ele-king Powerd by DOMMUNE

MOST READ

  1. The 1975 - A Brief Inquiry Into Online Relationships (review)
  2. Columns TINY POPというあらたな可能性 (columns)
  3. Merzbow - Monoakuma (review)
  4. Paulius Kilbauskas - Elements (review)
  5. FEBB ──昨年逝去したラッパー FEBB の一周忌に、追悼イベント《STILL SEASON》が開催 (news)
  6. interview with Gang Gang Dance ギャング・ギャング・ダンス来日直前インタヴュー (interviews)
  7. STUMM433 ──デペッシュ・モードやニュー・オーダーまで、50組以上のアーティストが「4分33秒」をカヴァー (news)
  8. Phony Ppl ──ジ・インターネットと並び称されるNYのソウル・バンド、フォニー・ピープルの新作がリリース (news)
  9. On-U Sound ──コンピ・シリーズ《Pay It All Back》の最新作が3月にリリース (news)
  10. ともしび - / サンセット - 監督・脚本:ネメシュ・ラースロー
    出演:ユーリ・ヤカブ『サウルの息子』、ヴラド・イヴァノフ『エリザのために』 ほか
    2019/ハンガリー、フランス/カラー/ハンガリー語、ドイツ語/142分
    (review)
  11. Eartheater - IRISIRI (review)
  12. Big Joanie - Sistahs (review)
  13. 山口美央子 - トキサカシマ (review)
  14. Allysha Joy - Acadie : Raw (review)
  15. Norhern Soul ──『ノーザン・ソウル』、この最高な映画を見たらスリムのデニムを履けなくなる (news)
  16. 彼女は頭が悪いから - 姫野カオルコ (review)
  17. ZULI - Terminal (review)
  18. interview with Laraaji ニューエイジの伝説かく語りき (interviews)
  19. BOOMBOX&TAPES ──カセットテープ愛好家に送る豪華なジンが創刊 (news)
  20. Mike - War in My Pen (review)

Home >  News > ele-king特別対談に続報! ゲイ・エロティック・アートの巨匠・田亀源五郎が描いたジョン・グラントTシャツが発売決定

ele-king特別対談に続報! ゲイ・エロティック・アートの巨匠・田亀源五郎が描いたジョン・グラントTシャツが発売決定

ele-king特別対談に続報! ゲイ・エロティック・アートの巨匠・田亀源五郎が描いたジョン・グラントTシャツが発売決定

Aug 05,2016 UP

 ジョン・グラントは、ゲイとして歌うことを少しも恐れていないシンガーだ。その痛み、喜び、孤独、愛を赤裸々にさらけ出し、HIVポジティヴであることも公表し、さらにはその心境をも歌っている。だから彼が日本に来ると聞いたとき、僕が会ってほしいと真っ先に思ったのが田亀源五郎氏だった。田亀氏こそ、日本でゲイとして表現することをもっとも恐れていないアーティストのひとりだからだ。ゲイ・エロティック・アートというのは、ゲイであるということを肯定する、その支えになるはずのものだ。形は違えども、両者の表現にはゲイとして生きることがたしかに刻まれている。
 そうして実現した対談は、想像していた以上に熱を帯びたものになった。ゲイ・カルチャーの現在をヴィヴィッドに伝えるものになったとも思う。僕は立ち会いながら真摯な対話に胸を打たれるばかりだった。

 そして、その貴重な出会いは思わぬ続報をもたらしてくれた。ジョン・グラントは今月のHOSTESS CLUB ALL-NIGHTERで再来日することが決まっているが、その際に田亀源五郎氏がイラストを手がけたジョン・グラントの日本限定Tシャツが発売されるそうだ。田亀源五郎のタッチがたしかに感じられるクールな仕上がり。率直に言って、大手アパレルが手がけたプライド・コレクション系のアイテムよりも、ひと癖もふた癖もある絶妙なものになっていると思う。両者のファンだけでなく、先日の対談で興味を持たれた方にもぜひチェックしていただきたい。

 フロリダのゲイ・クラブで起きた銃乱射事件の数日後、ジョンはコンサートでカイリー・ミノーグをゲストに迎えて“グレイシャー”を歌いあげた。対談でも話題になった曲だ。僕は田亀氏の『弟の夫』の連載を毎月読みながら、その曲の歌い出しのことを思い返す……「自分の人生を生きたいだけ 知る限りのいちばんいいやり方で」。そして『弟の夫』に目を戻すと、そこではゲイたちの「自分の人生」が丹念に描かれている。あらためて、この特別な出会いを祝いたいと思う。 (木津 毅)



NEWS