MOST READ

  1. Shobaleader One──スクエアプッシャー率いる覆面バンドがアルバムをリリース、来日公演も決定 (news)
  2. Call And Response Records ──日本はじつはインディ・ロックの宝庫 (news)
  3. interview with SHOBALERDER ONE音楽を破壊すべし (interviews)
  4. 弟の夫 - 田亀源五郎 (review)
  5. Columns Oneohtrix Point Never『Good Time』を聴く (columns)
  6. interview with Arca 夏休み特別企画:アルカ、ロング・ロング・インタヴュー(2) (interviews)
  7. !!! (Chk Chk Chk)──チック・チック・チックがニュー・アルバムをリリース (news)
  8. 子どもたちの階級闘争――ブロークン・ブリテンの無料託児所から - ブレイディみかこ (review)
  9. Columns Oneohtrix Point Never『Good Time』を聴く (columns)
  10. Juana Molina──フアナ・モリーナの来日が決定 (news)
  11. Shobaleader One──スクエアプッシャー率いるショバリーダー・ワンの新たなインタヴューが公開 (news)
  12. special talk : Shota Shimizu × YOUNG JUJU 特別対談:清水翔太 × YOUNG JUJU (interviews)
  13. KANDYTOWN - ──キャンディタウンがついにメジャー・デビュー (news)
  14. interview with Arca 痛み&&&電子&&音響 (interviews)
  15. Peaking Lights - The Fifth State Of Consciousness (review)
  16. special talk : ジョン・グラント × 田亀源五郎 - 何を歌い、どう描くか──ゲイ・アーティストたちのリアリティ (interviews)
  17. Lorde - Melodrama (review)
  18. Declan McKenna - What Do You Think About The Car? (review)
  19. Blanck Mass - World Eater (review)
  20. interview with Jeff Paker 話題作『The New Breed』のメンバーとの来日ライヴ直前スペシャル (interviews)

Home >  News > Funkstörung - ──伝説のファンクステルング来日、インタヴューも掲載

News

Funkstörung

Funkstörung

──伝説のファンクステルング来日、インタヴューも掲載

Oct 30,2015 UP
このエントリーをはてなブックマークに追加

 世はエレクトロニカ・リヴァイヴァルである。完全復活のAFX,アクトレス、アルカ、OPN、ローレル・ヘイロー、今年はプレフューズ73も復活したし……ポスト・ロックへの注目と平行してそれが存在感を増していった90年代後半の様相がそのまま移植されたかのようだ。
 ドイツのファンクステルングは、90年代後半のエレクトロニカ第一波における主役のひとつである。ビョークの「オール・イズ・フル・オブ・ラヴ」(1998年)は、オリジナルよりも彼らのリミックスのほうが人気があった。しかもそのヴァイナルは、メジャーではなく、〈ファットキャット〉という小さなレーベル(後にシガー・ロスやアニマル・コレクティヴを見出す)からのリリースだったのにも関わらず、相当にヒットした。また、その曲はビョークがエレクトロに/IDM的なアプローチを見せた最初期の曲でもあったので、エポックメイキングな曲ともなった。インダストリアルなテイストで、音をひん曲げたようなあのドラミングに誰もが驚き、「ファンクステラングって何もの?」となったわけである。当時は、「あれがグリッチ・ホップっていうんだよ」などと言っていたね。そう、彼らはその名の通り、IDMだろうがテクノだろうが、ファンキーなのだ。

 そんな伝説のプロジェクトが10年振りに復活して、新作を発表した。往年のファンはもちろん、最近この手の音にはまっている若い世代にまで評判が広まっている。そこへきて、11月7日には日本でのライヴも発表された。エレクトロニック・ミュージックの祭典、EMAF TOKYOへの出演だ(他にもアクフェンやヒロシ・ワタナベ、インナー・サイエンスなど大物が出演)。
 ここに彼らの復活を祝って、ミニ・インタヴューを掲載。記事の最後には、日本のためのエクスクルーシヴ・ミックスのリンク(これが格好いい!)もあります。
 読んで、聴いて、EMAFに行きましょう。

