ele-king Powerd by DOMMUNE

MOST READ

  1. Lana Del Rey - Norman Fucking Rockwell! (review)
  2. ヤプーズ情報 ──『ヤプーズの不審な行動 令和元年』は12月11日発売 (news)
  3. Columns FKA Twigs スクリュードされた賛美歌 (columns)
  4. Yatta - Wahala (review)
  5. LORO 欲望のイタリア - (review)
  6. interview with Floating Points ストリングスと怒りと希望のテクノ (interviews)
  7. Wool & The Pants - Wool In The Pool (review)
  8. FTARRI FESTIVAL 2019 ──国内外の実験/即興音楽の現在が集結する最後の祭典が開催 (news)
  9. Yves Tumor ──イヴ・トゥモアが再来日 (news)
  10. Grischa Lichtenberger - Re: Phgrp (Reworking »Consequences« By Philipp Gropper's Philm) (review)
  11. クライマックス - (review)
  12. マスターズ・アット・ワーク来日直前特別対談 時代を越える存在──DJ NORI と Dazzle Drums が語る MASTERS AT WORK (news)
  13. BLACK OPERAって何だ? ――V.I.I.M × BLACKSMOKER、ラッパーたちによるオペラ! (news)
  14. Adrian Sherwood, Roots Of Beat & Exotico De Lago ──エイドリアン・シャーウッドの来日公演にオーディオ・アクティヴ、ドライ&ヘヴィの面々からなる新バンドが出演、エキゾティコ・デ・ラゴも (news)
  15. Politics 消費税廃止は本当に可能なのか? (3) (columns)
  16. Columns Kim Gordon キム・ゴードン、キャリア史上初のソロ・アルバムを聴く (columns)
  17. interview with BBHF 歓びも、悲しみも痛みもぜんぶ (interviews)
  18. interview with KANDYTOWN 俺らのライフが止まることはないし、そのつもりで街を歩く (interviews)
  19. Columns Stereolab ステレオラブはなぜ偉大だったのか (columns)
  20. Daichi Yamamoto - Andless (review)

Home >  News > BASS WORKS RECORDINGS presents Terry Farley - ──スギウラム主催のパーティに永遠のソウルボーイ、テリー・ファーリーが出演!

BASS WORKS RECORDINGS presents Terry Farley

BASS WORKS RECORDINGS presents Terry Farley

──スギウラム主催のパーティに永遠のソウルボーイ、テリー・ファーリーが出演!

Sep 03,2015 UP

 UKミュージックの格好良さというのは、ある意味ではジョー・ストラマー的開かれ方──ロックから入って、ソウル、レゲエ、ジャズ、ファンク、そしてディスコやハウスへとどんどん広がってくことだろう。そう、どんどん広がってはいくが、何でもアリってものではない。そこには厳密な、枠組みがある。それはファッション雑誌のモデルのような服装など、間違ってもしなことと似ている。
 〈ボーイズ・オウン〉というレーベルは、そういう意味で何から何までUKらしいレーベルだった。音楽の選び方、服装の選び方、フットボールへの愛情……何から何まで(ちなみにこのレーベルを母体に、後にアンダーワールドやケミカル・ブラザースが世に出て行く)。
 そのレーベルの創設メンバーのひとりだったテリー・ファーレイ、大ベテランのDJがスギウラムの〈BASS WORKS RECORDINGS〉主宰にて来日します。
 9月19日、場所は表参道 ARC。最高の夜になります。

■BASS WORKS RECORDINGS presents Terry Farley
9月19日(土曜日)
22:00 open/start
3,000 YEN w/1D
DJs : Terry Farley, Sugiurumn, Chida
info : http://clubarctokyo.com

※テリー・ファーレイの来日を記念して、2010年にHORIZONからリリースされたSugiurumnの名曲ACID 2 ACIDのTerry Farley & Justin DrakeによるリミックスをBass Worksよりデジタル・リイシュー。

テリー・ファーレイ

 ジュニア・ボーイズ・オウン(Junior Boys Own)レーベルの創設者であるロンドン出身のテリー・ファーリーはアンダーワールドとケミカル・ブラザースをこの世界に紹介した功績で知られている。彼は80年代後半からUKクラブ・カルチャーのオリジネイターとして現在まで活動続けている。

