ele-king Powerd by DOMMUNE

MOST READ

  1. Dave - Psychodrama (review)
  2. Brandee Younger - Soul Awakening (review)
  3. R.I.P. Philippe Zdar (news)
  4. interview with Black Midi 自分自身を解体するアート (interviews)
  5. interview with Joe Armon-Jones ジョー・アーモン・ジョーンズ来日特別インタヴュー (interviews)
  6. Scan 7 ──デトロイトのスキャン7が20年ぶりにアルバムをリリース (news)
  7. Caterina Barbieri - Ecstatic Computation (review)
  8. Rest In Peace Philippe Zdar ──フレンチ・タッチの重要人物、フィリップ・ズダールが死亡 (news)
  9. Floating Points ──フローティング・ポインツ、待望の新曲をレヴューします (news)
  10. WXAXRXP ──今年で30周年を迎える〈Warp〉がオンライン音楽フェスを開催、NTS Radio にて100時間以上にわたる特別番組を放送 (news)
  11. Mikako Brady ──ブレイディみかこの新刊は、よりラディカルに新境地を切り拓く (news)
  12. !!! (Chk Chk Chk) ──チック・チック・チックがニュー・アルバムをリリース (news)
  13. Dave - Game Over (review)
  14. こんにちでもなお ガイガーカウンターを手にすれば「ラジウム・ガールズ」たちの音を 聞くことができる - ──映画『ラジウム・シティ~文字盤と放射線・知らされなかった少女たち~』、アルバム『Radium Girls 2011』 (review)
  15. 16FLIP × Georgia Anne Muldrow ──ISSUGI が 16FLIP 名義でシングルをリリース、ジョージア・アン・マルドロウが客演 (news)
  16. The Caretaker - Everywhere At The End Of Time - Stage 6 (review)
  17. Flatlines ──〈ハイパーダブ〉がサブレーベルを始動、なんとマーク・フィッシャーをリリース (news)
  18. Flying Lotus ──衝撃を与えた映画『KUSO』がまさかの再上映決定 (news)
  19. Helm - Chemical Flowers (review)
  20. The Comet Is Coming ──UKジャズのキイパーソン、シャバカ・ハッチングスのザ・コメット・イズ・カミングが新作をリリース (news)

Home >  News > TOKYO BLACK STAR - アレックス・フロム・トーキョーのレーベル〈World Famous〉第一弾が素晴らしいです

TOKYO BLACK STAR

TOKYO BLACK STAR

アレックス・フロム・トーキョーのレーベル〈World Famous〉第一弾が素晴らしいです

Nov 13,2015 UP

 アレックス・フロム・トーキョーが新設したレーベル〈World Famous〉(世界で有名)からの第一弾……Tokyo Black Starの新作EP「Edo Express EP」がリリースされてから早10日が経っている。
 ええと、アリックスクン……ではなくアレックスは、90年代後半の東京のアンダーグラウンド・シーン、それも当時“ディープ・ハウス”と呼ばれたシーンで活躍した在日フランス人DJで、ここ10年以上は、ずうっとニューヨークを拠点にワールド・フェイマスな活躍をしてらっしゃる(欧米/アジアの主要都市をはじめ、先日もはコロンビアでDJしたそうで、毎年必ずイスラエルでもまわしている)。「明日なき世界で暮らしているかのような熱狂」のなかで、DJをし続けているのだという。
 で、熊野功雄(エンジニアとして有名)とのプロジェクト、Tokyo Black Starの4曲入りの新作「Edo Express(江戸急行) EP」がレーベルの第一弾として先頃リリースされたってわけ。
 そのなかの曲、“Mitokomon”を聴いてみよう。

 なぜか江戸時代の政治家の名前が曲名になっているのだが、曲はとてもユニークな(アップセッターズがハウスをやったような)ラテン・ディープ・ラガ・ハウスで、主旋律はまるで昔の西部劇のようだ。
 彼らが好きなエレクトロ・ファンクな曲もあれば、“Meltdown”などという、電力自由化を控えた我々にとって、ある意味実に重たい主題を投げかけるような曲もある。いずれにせよ、密度の高い4曲です。ぜひレコード店で手にとって欲しい。

NEWS