Funkstörung インタビュー

■マイケル、クリス、今回の来日を非常に楽しみにしています! 公演に先だって幾つか質問させて下さい。

F:ぼくらも楽しみだよ! もちろんさ。

■10年振りのニュー・アルバム『Funkstörung』のリリースおめでとうございます! 日本でもアルバムは好評ですが、先ずは再結成の経緯を教えて下さい。

F:ありがとう! 友人であるMouse On MarsのAndi Tomaが、ぼくらふたりを彼らの活動の21周年記念の作品である「21 Again」に誘ってくれたんだ。その際にぼくらふたりは多くのことを話したんだけど、Funkstörungを再結成する良い切っ掛けなのかもしれない、とお互いに考えたんだよね。いろいろな曲をふたりで聴きながら、すぐにぼくらは(しばらく活動を一緒にしていなかったんだけど)いまでも「波長が合っている」ことに気付いたんだ。

■ニュー・アルバム『Funkstörung』はModeselektor主催のMonkeytownレーベルからのリリースとなり、とても興奮しましたが、どういった経緯でMonkeytownからのリリースとなったのですか?

:とてもエキサイティングなことだよね。:-) Andi Toma(Mouse On Mars)がMonkeytown Recordsを薦めてくれたんだ。Monkeytownのリリースは好きだったし、Modeselektorを昔から知っていた事もあって直感的に良い事だと思ったね。

■本作ではAnothr、ADI、Audego、Jamie Lidell、Jay-Jay Johanson、Taprikk Sweezee(アルファベット順)という6組のゲスト・ヴォーカルが9曲で参加していますが、ヴォーカル作品を多く収録した意図やコンセプトなどを教えて下さい。またヴォーカルの人選はどのようにしたのですか?

:これと言ったコンセプトはないんだけど、敢えて言うなら成熟したアルバムを作りたかったんだ。ブレイクの多用や過剰なディテールへの拘りではなく「リアル」な曲を書きたかった。インストゥルメンタルの楽曲は、多くの場合ぼくらを満足されてくれないから、ヴォーカリストをフィーチャーしたアルバムを制作することに決めたんだ。何か人間的な要素、もしくは声が与えてくれるインスピレショーン、をぼくらは必要としていた。良い例なのが、親しい友人であり近所に住んでいる「Anothr」なんだけど、彼はいわゆる「インディ・ロック」の人で、複数の楽器を演奏するマルチプレイヤーなんだけど、何か特別な要素をぼくらの楽曲に与えてくれたよ。多くのことを彼から学んだね。SoundCloudを通して知り合ったオースラリアのシンガー「Audego」との制作も楽しかったね。彼女の声を聴いてぼくらは鳥肌が立つんだ。テルアビブの「ADI」はぼくらのマネージャーの友人なんだけど、ぼくらにとって完璧な調和と言えるモノになったよ。彼女は近くビッグスターになると思う、素晴らしいのひと言だね。「Jay-Jay Johanson」とは、古き良き時代からの知り合いで、もう15年前のになるのかな、当時の彼のアルバムをプロデュースしているんだ。「Taprikk Sweezee」はハンブルクで知り合った気の知れた友人で、過去にも多くの制作を一緒にしている。(Michael Fakeschのアルバム『Dos』のシンガーは彼なんだ)18年くらい前に初めて「Jamie Lidell」のパフォーマンスを見たんだけど、彼と制作を共に出来たことは夢の様だったね。いくつかの理由があって彼とは一緒に制作を行えていなかったんだけど、今回のアルバムでそれが叶ってとても誇りに思うよ。

■1995年に発表された「Acid Planet 1995」から20年経ちますが、制作や作品に関する一貫した考えはありますか?

:20年……。長い期間だよね? 実際には1992年に収録曲を制作していたから、20年以上音楽を作り続けていることになるよね……。Crazy! 一貫した考えと言えるのはたぶん、つまらない音楽を作りたくないということなんだと思うよ。ぼくらの楽曲は(多くの場合)いろいろな音やディテールが詰め込まれていて複雑だと思うんだけど、このアルバムに関して言うと(代わりに)いろいろなアイデアが楽曲に詰め込まれているんだ。リスナーをつまらない気持ちにさせたくないし、もっと言えばぼくら自身がつまらない気持ちになりたくないんだ。

■最新作に関する何か特筆するエピソードがあれば教えて下さい。

:一番特別なエピソードと言えば、ぼくらがこのアルバムを完成させたということだろうね。。10年間コミュニケーションを取っていなかったからね。こんなに長い期間を置いてからたFunkstörungとしてアルバムを完成させた、というのはとても特別なことだと思うね。