 彼のスタイルは30年以上変わらずアンダーグランドであり続けている、50年代のスカ、レゲエ、60年代のソウル、70年代のファンクとレア・グルーヴ、そして80年代のシカゴ・ハウスとアシッド・ハウス、彼が熱心に追い続けてきた音楽はすべてパーティーのためのダンスビートだ。

 ボーイズ・オウンはテリーと友人のアンディ・ウエザーオールやアンダーワールドのマネージャーであるスティーヴ・ホール、パーティ・オーガナイザーであるサイモン・エッケルトらにより創設され、アンダーグラウンドなパーティやストリート・ファッションに関するファンジンの創刊、リアルなパーティのオーガナイズ、さらにレーベルを立ち上げる。その後本格的なレーベルとしてジュニア・ボーイズ・オウン(以下JBO)を創設、ケミカル・ブラザーズ、アンダーワールド、エクスプレス・2など数多くのアーティストを世に送り出した、彼はイギリスのクラブ・カルチャーの土台を作った世代の中心人物だ。

 2013年に彼が監修した初期アシッド・ハウス、シカゴ・ハウスの5枚組コンピレーション『アシッド・レイン』はディスクロージャーやエックス・エックスなどの新世代がディープ・ハウスを再発見、再構築してゆくなかで大きな話題となり、2014年には第二弾である「アシッド・サンダー」が発売となった。


※〈BASS:WORKS:RECORDINGS〉のスギウラム、インタヴュー(取材:与田太郎)

 2013年のスタートからこのおよそ2年間、毎週新曲をリリースするというクレイジーな偉業を続けてきた〈BASS:WORKS:RECORDINGS〉。2015年4月に品番100を超え、この夏から新しいフェーズに突入した。以下、ライター/DJの与田太郎が、その主宰者スギウラムにインタヴュー。
 レコード・ショップの閉店、配信への転換、フェス化するクラブ・シーン、Apple Musicなど急激に変わりゆく音楽やシーンなどなど、アクティブでしかもユーモアを持ってぶつかってきた彼に訊いてみた。

■いよいよ新章スタートっていう感じだね、すごいエネルギーで動いてそうだけどいろいろ大変でしょ?

スギウラム(以下、S):いま、大変だよ。いろいろあるけど、レーベルの運営とかパーティをやっている人たちのマインドが会社の仕事としてやってるか、個人の運営なのかで全然違うのが大問題なんだよね。みんななにか新しいことをやろうって言ってるけど、それがもう全然違うって言うか。100番まで来て、なにか変えようと思ったんだよね。もう毎週出すのもいいかなって。やっぱりリリースごとにもうちょっと注目してほしいし、毎週だとかなりスルーされちゃうんだよね。

■でもいまオーディエンスはレーベルを追っかけるっていうより、それぞれのトラックやアーティストでチェックしてるからなんじゃない? それでもベース・ワークスの毎週出すっていう姿勢はすごいと思う、続けられるなら続けてほしいけどね。ジャンルにもとらわれない感じも面白かったしね。

S:でも、その役目はもう果たしたような気もするんだよね。それに、実際いま音楽そのものが盛り上がってないんだよね、みんな新しいものを探してないっていうか。配信だろうがCDだろうが、ヤバイ音楽だったらみんなチェックするでしょ、でも以前のようになにか面白いものを探してる人も減ってるみたいだし。

■そうだね、そういう人は減ってるだろうね。みんな特定のカテゴリーしかチェックしないもんね。俺はむしろダンス・ミュージックやパーティーに出会っていろんな音楽を聴く楽しみを知ったけどね。

S:そうだよね。でもレーベルの話に戻るけど、まわりからいろいろ聞かれるんだよ、「毎週出すことになんか意味あるの?」とかさ。じゃあ意味あるものってなんだよ、とか思いつつ、でもそれもわかるっていうか、ひと昔前と比べてもみんなほんとに音楽買わないもの。メジャーのレコード会社ってどうしてるんだろうね?

