ele-king Powerd by DOMMUNE

MOST READ

  1. interview with Eiko ishibashi 音をはこぶ列車/列車をはこぶ音 (interviews)
  2. Amen Dunes - Freedom (review)
  3. Jamie Isaac - (4:30) Idler (review)
  4. Jim O'Rourke - sleep like it’s winter (review)
  5. Autechre - @恵比寿 LIQUIDROOM (review)
  6. Sigur Rós - Route One (review)
  7. 食品まつり a.k.a Foodman ──ニュー・アルバム『ARU OTOKO NO DENSETSU』をリリース (news)
  8. Brandon Coleman ──ブランドン・コールマンが〈Brainfeeder〉と契約、ニュー・アルバムをリリース (news)
  9. The Sea And Cake - Any Day (review)
  10. Columns PSYCHEDELIC FLOATERS そもそも「サイケデリック・フローターズ」とはなんなのか? (columns)
  11. KANDYTOWN ──キャンディタウンがついにメジャー・デビュー (news)
  12. 編集後記 編集後記(2018年7月17日) (columns)
  13. Random Access N.Y. vol.101:USインディにおける手作りのフェスの良さ (columns)
  14. Ben Khan ──エレクトロニック・ファンクの新鋭、ベン・カーンがデビュー・アルバムをリリース (news)
  15. Brainfeeder ──〈ブレインフィーダー〉日本初のポップアップ・ショップが登場&フライング・ロータス監督映画作品が上映 (news)
  16. Derrick May デリック・メイよ、だからもう来なくても……いや来てくれてありがとう (news)
  17. interview with Jim O’Rourke 私は音楽を楽しみのために作っているわけではありません(笑) (interviews)
  18. ゲッベルスと私 - (review)
  19. Silent Poets - @渋谷WWW (review)
  20. interview with Eiko Ishibashi 音の回廊、二面の歌 (interviews)

Home >  News > Bowler Room R1 - ──ボウリング × テクノ!? 一風変わったクラブ・イベントが笹塚ボウルにて開催

Bowler Room R1

Bowler Room R1

──ボウリング × テクノ!? 一風変わったクラブ・イベントが笹塚ボウルにて開催

Mar 09,2017 UP

 これは誰も思いつかなかった組み合わせではないでしょうか。ボウリングとテクノだなんて、いやはや、このイベントを企画された方には脱帽の一言です。出演者には若手の電子音楽家・Kazumichi KomatsuやVENTを中心に活動するDJ・ERICA、D.A.N.のDaigo Sakuragiなど、興味深い名前が並んでおります。電子音楽が通常とは異なる空間でどう機能するかを試みる野心的なイベントのようですが、でも……ボウリングをしながらダンス? それってどうやるの? これを読んでいる皆さんの頭の中にもハテナ・マークが大量発生していることと思います。3月31日、笹塚ボウルまで行って確認しましょう。

Bowler Room R1

弾けるピンと脈打つミニマルのパラレルな異空間、
ボウリングと電子音響が織り成す新感覚のクラブ・ナイトBowler Roomが笹塚ボウルにて開催。

Bower Room R1
2017.03.31 fri at Sasazuka Bowl Tokyo
START 24:00 DOOR ¥1,500
1 GAME ¥700 *FREE rental shoes

Live Performance:

Kazumichi Komatsu (madegg)
+ Shun Ishizuka & Tomohito Wakui

DJ:

ERICA
Daigo Sakuragi [D.A.N.]
SlyAngle [melting bot]

#Bowling #Club #Art
#Electronic #Minimal #Techno

※全ドリンク500円 *一部のドリンクを除きます。
※年齢が確認出来るIDを必ずご持参下さい。
※ボウリングの際は無料の専用シューズを必ず着用して下さい。
※ボウリングはマストではありませんが、本イベントの主旨でもありますので、1ゲームでもご参加下さい。

投げるもよし、踊るもよし、しゃべるもよし、飲むもよし、まずはみんなでボウリングをしましょう。何故なら貴方の投げるボウルによって倒れるピンの音が本イベントにおける一番の参加なのです。そしてその高揚感とダンス・ミュージックを通じて、踊ることだけでなく、空間として、状況として、体験として、新しい“音の楽しみ方”を試みるアートであり、またボウリングとクラブを掛け合わせたファン・パーティであり、ボウリング場の環境音と最も隙間が多くダンス・ミュージックとして機能的なミニマル・テクノ/ハウスを混ぜ合わせた空間的な実験音楽イベントでもある、Bowelr Roomはこの3つのレイヤーによって構成された新感覚のクラブ・ナイトです。

ラウンド1のゲスト・アクトは表参道のクラブVENTを核に活動するERICAのDJと電子音楽家から美術家への道も歩み始める奇才Kazumichi Komatsu (madegg)と盟友のデザイナー/映像作家Shun Ishizukaと同じく美術家/音楽家でもあるTomohito Wakuiの3者による本イベントのみとなるライブ・パフォーマンス、Bowler Room主催のDaigo Sakuragi (D.A.N.)とSlyAngle (melting bot)がレジデントDJを務めます。


Kazumichi Komatsu (madegg)
1992年高知県南国市生まれ。京都市在住。2009年よりMadegg名義での音楽活動を始め、フィールドレコーディング、 ソフトウェアを使用したコラージュの制作を開始。2013年「SonarSoundTokyo」に出演。これまでに国内外のレーベル・パブリッシャーから3枚のフル・アルバム、複数のEPを発表している。空間環境との接触を「新しい忘却」と解釈しモジュレーションすることで、詩的情報化を検証する作品を展開。
https://soundcloud.com/madegg/


ERICA
1992年、香川生まれ。ジャンルに捕らわれず、浮遊感溢れた音を響き合わせて独自の空間を形成して行く。
https://www.mixcloud.com/erika-yokogawa/


Daigo Sakuragi [D.A.N.]
1994年生まれ。東京出身。D.A.N.のメンバーとして2014年から活動する。2016年からDJの活動を始める。


SlyAngle [melting bot]
音楽Dとしてレーベル / プロモーター〈melting bot〉を主宰、イベント〈BONDAID〉も不定期で開催、電子音楽とダンス・ミュージックを中心に音をむさぼる折衷主義者。
https://soundcloud.com/slyangle

------------

主催: Daigo Sakuragi / melting bot
協力: Sasazuka Bowl

http://meltingbot.net/event/bowler-room-r1

NEWS