル・シンセを合わせて使っているよ。最近は僕たちがいままでに持っていたシンセサイザーの中で、プログラムの可能性という意味ではもっとも複雑なRoland MKS 80を買ったよ。
 僕らはゼロから自分たちの音を作るのが好きなんだ。普通どうやって曲を作りはじめるかっていうと、シンセサイザーのパッチを組むとその音が自分たちの気分を決めてくれるんだ。それを作り込んでからレイヤーと歌詞を足していく。僕らは普段、タッグを組んでいっしょに作曲している。

〈Visage Musique〉やレーベルメイトについて教えてください。カナダには〈Visage Musique〉や〈Electoric Voice〉、〈Pretty Pletty〉などのシンセ系のレーベルがいくつかありますが、最近のカナダの音楽業界についてどう思いますか。

ジュリー:創造を広めるための道具が増えて、生産を縮小できるという事実は好きよ。わたし個人としては〈Visage Musique〉のように、人をベースとした環境の中でともに創り上げて行くっていうやり方がうまくいくの。彼らは長年にわたって成長してきたし、世界中にいるわたしたちのアートを理解してくれているだろう人にどんどん近づいているのよ。これってこれまでの音楽業界と比べて、すごくいまっぽいことよね。

他の国にもアンダーグラウンドなシンセ・シーンがありますが、他の国のバンドに興味はありますか。影響を受けていますか。

エリック:もちろん興味があるし、海外の音楽シーンにも触れようとしているよ。僕はその出所よりも音により注意がいくから、どんな言語で歌われた歌を聴くのも楽しいんだ。

どういったファッションが好きですか。カナダのお勧めの店を教えてください。

ジュリー:たまに意外なとこですごく素敵なモノを見つけたりするけど、アクセサリーだけは「Missy Industry」っていう友だちがやってるお店で買うわ。あとはAmélie Lavoie っていうとてもおもしろいパターンを描く友人がいるんだけど、その子の作るシャツが本当に最高なの。

東京に来たらどこに行きたいですか。またなぜ東京に来ようと思ったのですか。

ジュリー:地元のアーティストがインスピレーションを受けている場所や、若い人たちが、自分を出せたり、実験できたり、生きてるなあって感じられるような……というのもわたしは専門的に都市にいるハシブトガラスを観察することにも興味があって、どうやって鳥が都市に適応するか、特別に賢い鳥が人間と同じように自然環境無しにどうやって餌を食べることができるのかというようなことをとても興味深く見ているの。(※3)

※3 ジュリーはオタワ大学の助教授で認知学の研究をしている

エリック:東京の代表的な建築物とか、インディ・レコード・ショップ、あとは中古の楽器屋でシンセが見たいかな。

東京でライヴをするのは楽しみですか。

ジュリー:待ちきれないわ! ライヴをはじめたときから、いつか東京でやりたいって思ってたの。モントリオールやロンドン、ニューヨークみたいな都市が好きだから、東京には一度も行ったことがないけれど、きっと東京も一瞬で好きになっちゃうわ。

いっしょに出演するJesse RuinsとNaliza Mooはどう思いますか。

エリック:つい最近彼らを見つけたんだけど、僕らの聴いたものは好きだよ。彼らといっしょにライヴするのが楽しみだ!

質問に答えてくれてありがとうございました。最後に日本のファンに一言お願いします。

エリックとジュリー:わたしたちといっしょに踊りに来て!


Violence来日公演

■The Invention of Solitude - Chapter 4
8月24日 日曜日 18:00 at 渋谷HOME
Charge: ADV. 1,500 / DOOR 2,000 (+1D)
LIVE: Violence (from Canada), Jesse Ruins, Naliza Moo
DJ: Yanagiszawa, Tack Terror, Naohiro

来日公演に先立ち DOMMUNEでのライヴ配信も決定
■The Invention of Solitude - Chapter 3.141592
8月20日 水曜日 21:00 at DOMMUNE
Live: Violence (from Canada), Jesse Ruins, Naliza Moo
DJ: Naohiro Nishikawa