■過去の膨大なカタログを少人数で回すことでやってるんだと思うよ。あとはマネージメントやイベント制作も始めてるし。そういう会社の仕事とは関係ないところでやってるなら毎週リリースは続けてほしいけどね、無理にやる必要はないけど。

S:そうだね、でも時々「来週のリリースがない!」みたいな時に、いつも俺が曲を作らないといけないかったりするからね。アルバムの制作が全然進まないんだよ(笑)。あとはほんとに手応えがないんだよね、前は良くも悪くもいろんな反応があったんだけど、いま全然ない時もあるから。ちょっとペース・ダウンするぐらいがちょうどいいのかなとも思ってるんだ。前はエネルギーが有り余ってたから、とにかくなにかやってないと気が済まなかったけど、最近は考える時間もあってちょうどいいと感じてるんだ。

■俺たちも30年ぐらい音楽やってるけど、なにかになるのは50年ぐらいからかもね。なにかになろうとも思ってないし、やめられもしないけど。

S:そうだね、ずーっと面白くなくなったら辞めると思ってたけど、そんなことまたく思わないね。それが情熱ってことだよね。

■ DJってさほんとに凄い瞬間作れるからね、あの体験してしまうとやめれないよね。

S:それをまた忘れちゃうしね(笑)。

■だから毎週リリースは続けてほしいんだよね、自分たちもそうだったようにベース・ワークスはいつも誰かを巻き込んでいてほしいっていうかね。それに誰にでも声かけれる人って杉浦くんしかいないんじゃない?

S:いや、もう全員に声かけたけどね(笑)。なかなかむずかしいんだよ。一緒にやってる、Nao NomuraとOSAKAMANは最高だよ。ほんとお互い助け合ってうまくやってるよ。このメンバーじゃなかったら絶対出来てなかったと思う。他にこんなくだらないことやる人いないしね。与田さんも前から言ってたけど、続けていくには工夫が必要じゃない? いまはその工夫も大変でさ、アイデア考えるのも。どうやったらわかってもらえるかなんだけど、情報がありすぎて難しくなってるよ。パーティーの仲間やオーディエンスに面白いやつはいっぱいいるんだけどね、そういうやつらが知らないっていうとちょっとうれしかったりするんだけど。だた、そういう人たちに気づいてもらうって、別のエネルギーがいるからね。
 塩屋亮潤っていうお坊さん知ってる? 千日回峰行っていうこの1300年で二人しかできなかった修行をやりとげた人なんだけど。千日回峰行は7年ぐらいかけてやるんだけど、毎日30キロとか40キロを歩く修行でさ、間に9日間、飲まず食わず眠らずっていう期間があって、やり遂げるのがほんとに難しい荒業で。それをやったお坊さんが本を何冊か書いてて、これがほんとに凄いのよ。ほんとの話が一番凄いっていうね。心の強さがハンパないんだよ。千日回峰行ってさ1日も休めないんだよ。だからいつも短刀と首を吊る紐を持ってるわけ、やめるときは死ぬときなんだ。世界的な探検家とかさ、凄い人の話をいっぱい聞いたけどこの人の話しとアントニオ猪木自伝が一番凄かったよ。

■毎週リリースも千日回峰行みたいなもんだからね。

S:そうなんだよ、それにグっときちゃってさ(笑)。

■そうだね、俺も杉浦くんの「ライバルは少年ジャンプだから」って言葉にグっときたからね(笑)。

S:この塩屋亮潤の言葉がさ、「私は人に夢と希望を与える仕事をしている。同情されたらおしまいだ」ってほんとカッコイイんだよ。同じような話なんだけど、日本一掃除がうまいおばさんの『プロフェッショナルの仕事』見た?

