ele-king Powerd by DOMMUNE

MOST READ

  1. Cremation Lily - Dreams Drenched in Static (review)
  2. Adrian Sherwood ——エイドリアン・シャーウッドが女性ダブ・アーティストのコンピレーションをリリースする (news)
  3. リコリス・ピザ - (review)
  4. interview with Shintaro Sakamoto 坂本慎太郎、新作『物語のように』について語る (interviews)
  5. Vladislav Delay ——ロシア占領下の18世紀フィンランドを主題にしたヴラディスラヴ・ディレイの新作は、〈Planet Mu〉からリリース (news)
  6. P.E. - The Leather Lemon (review)
  7. Autechre ──オウテカが未発表ライヴ音源集をリリース、計8時間弱 (news)
  8. The Ephemeron Loop - Psychonautic Escapism (review)
  9. There are many many alternatives. 道なら腐るほどある 第5回 反誕生日会主義 (columns)
  10. interview with Kikagaku Moyo 無国籍ロウファイ・サイケデリア (interviews)
  11. Spiritualized - Everything Was Beautiful (review)
  12. edbl ──トム・ミッシュ以降を担う新世代、エドブラックの日本デビュー作がクリア・レッド・ヴァイナルでリリース (news)
  13. Nicolás Jaar, Other People ──ニコラス・ジャーが20世紀後半のポーランドの前衛/実験音楽をコンパイル (news)
  14. Jeff Mills ──早くもジェフ・ミルズの新作がリリース (news)
  15. Ghostly Kisses - Heaven, Wait (review)
  16. 7g classic's ——元RCサクセションのgee2woによる新プロジェクト始動 (news)
  17. Cate Le Bon - Pompeii (review)
  18. FEBB ──幻の3rdアルバムがリリース (news)
  19. Funkadelic - Maggot Brain (review)
  20. Lucrecia Dalt ──コロンビア出身ベルリン拠点のプロデューサー、ルクレシア・ダルトによるホラー映画のサントラ (news)

Home >  News > AFX - ──え、こんどはAFX名義での新作だってさ(トレーラー映像公開!)

AFX

AFX

──え、こんどはAFX名義での新作だってさ(トレーラー映像公開!)

Jul 02,2015 UP

 『Analoard』シリーズはよりシンプルでグルーヴ重視しているからAFX、「Fenix Funk 5」はよりプログラミングされているからエイフェックス・ツイン名義って彼は言っていたけれど、それぞれの名義との違いって、あんまないんだよね。いかれたアシッドを追求したコースティック・ウィンドウ名義ほどの名義による際だった特徴はなかったような。ただ、AFX名義は、よりラフで、好きなように実験している感はあるかも。あるいは、紙エレキングのインタヴューで、もうAphex Twin名義はないかもと言っているから、そういうことかもしれないし、たんに契約上のことかもしれないし。
 ま、とにかくリチャード・D・ジェイムス様がまたもや新作を出すわけです。リリースは8月18日、タイトルは『ORPHANED DEEJAY SELEK 2006-2008』。『Computer Controlled Acoustic Instruments pt2 EP』も良かったから、期待しちゃいましょう!

トレーラー映像&新曲「serge fenix Rendered 2」はコチラ!
http://www.beatink.com/Labels/Warp-Records/Aphex-Twin/BRE-51/

 以下、情報拡散たのむぜ。

完全復活を遂げたエイフェックス・ツインこと
AFX名義で10年振りとなる新作のリリースを発表!!!
新曲とトレーラー映像が公開!

昨年9月、エイフェックス・ツインの13年振りのオリジナル・アルバム『Syro』をリリースし、僅か4ヶ月後には同じくエイフェックス・ツイン名義で『Computer Controlled Acoustic Instruments pt2 EP』をリリース、その直後『Syro』がグラミー賞を獲得するなど、長い沈黙を破って以降、怒涛の勢いでリリースを続けているリチャード・D・ジェイムスが今度はAFX名義で新作をリリースすることが決定。新曲「serge fenix Rendered 2」とトレーラー映像が公開された。

「Analogue Bubblebath」や後に「Digeridoo」と改名された「Aboriginal Mix」をはじめとする初期の代表曲、アシッド・ハウスやデトロイト・テクノへのオマージュ、そして代名詞であるドリルンベースのアプローチが初めて本格的に姿を現したときにも使用されるなど、リチャードのキャリアを語る上で欠かせないのが、このAFXプロジェクトである。『ORPHANED DEEJAY SELEK 2006-2008』と冠された本作は、2003~2005年にかけてリリースされた『Analoard』シリーズから10年振りとなるAFX名義での最新作である。

90年代オマージュに溢れるアートワークはもちろんザ・デザイナーズ・リパブリックが担当。国内盤にはオリジナル・ステッカーが封入され、初回生産盤のみアナログ盤を模した穴開き特殊紙ジャケット仕様。なおタワーレコードでは購入者にオリジナル・クリアファイル、HMVではオリジナル・ロゴ・バッヂ、diskunionではオリジナル・ジャケットデザイン・バッヂ、amazonではオリジナル・ロゴ・マグネットをプレゼント。また対象店舗でアルバムを予約するとさらにオリジナルAFXロゴ・ステッカーがもらえる。