 来日公演を記念して、海外のインディ・シーンともリンクする東京のアーティストによるViolenceのリミックステープのリリースが決定。リミキサーは初来日公演でもプレイするJesse Ruins、Naliza Mooに加えリミックスワークは初めてとなるギーク系轟音ギターバンドSlowmarico。都会の孤独に翻弄された一人シンセバンドLSTNGTの計4組。そこにViolenceの未発表曲、その名も『Violence』を加えた計5曲。タイトルはViolenceのエリックの入力によるGoogle翻訳を駆使したViolenceの日本語訳「すさまじさ」のローマ字表記で『Susamajisa』。東京の新レーベルSolitude Solutionよりリリース。

『Susamajisa - Violence Remixes』
A-1 Dernier Cri - Slowmarico Remix
A-2 Halo - Jesse Ruins Remix
A-3 Violence - Violence feat. William Crop
B-1 The Curse of Dimensionality - Naliza Moo Remix
B-2 Disappearances - LSTNGT Remix
Solitude Solition - KDK-1
価格: 1,000円(限定77本)
8月20日発売予定
soundcloud: https://soundcloud.com/solitudesolutions

Violence プロフィール
 カナダで活動するシンセ・ウェイヴ・ポップ・男女デュオ。男エリックによるミニマルでダークウェイヴでありつつも時折ディスコに接近するシンセサウンドに乗るどこか懐かしささえ覚える美メロを唄う女ジュリーの冷淡でありながら耽美でキュートなウィスパー・ヴォーカルが魅力。地元カナダのVISAGE MUSIQUEよりEP『VIOLENCE EP』と LP『ERLEBNIS』とをリリース済み。
bandcamp: http://violence.bandcamp.com/
soundcloud: https://soundcloud.com/violence-2/


TWEET

naohironix知性と享楽、冷淡と耽美が折り合う世界 - ──シンセポップ・デュオ、Violence来日インタヴュー | Violence、Visage Musique | ele-king http://t.co/Y0G9HVtFln @___ele_king___から@naohironix 08.12 14:06

naohironix知性と享楽、冷淡と耽美が折り合う世界 ──シンセポップ・デュオ、Violence来日インタヴュー | Violence、Visage Musique | ele-king http://t.co/Y0G9HVtFln @___ele_king___から@naohironix 08.12 14:10

iroiro_news247知性と享楽、冷淡と耽美が折り合う世界 - ──シンセポップ・デュオ、Violence来日インタヴュー http://t.co/1dbdtwxwp2@iroiro_news247 08.12 14:12

news_now2013知性と享楽、冷淡と耽美が折り合う世界 - ──シンセポップ・デュオ、Violence来日インタヴュー http://t.co/Q7Bq9QKCVK@news_now2013 08.12 14:12

news_japan24知性と享楽、冷淡と耽美が折り合う世界 - ──シンセポップ・デュオ、Violence来日インタヴュー http://t.co/HBIljlwWft@news_japan24 08.12 14:12

naohironix知性と享楽、冷淡と耽美が折り合う世界 - ──シンセポップ・デュオ、Violence来日インタヴュー | Violence、Visage Musique | ele-king http://t.co/Y0G9HVtFln @___ele_king___から@naohironix 08.12 14:14

DJsoybeansRT @naohironix: 知性と享楽、冷淡と耽美が折り合う世界 - ──シンセポップ・デュオ、Violence来日インタヴュー | Violence、Visage Musique | ele-king http://t.co/Y0G9HVtFln @___ele_king@DJsoybeans 08.12 14:21

NobuyukiSakumaRT @naohironix: 知性と享楽、冷淡と耽美が折り合う世界 - ──シンセポップ・デュオ、Violence来日インタヴュー | Violence、Visage Musique | ele-king http://t.co/Y0G9HVtFln @___ele_king@NobuyukiSakuma 08.12 14:29

kmm_cmRT @naohironix: 知性と享楽、冷淡と耽美が折り合う世界 - ──シンセポップ・デュオ、Violence来日インタヴュー | Violence、Visage Musique | ele-king http://t.co/Y0G9HVtFln @___ele_king@kmm_cm 08.12 14:35

new_news247知性と享楽、冷淡と耽美が折り合う世界 - ──シンセポップ・デュオ、Violence来日インタヴュー http://t.co/HxHWgvenQb@new_news247 08.12 14:37

JesseRuinsRT @naohironix: 知性と享楽、冷淡と耽美が折り合う世界 - ──シンセポップ・デュオ、Violence来日インタヴュー | Violence、Visage Musique | ele-king http://t.co/Y0G9HVtFln @___ele_king@JesseRuins 08.12 14:43