■(笑)見てない。

S:メチャ面白かったよ、中国から日本に帰化して働きはじめるんだけど、厳しい上司の下で働くんだよ。ものすごくがんばって、掃除のコンテストに出て優勝するんだ。それを上司に報告したらさ、その上司が「あなたが優勝することはわかってました」っていうのよ。そのシーンが最高で(笑)。そのあとに今度は羽田空港で窓拭きのプロの人がでてくるんだけど、そのおばさんも羽田で働いてるから、番組が窓拭きの人に会わせるんだ。そしたらさ、窓拭きの人が見たこともないような道具を使って仕事をしてるのを見て、「かっこいいー!」っていうのよ、(笑)最高でしょ。

■(笑)最高だね。でもそのお坊さんでも、掃除のおばさんでもなにか突き詰めたら喜びも発見できるし、見えなかったものが見えてくるっていうのはそうなんだね。DJもパーティもそうだもんね。

S:ほんと今の状態ってすべてが重なった結果だと思うんだ、震災とかレコード・ショップがなくなったりさ、誰でも簡単に曲が作れるようになったりとか、iPhoneで音楽聴くようになったり、風営法のこととかね。この数年間で同時に重なった出来事の結果、いままでのやり方が難しくなったよね。でも、俺ってほんとにもうだめだって思った時になにかが見えるんだよね。だからさ、制作費もリミックスとかでも予算がなくったけど、自分ですべてやることでエンジニアリングやマスタリングの技術もわかってきたし、なによりひとりで作るのが楽しいんだよね。
 俺さあ、いろんな場所でいつも一番最後まで元気なんだよ。それがね、俺よりも元気な卓球さんに会って(笑)、「あれ!」俺と同じ人がいる!って思ったんだよ。それにすごい勇気づけられたよ。最近またそういう元気な人が周りに増えてるような気がする。

■それは、そういう人が残ってるからじゃない(笑)。

S:まさにスティーヴ・ジョブスのアップルの宣伝だよね、あの「クレイジーな人たちがいる~Think different」の。これからまた盛り上がってほしいよね、パーティーも。

■波みたいなものだからね。

S:どういうふうに盛り上がるんだろうね?

■でもそれが想像できた試しがないね。

S:そうなんだよな、いつも予想外の流れがやってくるのが面白いよね。新しい科学反応っていうか、それがまた面白くて続けてられるってこともあるからね。特にいまは音楽だけじゃなくって世の中全体があんまりよくないじゃない。ネットで起きてることも、みんな極端なことばかり主張するから普通に常識のある人たちが黙るようになってるし、ほんとはそういう人の声も響いてほしいんだけど。

■そういうタイミングがきっと来ると思いたいね。

S:それが俺の続けていられる理由なんだ、この先になにかがあるって感じてるんだよね。ちょっと前まではそれが見えなかったんだけど、ようやくこの先に来るものを見るまでとてもやめられないって気がしてきたんだよね。なんなのかはわかないんだけど、これから面白いことが起きるって感じが凄いんだよね。それが原動力になってる。

■もう25年ぐらい続いてるからね、楽しいと思いながらやることが。

S:そうだね、90年代前半から姿勢は変わってないからな。でも俺の場合はいつも時代からちょっとずれてるんだよね、渋谷系にも入れてもらえなかったし。高円寺生まれだからいれてもらえなかったんだろうな(笑)。

■杉浦くんはもともと渋谷系とかを目指したわけでなくて楽しいことを追っかけてただけだしね、それは俺もそうなんだけど。

S:そのままやってきて、残っている人とは話が通じるしね。リッチー・ホウティンがいいこと言ってたんだけど、なんでパーティをやってるのか聞かれて、「自分とおなじような人を探すため」って言ってたんだよね。それよくわかるんだよね、自分とおなじような感覚をもってるやつをずっとさがしてるって、ほんとそれだと思うんだよ。

■ずーっとそうだよね、杉浦くんのやってることを場面ごとでしか知らないとわかりにくいけど、全部の流れでみると全然変わってないもんね。

S:俺も常に新しいものっていうか、ヤバいものを探してるからやれてると思うんだ。バンドの時でも、ハウスの時でもあったことだけど、ある程度経験したら同じことをちょっと変えたりしたらこなせる瞬間ってあったんだけどね。でもどうしても全部捨てて新しいことに突っ込んじゃうんだよね。それからしばらくはほんと大変なんだけど、まさに苦行っていうか荒業だよ(笑)。DJはじめた時も、レーベルでもそうだけど、わかってもらうのに時間かかるからね、こっちが本気だってことをね。