■現在はミュンヘンを拠点に活動されていると思いますが、ミュンヘンまたドイツの音楽やアートの状況に関して、マイケル、クリスが感じられる事を教えて下さい。

:多くの音楽、イベントなんかはたしかにあるんだけど、ぼくらはあまりそれらにコミットしていないんだ。スタジオに居て毎日音楽を作っている、只それだけなんだよ。;-)

■ 印象に残っている国、イベント、アーティスト等あったら教えて下さい。

:もちろんだよ。ビョークと一緒に仕事をした事は強烈な記憶として残っている。リミックスを2曲作っただけなんだけどね。魔法の瞬間だったよ、彼女の声をエディットしていたときっていうのは。その他にもニューヨークのグッゲンハイム美術館でパフォーマンスしたことは素晴らしかったね。Jamie Lidell、LambのLou Rhodesと仕事出来たことも特別だし……。Wu-Tang Clanのリミックスをしたことも……。オーストラリアでのツアーも……。この20年間、とても素晴らしい瞬間が幾つもあったね。

■ 今後のプラン等をお聞かせ下さい。

:新しい楽曲を制作していて、今年中に発表されるかもしれないんだ。12月には幾つかのライヴが控えている。新しいミュージック・ヴィデオも制作中だね。

■今回日本を訪れる際に、何か楽しみにしていることはありますか?

:和食を食べることだね! (本当に美味しいよね)他には、秋葉原にクレイジーなモノを探しに行くこと、渋谷のスクランブル交差点で人の波に押し潰されること、原宿で(流行の先端を行っている)ヒップスターたちを見ること、大阪のアメリカ村で買い物をする事こと。本当に日本ではクールなことがいろいろと出来るよね。今回は実現出来なさそうなんだけど、富士山に登るのも良いアイデアだね。(日本は大好きだし、いつも良い時間を過ごさせてもらってるよ!)

■最後に、日本の電子音楽リスナーにメッセージをお願いします。

:イベントで会えるのを楽しみにしてるよ!

Funkstörung▼プロフィール
 1996年結成、かつて、オランダの〈Acid Planet〉〈Bunker〉レーベルからアシッド・テクノ作品も発表していたドイツはローゼンハイム出身のマイケル・ファケッシュとクリス・デ・ルーカによるエレクトロニック・デュオ。それぞれのソロ名義ではセルフ・レーベル〈Musik Aus Strom〉からも作品を発表。
 エレクトロニカ、アンビエント、ヒップホップ、ポップスの要素を融合させたサウンドをベースに穏やかな風が吹き抜ける草原と溶岩が流れ出す活火山の風景が同居したかのような、未知のエクスペリメンタル・ポップを生み出し、爆発的人気を博す。
 99年のリミックス・アルバム『Adittional Productions』における、ビョークやウータン・クランといった大物たちのリミックスで知名度を上げ、00年に1stアルバム『Appetite For Distruction』をリリース。脱力したヴォーカルと感電したラップが絡み合う、メロウかつ鋭い金属質のブレイク・ビーツ・サウンドでその実力を遺憾なく発揮し、テクノ界に新風を吹き込んだ。クリストファー・ノーラン監督映画『メメント』の日本版トレーラーにビョーク「All Is Full Of Love (Funkstorung Mix)」が起用された事でも注目を集める。またテイ・トウワをはじめ日本のリミックスなども手掛け、国内外において非常に高い評価を得ている。 
 2015年、活動休止を経てモードセレクター主宰レーベル〈Monkeytown〉から10年振りに新作を発表、ゲスト・ヴォーカルとして、ジェイミー・リデルをはじめ、ハーバートやテイ・トウワ作品に参加してきたドイツ人シンガーのタプリック・スウィージー、スウェーデン人シンガーのジェイ・ジェイ・ヨハンソンらが参加。究極に研ぎ澄まされたトラックをポップソングまで昇華させた最高傑作が誕生した。
http://www.funkstorung.com

        **********************

★新作情報
『Funkstörung』-Funkstörung
https://itunes.apple.com/jp/album/funkstorung/id998420339

★来日情報
11月7日(土曜日)EMAF TOKYO 2015@LIQUIDROOM
http://www.emaftokyo.com

★エクスクルーシヴ・ミックス音源
Funkstörung Exclusive Mix for Japan, Oct 2015
https://soundcloud.com/emaftokyo/funkstorung-phonk-set-oct-2015



Funkstörung interview

I'm looking forward to your appearance at EMAF Tokyo. Could I have some questions prior to the event please?