SHILTRT @naohironix: 知性と享楽、冷淡と耽美が折り合う世界 - ──シンセポップ・デュオ、Violence来日インタヴュー | Violence、Visage Musique | ele-king http://t.co/Y0G9HVtFln @___ele_king@SHILT 08.12 15:02

kiq“知性と享楽、冷淡と耽美が折り合う世界 - ──シンセポップ・デュオ、Violence来日インタヴュー | Violence、Visage Musique | ele-king” http://t.co/lAsgdc6Py3@kiq 08.12 15:04

chiichii2010RT @naohironix: 知性と享楽、冷淡と耽美が折り合う世界 - ──シンセポップ・デュオ、Violence来日インタヴュー | Violence、Visage Musique | ele-king http://t.co/Y0G9HVtFln @___ele_king@chiichii2010 08.12 17:28

__APURT @naohironix: 知性と享楽、冷淡と耽美が折り合う世界 - ──シンセポップ・デュオ、Violence来日インタヴュー | Violence、Visage Musique | ele-king http://t.co/Y0G9HVtFln @___ele_king@__APU 08.12 17:52

yyokke_cmpRT @naohironix: 知性と享楽、冷淡と耽美が折り合う世界 - ──シンセポップ・デュオ、Violence来日インタヴュー | Violence、Visage Musique | ele-king http://t.co/Y0G9HVtFln @___ele_king@yyokke_cmp 08.12 22:59

music_news_2014知性と享楽、冷淡と耽美が折り合う世界 - ──シンセポップ・デュオ、Violence来日インタヴュー | Violence、Visage Musique | ele-king http://t.co/d94MAVUQBH@music_news_2014 08.13 08:52

MuseumCreated知性と享楽、冷淡と耽美が折り合う世界 - ──シンセポップ・デュオ、Violence来日インタヴュー | Violence、Visage Musique | ele-king http://t.co/VMogYY3Qjv http://t.co/hYNywHjDEO@MuseumCreated 08.13 09:51

HatebuMusic知性と享楽、冷淡と耽美が折り合う世界 - ──シンセポップ・デュオ、Violence来日インタヴュー | Violence、Visage Musique | ele-king http://t.co/P07lvk6neh MOST READ アナキズム・イン・ザ・UK 第21回…@HatebuMusic 08.13 11:51

wawawasonicRT @naohironix: 知性と享楽、冷淡と耽美が折り合う世界 - ──シンセポップ・デュオ、Violence来日インタヴュー | Violence、Visage Musique | ele-king http://t.co/Y0G9HVtFln @___ele_king@wawawasonic 08.14 00:54

inojun1001ホンマかいっ!ホンマみたいやし。http://t.co/nYOlWAQiPC RT @naohironix おれ来週ドミューンでDJするんだ@inojun1001 08.14 02:05

middleafRT @naohironix: 知性と享楽、冷淡と耽美が折り合う世界 - ──シンセポップ・デュオ、Violence来日インタヴュー | Violence、Visage Musique | ele-king http://t.co/Y0G9HVtFln @___ele_king@middleaf 08.14 08:03

JesseRuinsRT @naohironix: 知性と享楽、冷淡と耽美が折り合う世界 - ──シンセポップ・デュオ、Violence来日インタヴュー | Violence、Visage Musique | ele-king http://t.co/Y0G9HVtFln @___ele_king@JesseRuins 08.14 11:11

rikky_psyche知性と享楽、冷淡と耽美が折り合う世界 - ──シンセポップ・デュオ、Violence来日インタヴュー | Violence、Visage Musique | ele-king http://t.co/HMbSZnXNeb 来日行こうかなー@rikky_psyche 08.14 11:20

ysht_500RT @naohironix: 知性と享楽、冷淡と耽美が折り合う世界 - ──シンセポップ・デュオ、Violence来日インタヴュー | Violence、Visage Musique | ele-king http://t.co/Y0G9HVtFln @___ele_king@ysht_500 08.15 08:07

nuttsponchonRT @naohironix: 知性と享楽、冷淡と耽美が折り合う世界 - ──シンセポップ・デュオ、Violence来日インタヴュー | Violence、Visage Musique | ele-king http://t.co/Y0G9HVtFln @___ele_king@nuttsponchon 08.20 22:06

NEWS