ele-king Powerd by DOMMUNE

MOST READ

  1. New Order ──すでに話題のニュー・オーダー来日情報 (news)
  2. Calexico / Iron & Wine - Years To Burn (review)
  3. Tunes Of Negation ──音楽にまだ未開の領域はあるのか、シャックルトンの新プロジェクトがすごい! (news)
  4. Laura Cannell - The Sky Untuned / Laura Cannell, Polly Wright - Sing As The Crow Flies (review)
  5. There are many many alternatives. 道なら腐るほどある 第8回 電車の中で寝転がる人、ボルタンスキーの神話 ――2019年8月11日に見たものの全て (columns)
  6. Solange - When I Get Home (review)
  7. Khruangbin - 全てが君に微笑む / Khruangbin - Hasta El Cielo (review)
  8. KODAMA AND THE DUB STATION BAND - @六本木Varit (review)
  9. interview with Yutaka Hirose よみがえる1986年の環境音楽 (interviews)
  10. Floating Points ──フローティング・ポインツがDJセット音源を公開 (news)
  11. R.I.P. Ras G (news)
  12. Random Access N.Y. vol. 118:2019年のNYで金延幸子の『み空』を聴く Sachiko Kanenobu ‘Misora’ listening party at red wing heritage (columns)
  13. interview with South Penguin サイケデリック新世代が追い求める「美しさ」とは (interviews)
  14. There are many many alternatives. 道なら腐るほどある 第7回 ゆるい合意で、がんがん拡大 ――身を委ねてはいけない諸々について (columns)
  15. Columns TINY POPというあらたな可能性 (columns)
  16. Neneh Cherry × Four Tet ──ネナ・チェリーが新作をリリース、プロデュースはフォー・テット (news)
  17. Battles ──バトルスがニュー・アルバムをリリース、新曲を公開 (news)
  18. There are many many alternatives. 道なら腐るほどある 第3回 映画『金子文子と朴烈』が描かなかったこと (columns)
  19. Moodymann - Sinner (review)
  20. Politics 反緊縮候補たちの参院選 (columns)

Home >  News > SWIMFUL - ――上海のプロデューサー、SWIMFULが新作『PM2.5』を携え来日

SWIMFUL

SWIMFUL

――上海のプロデューサー、SWIMFULが新作『PM2.5』を携え来日

Feb 02,2016 UP

  いま上海のベース・ミュージックが熱い。そのシーンを牽引するのが、多くの世界的なDJたちがプレイしてきたクラブ、シェルターのオーナーが運営するレーベル〈SVBKVLT(サブカルチャー)〉で、レーベルは日本のPart2Styleとも交流している。今回、レーベルの期待のホープ、SWIMFULが新作『PM 2.5』のリリース・パーティを東京で行う。オリエンタルな旋律を持ったグライムはサイノ・グライムと呼ばれ、それがSWIMFULの得意とするスタイルだ。イギリス出身で上海在住という彼の作品からは、外部から見た東洋のイメージが、現在どのように描写されうるのかを知ることができ興味深い(なにせPM2.5である)。来日公演は2月7日、渋谷の虎子食堂で開催される。

SWIMFUL“PM2.5 ”Release Party

日程:
2016年2月7日日曜日

会場:
渋谷 虎子食堂
(東京都渋谷区宇田川町10−1 パークビル2F)

時間:
Open 18:00
Close 00:00

料金:
1000円

DJ:
Swimful(SVBKVLT) from Shanghai
Zodiak
TUM(VOID)
Tenmusu
Sakana
NODA

MC:
Dekishi


SWIMFUL

イギリス出身のジェイミー・チャールトンによるプロジェクト。現在、チャールトンは上海に在住。2010年、ロンドンでサウンド・アートをデヴィッド・トゥープらのもとで学ぶ傍ら、SWIMFUL名義で活動を開始する。彼のグライムや現行のクラブ・ミュージックに根ざした作品は、スラック、マーロ、スクラッチャDVA、そしてJキャッシュらによってプレイされてきた。2016年2月、上海のレーベル〈SVBKVLT〉から満を持してアルバム『PM 2.5』をリリース。

Swimful: http://soundcloud.com/swimful
SVBKVLT: http://svbkvlt.bandcamp.com

NEWS