■ジャンルやカテゴリーの問題じゃなくて生き様の問題だね。

S:どうなるんだろうね、これから。

■まったくわからないね、ほんと予想できない。

S:この10年ぐらい、パーティーにアンセムがないじゃない、みんながかける曲ってなくなったよね。特にジャンルをクロスオーバーするような。それってDJもいろんな音楽を探してないってことだよね。そういう曲がないのか。

■フェスや大きなイベントで盛り上がることとクラブ・カルチャーが別のことにもなってるし。もっとクローズドなパーティが増えてもいいと思うんだけど。

S:それも難しいかな、俺たちの世代はまだ日本にないものが多かったからね。自分たちで始めるしかなかったことが多いけど、いまは型だけだとしても全部あるから。情報すらなかったのはよかったのかもね。想像力使ったし、本気で憧れたもん。

■杉浦くんはまだその情熱が続いてるね。ところで杉浦くん、自分の昔の曲聴く?

S:まったく聴かない(笑)。まえはエレクトリック・グラス・バルーンの曲とか、スギウラム初期の曲とか恥ずかしいとか照れくさいってのがあったけど、いまはまったくないね(笑)、むしろかわいいっていうか。

■昔から聴かないよね、自分の曲。

S:そうだね、だからクラブで曲聴いて「お!この曲かっこいい」って思って「この曲なに?」ってDJに聞いたら自分の曲だったってことよくあるよ(笑)。とくにこの1~2年は多いね。ほんとメチャつくってるからね。それでベース・ワークスが100リリースになったから自分の曲とリミックスが何曲あるか数えてみたら74曲もあったよ!(笑)。それプラス、このまえのアルバムだからね。他のレーベルで作ったリミックスとか入れたら100曲ぐらいあるよ、この1年半から2年で。だから3日に1曲は作ってるんだよね、そりゃスキルもあがるよ(笑)。

■はやくそうしてればよかったのに。

S:そうなんだよね、やっててほんと面白いよ。エンジニアリングとかメチャ向いてると思うもん(笑)。こんな面白いことを人にやらせてたなんて!(笑)。DJでもほんと自在にできるようになったし、レーベルも始めたしね。

■成長しつづけたんだ(笑)。

S:そういう流れが大事だったかもね、リッチー・ホウティンも〈コクーン〉から出て自分のエンターはじめたみたいな。俺と同い年だし、リッチー、リカルド、ダブファイヤー、みんな同級生なんだ。でも、ダレン・エマーソンは年下なんだよ、おまえ何歳で「REZ」作ってるんだよって。うらやましいよね。すぐそこにあるってさ。でも日本人って見た目が若いじゃない、それでカルチャーの遅れを取り戻せるって気がしてるんだよね(笑)。俺なんか海外で44歳にみられたことないからね、アメリカで酒買うときにパスポートみせると、店員が「すいませんでした!」って感じだから。

■杉浦くんは見た目とかでなくて本当にパワーあるから大丈夫だよ(笑)。

http://sugiurumn.com/
http://bass-works-recordings.com/

後日談:結局〈BASS:WORKS:RECORDINGS〉は毎週リリースを継続中! 9月のラインナップは以下の通り。

9/2 Lyoma Captured / mudhand (BWR112)
https://soundcloud.com/…/sets/lyoma-caputured-mudhand-bwr112
9/9 BBL Minako'S:Snare / Going Out (BWR113)
https://soundcloud.com/…/sets/bbl-minakos-snare-going-out-b…
9/16 SUGIURUMN ACID 2 ACID Terry Farley and Justin Drake NY After HourS:Remix (BWR114)
https://soundcloud.com/…/sugiurumn-acid-2-acid-terry-farley…
9/23 OSAKAMAN Colombia / Guatemala (BWR115)
9/30 SUNSEAKER 589 (BWR116)

TWEET

___ele_king___バック・トゥ・ベーシック。UKのDJカルチャーのもっとも格好いいところはここにある。テリー・ファーリーがスギウラムのパーティで来日。http://t.co/ioacgMjhLj@___ele_king___ 09.3 14:10

symbolixRT @___ele_king___: バック・トゥ・ベーシック。UKのDJカルチャーのもっとも格好いいところはここにある。テリー・ファーリーがスギウラムのパーティで来日。http://t.co/ioacgMjhLj@symbolix 09.3 14:18