We are looking forward to it, too!!! Sure.

Congratulations on the release of your new album entitled "Funkstörung".
1. How the reunion of the unit come about?

Arrogate Gozaimasu!
Our friend Andi Toma (Mouse On Mars) invited us to do a song with Mouse On Mars for their anniversary record '21 again'. We met and talked a lot and soon we thought this might be a good chance to reactivate Funkstörung. After listening to loads of songs we instantly recognized that we are still on the 'same wavelength'...

The album "Funkstörung" has been released on Monkeytown Records run by Modeselektor.
2. What has made you decide to release the album on the label?

I'm so excited about this. :-)
Andi Toma recommended Monkeytown to us...and since we liked the MTR releases and knew the Modeselektor guys from back in the days, we had a good feeling about it.

There are 6 vocalists featured for 9 tracks in this album. (To name all alphabetically, ADI, Anothr, Audego , Jamie Lidell, Jay-Jay Johanson and Taprikk Sweezee)
3.  What was your intention / concept about these vocalist selections?

We had no real concept, but somehow we wanted to do a grown-up album. Instead of focusing on breaks and an overload of details we wanted to write 'real' songs. Since instrumental tracks don't satisfy us most of the times we decided to do a vocal album. We needed that human element and as well the inspiration vocals give us. Anothr, who is a close friend and neighbour is the best example: He added some special flavour to our songs since he is more a kinda 'Indie Rock' guy and multiinstrumentalist...we learned a lot from him. Australian singer 'Audego' we found via soundcloud was really a pleasure to work with, Her voice really gave us goose bumps. ADI from Tel Aviv is a friend of our manager and for us it was a perfect match. She is going to be a big star soon...she is brilliant! Jay-Jay Johanson we knew from 'the good old times'...we have been producing one of his albums almost 15 years ago. Taprikk Sweezee is a good friend from Hamburg with whom we have been working a lot together in the past (he is the singer on Michael Fakesch's album 'Dos'...) Jamie Lidell was a dream to work with from the day we saw him playing for the first time (which is about 18 years ago)...due to different reasons we never managed to work with him and so we are extremely proud that this time it really happened.

20 Years have been passed since the release of "Acid Planet 13" in 1995.
4. Is there any consistent thoughts behind your production throughout?

Long time...isn't it? In fact we did those track back in 1992, which means we are doing music since over 20 years...crazy!

Maybe the most consistent thought is that we don't wanna do boring music. That's the reason why our songs are often so complex with loads of sounds and details and -like on this album- with loads of ideas within the song. We just don't wanna bore people...and even more important we don't wanna bore ourselves.

5. If there's a special story / episode regarding the latest album, it would be great to hear it.

The most special story is that we really did this album...after not talking to eachother for 10 years. I think this is something very special if you re-unite after such a long time.

You are currently based in Munich, Germany.
6. Could you tell us about your opinions on a situation music (and/or) art in Munich / Germany are in? (from each of you, please?)

There is definitely a lot music, events, etc. going on but we are kind of isolated from all that. We are sitting in our studios all day making music and do nothing else ;-)

7. Please let us know of any countries, events or artists you have been impressed by and would still remember?

Of course one of the most intense memory from the past was working with Björk. Even if we only did two remixes, but to work with her vocals was a very magic moment. Besides to that playing at Guggenheim Museum New York was amazing...also working with Jamie Lidell or Lou Rhodes from Lamb was very special....or remixing Wu-Tang...and our Australia tour...oh man...we had some great moments over the last 20 years.

8. Please let us know of your upcoming plans. (Excuse me if this is too fast to ask..) 

We are working on new tracks right now (which might be released already this year) and we're going to play some live shows coming up in December. There is also a few new videos in the making.

9. Is there any particular thing(s) you've been looking forward to do in Japan? 

...to eat Japanese food (which we love!), to check out all the crazy toys in Akihabara, to get squashed a Shibuya crossing, to see all the super hippsters at Harajuku, to do some shopping at american village Osaka...oh man, there is so much cool stuff to do in Japan. Actually it would have been great to walk up Mount Fuji, but unfortunately it's not the right time :-(...anyway...we love Japan and always had a great time there!

10. Lastly, please leave a message for electronic music listeners in Japan.

Come to our concerts!! We hope to see you guys there!


