ele-king Powerd by DOMMUNE

MOST READ

  1. Carl Michael Von Hausswolff - Addressing The Fallen Angel (review)
  2. Vladislav Delay ──ヴラディスラフ・ディレイがニュー・アルバムをリリース (news)
  3. JME - Grime MC (review)
  4. Jagatara2020 ──復活目前のじゃがたら、ライヴ会場先行販売ほか店舗限定特典&パネル展の開催が決定 (news)
  5. Oli XL - Rogue Intruder, Soul Enhancer (review)
  6. Jeff Parker ──ジャズ・ギタリストのジェフ・パーカーが新作をリリース (news)
  7. Columns 「ハウスは、ディスコの復讐なんだよ」 ──フランキー・ナックルズの功績、そしてハウス・ミュージックは文化をいかに変えたか (columns)
  8. Sefi Zisling - Expanse (review)
  9. Columns NYクラブ・ミュージックの新たな波動 後編:進化する現代のレイヴ・カルチャー (columns)
  10. Columns TINY POPというあらたな可能性 (columns)
  11. パラサイト 半地下の家族 - (review)
  12. φonon ──佐藤薫主宰の〈フォノン〉が新たに2作品をリリース (news)
  13. Daniel Lopatin ──映画『アンカット・ダイヤモンド』がまもなく Netflix で配信開始、制作ドキュメンタリーが公開中 (news)
  14. Columns tiny pop sound cloudガイド (columns)
  15. 編集後記 編集後記(2019年12月30日/野田努) (columns)
  16. MAE.SUN ──ネオソウルとジャズの新たな蜜月、ヘイリー・ニスワンガー率いるバンドが新作を発表 (news)
  17. tiny pop ──いまじわじわと広がりつつある「tiny pop」初のコンピがリリース (news)
  18. Ovall - Ovall (review)
  19. interview with J. Lamotta Suzume 自由であるためのレッスン (interviews)
  20. ralph ──気鋭の若手ラッパーがファーストEPをリリース、プロデュースは Double Clapperz (news)

Home >  News > 森は生きている『グッド・ナイト』のアナログ盤におけるまさかの展開

森は生きている『グッド・ナイト』のアナログ盤におけるまさかの展開

森は生きている『グッド・ナイト』のアナログ盤におけるまさかの展開

Apr 19,2016 UP

 森は生きているの、結局最後のスタジオ録音盤となった『グッド・ナイト』は最後にはならなかった。『グッド・ナイト』はこの度ミックスし直され、音も多少加わり、歌もパートによって多少変えられ、アートワークも変わり(裏ジャケが表に来ている)、つまり生まれ変わってアナログ盤としてリリースされる。言わば『グッド・ナイト』の別ヴァージョン。
 それは、本来ならこうだった、こうあるはずだったものに戻されているらしい……しかし、音楽において本来ならこうあるはずだったものなどない。大局的にみれば、すべてはそのときのすべての諸条件によって決定されるもので、結局のところ、このバンドが解散したのも、自らの幻をどこまでも追い求めてしまったからなのだろう。森は生きているには、最初から儚い感覚があった。
 が、そうした彼ら(首謀者は岡田+増村)だからこそ創出されたサウンドが森は生きているの魅力だった。このアナログ盤はその極みかもしれない(噂によれば、解散直前のライヴが素晴らしかったというのだけれど、いつか聴ける日が来るのだろうか……)。
 ソフト・ロックというジャンル用語は、ハード・ロック全盛の70年代における、ある種のイロニーも含まれていたかもしれないし、「ハード」に対立する「ソフト」だった。ところがソフト・ロックの内側の「ハード」を見たときに夢はさらに広がり、それを2010年代の日本で森は生きているという名前のバンドが演奏し、録音した。その夢をさらに完璧にするために、彼らは手を加えた。目が覚めないうちにやるしかなかった。2枚組アナログ盤ヴァージョンの『グッド・ナイト』、ぜひ聴いて欲しい。

森は生きている
グッド・ナイト [Analog]

Pヴァイン
Amazon


NEWS