YODATARORT @___ele_king___: バック・トゥ・ベーシック。UKのDJカルチャーのもっとも格好いいところはここにある。テリー・ファーリーがスギウラムのパーティで来日。http://t.co/ioacgMjhLj@YODATARO 09.3 14:22

YODATARO杉浦くんにインタビューしました、テリー・ファーレイもやってくる!http://t.co/XzTJHattWk@YODATARO 09.3 14:24

music_controlBASS WORKS RECORDINGS presents Terry Farley - ──スギウラム主催のパーティに永遠のソウルボーイ、テリー・ファーリーが出演! | ele-king http://t.co/S4TNUuChlJ @___ele_king___さんから@music_control 09.3 14:34

DjShu_maRT @YODATARO: 杉浦くんにインタビューしました、テリー・ファーレイもやってくる!http://t.co/XzTJHattWk@DjShu_ma 09.3 15:44

SUGIURUMN俺のインタビューも載ってます‼︎ RT @___ele_king___: バック・トゥ・ベーシック。UKのDJカルチャーのもっとも格好いいところはここにある。テリー・ファーリーがスギウラムのパーティで来日。http://t.co/XLvTXiv3Ot@SUGIURUMN 09.3 16:17

SUGIURUMNRT @YODATARO: 杉浦くんにインタビューしました、テリー・ファーレイもやってくる!http://t.co/XzTJHattWk@SUGIURUMN 09.3 16:23

reqterdrumerRT @SUGIURUMN: 俺のインタビューも載ってます‼︎ RT @___ele_king___: バック・トゥ・ベーシック。UKのDJカルチャーのもっとも格好いいところはここにある。テリー・ファーリーがスギウラムのパーティで来日。http://t.co/XLvTXiv@reqterdrumer 09.3 16:27

shinji_djshinzyRT @SUGIURUMN: 俺のインタビューも載ってます‼︎ RT @___ele_king___: バック・トゥ・ベーシック。UKのDJカルチャーのもっとも格好いいところはここにある。テリー・ファーリーがスギウラムのパーティで来日。http://t.co/XLvTXiv@shinji_djshinzy 09.3 16:42

reqterdrumerSugiurumnさんが、レーベルの事、パーティの事など…語ってます。毎週リリースする事で、レーベルとしての存在感をアピールする事は出来ますよね。http://t.co/nlsXZf2BQB @___ele_king___さんから@reqterdrumer 09.3 16:58

el_che0704RT @___ele_king___: バック・トゥ・ベーシック。UKのDJカルチャーのもっとも格好いいところはここにある。テリー・ファーリーがスギウラムのパーティで来日。http://t.co/ioacgMjhLj@el_che0704 09.3 17:03

nomunaoBASS WORKS RECORDINGS presents Terry Farley - ──スギウラム主催のパーティに永遠のソウルボーイ、テリー・ファーリーが出演! | ele-king http://t.co/HGVJrTAvp7 @___ele_king___さんから@nomunao 09.3 17:05

GanBanToyomaneRT @SUGIURUMN: 俺のインタビューも載ってます‼︎ RT @___ele_king___: バック・トゥ・ベーシック。UKのDJカルチャーのもっとも格好いいところはここにある。テリー・ファーリーがスギウラムのパーティで来日。http://t.co/XLvTXiv@GanBanToyomane 09.3 17:23

kenji_supernovaRT @YODATARO: 杉浦くんにインタビューしました、テリー・ファーレイもやってくる!http://t.co/XzTJHattWk@kenji_supernova 09.3 18:03