TWEET

news_japan24Funkstörung - ──伝説のファンクステルング来日、インタヴューも掲載 https://t.co/V1HImFeHvr@news_japan24 10.30 17:29

iroiro_news247Funkstörung - ──伝説のファンクステルング来日、インタヴューも掲載 https://t.co/9hPkapG5tw@iroiro_news247 10.30 17:29

___ele_king___またひとつ、伝説のエレクトロニカ・ユニットが復活しました。11月7日には来日もあります。ドイツのファンクステルング。インタヴューも掲載、ミックス音源のリンクもあります。どうぞお楽しみください。https://t.co/uKomAiRcc1@___ele_king___ 10.30 17:40

_d0d1e_RT @___ele_king___: またひとつ、伝説のエレクトロニカ・ユニットが復活しました。11月7日には来日もあります。ドイツのファンクステルング。インタヴューも掲載、ミックス音源のリンクもあります。どうぞお楽しみください。https://t.co/uKomAiRcc1@_d0d1e_ 10.30 17:43

ashrasonicRT @___ele_king___: またひとつ、伝説のエレクトロニカ・ユニットが復活しました。11月7日には来日もあります。ドイツのファンクステルング。インタヴューも掲載、ミックス音源のリンクもあります。どうぞお楽しみください。https://t.co/uKomAiRcc1@ashrasonic 10.30 17:43

wish_mountainFunkstörung - ──伝説のファンクステルング来日、インタヴューも掲載 | ele-king https://t.co/WjOv7NQyW9 カナ表記はファンクステルング? ファンクストラング? ウムラウト記号の発音(カナ表記)は未だによくわかりません。。。@wish_mountain 10.30 17:49

waqutechreRT @___ele_king___: またひとつ、伝説のエレクトロニカ・ユニットが復活しました。11月7日には来日もあります。ドイツのファンクステルング。インタヴューも掲載、ミックス音源のリンクもあります。どうぞお楽しみください。https://t.co/uKomAiRcc1@waqutechre 10.30 17:54

zeroset999RT @___ele_king___: またひとつ、伝説のエレクトロニカ・ユニットが復活しました。11月7日には来日もあります。ドイツのファンクステルング。インタヴューも掲載、ミックス音源のリンクもあります。どうぞお楽しみください。https://t.co/uKomAiRcc1@zeroset999 10.30 18:02

akuzimotRT @___ele_king___: またひとつ、伝説のエレクトロニカ・ユニットが復活しました。11月7日には来日もあります。ドイツのファンクステルング。インタヴューも掲載、ミックス音源のリンクもあります。どうぞお楽しみください。https://t.co/uKomAiRcc1@akuzimot 10.30 18:08

LIQUIDROOMRT @___ele_king___: またひとつ、伝説のエレクトロニカ・ユニットが復活しました。11月7日には来日もあります。ドイツのファンクステルング。インタヴューも掲載、ミックス音源のリンクもあります。どうぞお楽しみください。https://t.co/uKomAiRcc1@LIQUIDROOM 10.30 18:08

gonpashinRT @___ele_king___: またひとつ、伝説のエレクトロニカ・ユニットが復活しました。11月7日には来日もあります。ドイツのファンクステルング。インタヴューも掲載、ミックス音源のリンクもあります。どうぞお楽しみください。https://t.co/uKomAiRcc1@gonpashin 10.30 18:14

miyazakiroyRT @___ele_king___: またひとつ、伝説のエレクトロニカ・ユニットが復活しました。11月7日には来日もあります。ドイツのファンクステルング。インタヴューも掲載、ミックス音源のリンクもあります。どうぞお楽しみください。https://t.co/uKomAiRcc1@miyazakiroy 10.30 18:23

SINN_NOISERT @___ele_king___: またひとつ、伝説のエレクトロニカ・ユニットが復活しました。11月7日には来日もあります。ドイツのファンクステルング。インタヴューも掲載、ミックス音源のリンクもあります。どうぞお楽しみください。https://t.co/uKomAiRcc1@SINN_NOISE 10.30 18:27

jbmhr96Funkstörung - ──伝説のファンクステルング来日、インタヴューも掲載 https://t.co/hUhitFtVVN #music #feedly@jbmhr96 10.30 18:49

