ele-king Powerd by DOMMUNE

Home >  News > DIE KRUPPS Live in Tokyo 2015 - ──俺のカラダの筋肉はどれをとっても機械だぜ

DIE KRUPPS Live in Tokyo 2015

DIE KRUPPS Live in Tokyo 2015

──俺のカラダの筋肉はどれをとっても機械だぜ

Nov 10,2015 UP

 ディー・クルップスがやって来る! この年の瀬にやって来る! ついに初来日公演とあいなった! 今回ディー・クルップスは、とあるシンポジウムに参加するために来日することになり、その日程に合わせて急きょライヴがブッキングされたのだ。

 首謀者、ユールゲン・エングラーが中心となり、ディー・クルップスは1980年にデュッセルドルフで結成された。オーソドックスなバンド編成にメタル・パーカッション、電動工具やミニマル・エレクトロまでもが融合したサウンドは、時に社会や政治に対し挑戦的な姿勢をとる。同時代のアインシュトゥルツェンデ・ノイバウテンなどに比べると、はるかにアッパーでストレートだ。彼らの代表曲『Whare Arbeit-Wharer Lohn』(真の労働・真の報酬)は、ドイツのニューウェイヴの<アンセム>ともいえる存在だ。その後はEBM(エレクトリック・ボディ・ミュージック)シーンの立役者として注目され、ニッツァー・エブのようなフォロアーたちを生み出した。いわば、1980年代ドイツ音楽シーンの代名詞的存在なのだ。現在ではアグレッシヴなギターをフィーチャーした「インダストリアル・メタル・マシーン・ミュージック」と呼ばれる独自のスタイルを確立し、数千人単位のフェスティヴァルにも出演するほどの、名実ともにドイツ屈指のバンドへと成長した。

 「とにかく日本のファンの前で演奏したい」と言う彼らの情熱は計り知れない。今回は初来日にして、ライヴ公演はわずか1回のみという貴重な機会となった。デビュー当時から使用されている「シュターロフォン」(自作メタル・パーカッション、重量は60kg以上!)を引っ提げて、ディー・クルップスが東京を強襲する! この機会に、彼らの体の筋肉は、どれをとっても機械なのか、その目で確かめていただきたい。
(小柳カヲル)

Line Up:
Jurgen Engler (Vocals)
Ralf Dorper (Synthesizer)
Marcel Zurcher (Guitar)
Volker Borchert (Drums)
Nils Finkeisen (Guitar)


【DIE KRUPPS Live in Tokyo 2015】
2015年12月8日 (火)
東高円寺 U.F.O.Club http://www.ufoclub.jp/
開場 19:00 / 開演 20:00
前売:¥3,500(+D) / 当日:¥4,000(+D)
(主催:Suezan Studio / U.F.O.Club)

講演の詳細やチケット予約方法は特設サイトをご覧ください。
http://suezan.com/krupps/