QuniakiRT @YODATARO: 杉浦くんにインタビューしました、テリー・ファーレイもやってくる!http://t.co/XzTJHattWk@Quniaki 09.3 19:28

e_kun195RT @YODATARO: 杉浦くんにインタビューしました、テリー・ファーレイもやってくる!http://t.co/XzTJHattWk@e_kun195 09.3 19:46

warp2warpRT @SUGIURUMN: 俺のインタビューも載ってます‼︎ RT @___ele_king___: バック・トゥ・ベーシック。UKのDJカルチャーのもっとも格好いいところはここにある。テリー・ファーリーがスギウラムのパーティで来日。http://t.co/XLvTXiv@warp2warp 09.3 19:49

warp2warpSUGIURUMNとインタビュアーの与田さんのDJそろい踏みのgroove tube FES'15はいよいよ今週日曜日だよたのしみー! http://t.co/SSzIyKXtQEhttp://t.co/pQoIjOg5Dr@warp2warp 09.3 19:50

gt072RT @warp2warp: SUGIURUMNとインタビュアーの与田さんのDJそろい踏みのgroove tube FES'15はいよいよ今週日曜日だよたのしみー! http://t.co/SSzIyKXtQEhttp://t.co/pQoIjOg5Dr@gt072 09.3 22:19

gt072RT @SUGIURUMN: 俺のインタビューも載ってます‼︎ RT @___ele_king___: バック・トゥ・ベーシック。UKのDJカルチャーのもっとも格好いいところはここにある。テリー・ファーリーがスギウラムのパーティで来日。http://t.co/XLvTXiv@gt072 09.3 22:19

lefthandsoundRT @SUGIURUMN: 俺のインタビューも載ってます‼︎ RT @___ele_king___: バック・トゥ・ベーシック。UKのDJカルチャーのもっとも格好いいところはここにある。テリー・ファーリーがスギウラムのパーティで来日。http://t.co/XLvTXiv@lefthandsound 09.3 23:46

FCK_FOREVERRT @___ele_king___: バック・トゥ・ベーシック。UKのDJカルチャーのもっとも格好いいところはここにある。テリー・ファーリーがスギウラムのパーティで来日。http://t.co/ioacgMjhLj@FCK_FOREVER 09.4 02:16

SUGIURUMNBASS WORKS RECORDINGS presents Terry Farley - ──スギウラム主催のパーティに永遠のソウルボーイ、テリー・ファーリーが出演! | ele-king http://t.co/W5zRK9PdYO @___ele_king___さんから@SUGIURUMN 09.4 08:03

skagaoRT @SUGIURUMN: BASS WORKS RECORDINGS presents Terry Farley - ──スギウラム主催のパーティに永遠のソウルボーイ、テリー・ファーリーが出演! | ele-king http://t.co/W5zRK9PdYO @___e@skagao 09.4 08:09

going49RT @SUGIURUMN: BASS WORKS RECORDINGS presents Terry Farley - ──スギウラム主催のパーティに永遠のソウルボーイ、テリー・ファーリーが出演! | ele-king http://t.co/W5zRK9PdYO @___e@going49 09.4 09:03

reqterdrumer特にいまは音楽だけじゃなくって世の中全体があんまりよくないじゃない。ネットで起きてることも、みんな極端なことばかり主張するから普通に常識のある人たちが黙るようになってるし、ほんとはそういう人の声も響いてほしいんだけど。(スギウラム)http://t.co/TDpL1WmQQi@reqterdrumer 09.4 09:04

Jolly_fukRT @reqterdrumer: 特にいまは音楽だけじゃなくって世の中全体があんまりよくないじゃない。ネットで起きてることも、みんな極端なことばかり主張するから普通に常識のある人たちが黙るようになってるし、ほんとはそういう人の声も響いてほしいんだけど。(スギウラム)http…@Jolly_fuk 09.4 10:50

lefthandsoundRT @nomunao: BASS WORKS RECORDINGS presents Terry Farley - ──スギウラム主催のパーティに永遠のソウルボーイ、テリー・ファーリーが出演! | ele-king http://t.co/HGVJrTAvp7 @___ele@lefthandsound 09.4 11:20

lefthandsoundRT @SUGIURUMN: BASS WORKS RECORDINGS presents Terry Farley - ──スギウラム主催のパーティに永遠のソウルボーイ、テリー・ファーリーが出演! | ele-king http://t.co/W5zRK9PdYO @___e@lefthandsound 09.4 18:27

masahirotスギさんのインタビューがとてもいい。 http://t.co/ldBptUtmq2 @___ele_king___さんから@masahirot 09.4 19:06