EMAF_TOKYORT @___ele_king___: またひとつ、伝説のエレクトロニカ・ユニットが復活しました。11月7日には来日もあります。ドイツのファンクステルング。インタヴューも掲載、ミックス音源のリンクもあります。どうぞお楽しみください。https://t.co/uKomAiRcc1@EMAF_TOKYO 10.30 19:01

kynmstrRT @___ele_king___: またひとつ、伝説のエレクトロニカ・ユニットが復活しました。11月7日には来日もあります。ドイツのファンクステルング。インタヴューも掲載、ミックス音源のリンクもあります。どうぞお楽しみください。https://t.co/uKomAiRcc1@kynmstr 10.30 19:09

progressiveformRT @___ele_king___: またひとつ、伝説のエレクトロニカ・ユニットが復活しました。11月7日には来日もあります。ドイツのファンクステルング。インタヴューも掲載、ミックス音源のリンクもあります。どうぞお楽しみください。https://t.co/uKomAiRcc1@progressiveform 10.30 20:07

nik_PFRT @___ele_king___: またひとつ、伝説のエレクトロニカ・ユニットが復活しました。11月7日には来日もあります。ドイツのファンクステルング。インタヴューも掲載、ミックス音源のリンクもあります。どうぞお楽しみください。https://t.co/uKomAiRcc1@nik_PF 10.30 23:15

sabadragonRT @___ele_king___: またひとつ、伝説のエレクトロニカ・ユニットが復活しました。11月7日には来日もあります。ドイツのファンクステルング。インタヴューも掲載、ミックス音源のリンクもあります。どうぞお楽しみください。https://t.co/uKomAiRcc1@sabadragon 10.30 23:21

EMAF_TOKYO来日目前!Funkstörung新譜初日本語インタビュー@___ele_king___公開!https://t.co/Ttx7DkKh8O新譜@hostessofficial☞https://t.co/WjETWZShkR TT☞https://t.co/Ac4ROP7IUU@EMAF_TOKYO 10.30 23:37

progressiveformFunkstörung | ele-king https://t.co/gyG310gBPz@progressiveform 10.31 11:31

DelaCMFLGRT @___ele_king___: またひとつ、伝説のエレクトロニカ・ユニットが復活しました。11月7日には来日もあります。ドイツのファンクステルング。インタヴューも掲載、ミックス音源のリンクもあります。どうぞお楽しみください。https://t.co/uKomAiRcc1@DelaCMFLG 10.31 13:11

nik_PFRT @EMAF_TOKYO: 来日目前!Funkstörung新譜初日本語インタビュー@___ele_king___公開!https://t.co/Ttx7DkKh8O新譜@hostessofficial☞https://t.co/WjETWZShkR TT☞https:…@nik_PF 10.31 16:21

hostessofficialRT @EMAF_TOKYO: 来日目前!Funkstörung新譜初日本語インタビュー@___ele_king___公開!https://t.co/Ttx7DkKh8O新譜@hostessofficial☞https://t.co/WjETWZShkR TT☞https:…@hostessofficial 10.31 23:50

nostarRT @EMAF_TOKYO: 来日目前!Funkstörung新譜初日本語インタビュー@___ele_king___公開!https://t.co/Ttx7DkKh8O新譜@hostessofficial☞https://t.co/WjETWZShkR TT☞https:…@nostar 11.1 13:48

progressiveformRT @EMAF_TOKYO: 来日目前!Funkstörung新譜初日本語インタビュー@___ele_king___公開!https://t.co/Ttx7DkKh8O新譜@hostessofficial☞https://t.co/WjETWZShkR TT☞https:…@progressiveform 11.2 12:15

jkbyRT @EMAF_TOKYO: 来日目前!Funkstörung新譜初日本語インタビュー@___ele_king___公開!https://t.co/Ttx7DkKh8O新譜@hostessofficial☞https://t.co/WjETWZShkR TT☞https:…@jkby 11.2 12:18

progressiveformFunkstörungは明日11月7日(土曜日)、2004年2月以来となるので約11年9ヶ月振りの東京公演です!本日無事大阪に着いたようで、本日は大阪conpassでFrank Bretschneiderらとイベント。... https://t.co/qqFPprGOs9@progressiveform 11.6 21:25

mttb2ccpFunkstörung - ──伝説のファンクステルング来日、インタヴューも掲載 | ele-king https://t.co/9D9I3fjd16 @___ele_king___さんからファンクストラング復活してたんやね!@mttb2ccp 06.7 22:44

0nigir1Funkstörung - ──伝説のファンクステルング来日、インタヴューも掲載 | ele-king https://t.co/Rejccril4H @___ele_king___さんから@0nigir1 12.18 23:04

NEWS