SUGIURUMN☺️👍✨ RT @masahirot: スギさんのインタビューがとてもいい。 http://t.co/W5zRK9PdYO @___ele_king___さんから@SUGIURUMN 09.4 19:16

xxxxx_FANTART @SUGIURUMN: ☺️👍✨ RT @masahirot: スギさんのインタビューがとてもいい。 http://t.co/W5zRK9PdYO @___ele_king___さんから@xxxxx_FANTA 09.4 19:22

lefthandsoundRT @SUGIURUMN: ☺️👍✨ RT @masahirot: スギさんのインタビューがとてもいい。 http://t.co/W5zRK9PdYO @___ele_king___さんから@lefthandsound 09.5 01:23

BASSWORKSRECRT @SUGIURUMN: BASS WORKS RECORDINGS presents Terry Farley - ──スギウラム主催のパーティに永遠のソウルボーイ、テリー・ファーリーが出演! | ele-king http://t.co/W5zRK9PdYO @___e@BASSWORKSREC 09.5 10:41

sio4948ほんといいっす!“@SUGIURUMN: ☺️👍✨ RT @masahirot: スギさんのインタビューがとてもいい。 http://t.co/GBGo4OlLiF @___ele_king___さんから”@sio4948 09.5 11:55

MusicPress_NewsBASS WORKS RECORDINGS presents Terry Farley - ──スギウラム主催のパーティに永遠のソウルボーイ、テリー・ファーリーが出演!http://t.co/yiemRJ2qaX#Music #ニュース #音楽 #iPhoneアプリ@MusicPress_News 09.5 22:00

Araki33RT @YODATARO: 杉浦くんにインタビューしました、テリー・ファーレイもやってくる!http://t.co/XzTJHattWk@Araki33 09.8 17:03

wire_staffRT @SUGIURUMN: BASS WORKS RECORDINGS presents Terry Farley - ──スギウラム主催のパーティに永遠のソウルボーイ、テリー・ファーリーが出演! | ele-king http://t.co/W5zRK9PdYO @___e@wire_staff 09.8 19:49

wire_staffRT @___ele_king___: バック・トゥ・ベーシック。UKのDJカルチャーのもっとも格好いいところはここにある。テリー・ファーリーがスギウラムのパーティで来日。http://t.co/ioacgMjhLj@wire_staff 09.8 19:49

Araki33RT @SUGIURUMN: BASS WORKS RECORDINGS presents Terry Farley - ──スギウラム主催のパーティに永遠のソウルボーイ、テリー・ファーリーが出演! | ele-king http://t.co/W5zRK9PdYO @___e@Araki33 09.8 20:08

KRKRKBASS WORKS RECORDINGS presents Terry Farley - ──スギウラム主催のパーティに永遠のソウルボーイ、テリー・ファーリーが出演! | ele-king http://t.co/dsCrulvRnR @___ele_king___さんから@KRKRK 09.8 20:46

marinokRT @SUGIURUMN: BASS WORKS RECORDINGS presents Terry Farley - ──スギウラム主催のパーティに永遠のソウルボーイ、テリー・ファーリーが出演! | ele-king http://t.co/W5zRK9PdYO @___e@marinok 09.8 21:06

lefthandsoundRT @YODATARO: 杉浦くんにインタビューしました、テリー・ファーレイもやってくる!http://t.co/XzTJHattWk@lefthandsound 09.9 00:19

wire_staffRT @SUGIURUMN: 俺のインタビューも載ってます‼︎ RT @___ele_king___: バック・トゥ・ベーシック。UKのDJカルチャーのもっとも格好いいところはここにある。テリー・ファーリーがスギウラムのパーティで来日。http://t.co/XLvTXiv@wire_staff 09.13 15:05

Araki33RT @SUGIURUMN: 俺のインタビューも載ってます‼︎ RT @___ele_king___: バック・トゥ・ベーシック。UKのDJカルチャーのもっとも格好いいところはここにある。テリー・ファーリーがスギウラムのパーティで来日。http://t.co/XLvTXiv@Araki33 09.13 15:06

NEWS