ele-king Powerd by DOMMUNE

MOST READ

  1. interview with Terre Thaemlitz 移民、ジェンダー、クラブ・カルチャーと本質主義への抵抗 (interviews)
  2. interview with Darkside (Nicolás Jaar & Dave Harrington) 冒険するモダン・ポップ・ミュージック (interviews)
  3. R.I.P. Biz Markie 追悼 ビズ・マーキー (news)
  4. What's in My Playlist 5 さらばロサンゼルス (columns)
  5. interview with Bobby Gillespie & Jehnny Beth 愛し、愛するのをやめること (interviews)
  6. Eli Keszler - Icons (review)
  7. R.I.P. 南正人 (news)
  8. interview with 食品まつり a.k.a foodman 食品まつり、〈ハイパーダブ〉からの初の作品について早口で喋る (interviews)
  9. interview with Ravi Coltrane 母アリス・コルトレーンの思い出 (interviews)
  10. いま聴くべきダンス・ミュージック6選 - (review)
  11. What's in My Playlist 1 (columns)
  12. interview with Kaoru Sato 甦る、伝説のエレクトロ・ノイズ・インダストリアル (interviews)
  13. クライマックス - (review)
  14. Goldie ──『Timeless』の25周年記念盤がリリース (news)
  15. Island People - II (review)
  16. downstairs J - basement, etc... (review)
  17. interview with Jouska ノルウェーはとくにラッキーな国だと思う。僕たちほとんどの国民が政府を信じているし (interviews)
  18. こんにちでもなお ガイガーカウンターを手にすれば「ラジウム・ガールズ」たちの音を 聞くことができる - ──映画『ラジウム・シティ~文字盤と放射線・知らされなかった少女たち~』、アルバム『Radium Girls 2011』 (review)
  19. interview with 『映画:フィッシュマンズ』 私たちがこの映画を作った理由 (interviews)
  20. interview with Acid Mothers Temple アシッド・マザーズ物語 (interviews)

Home >  News > 能地祐子×萩原健太「米国音楽好きのためのクラシック音楽入門」

能地祐子×萩原健太「米国音楽好きのためのクラシック音楽入門」

能地祐子×萩原健太「米国音楽好きのためのクラシック音楽入門」

May 24,2017 UP

 『アメクラ』から『アメグラ』へと。先日、音楽ライターの能地祐子さんが著書『アメクラ! アメリカン・クラシックのススメ』をDU BOOKSから刊行しましたが、クラシックですか~、自分には敷居が高いっす……などと言うなかれ。じつはこの本、アメリカのロック/ポップス好きが読んだらすごく面白い本なんです。アメリカのクラシック界が、じつはアメリカーナやビーチボーイズやフィル・スペクターへとつながっている? という視点から描かれた画期的な本です。で、アメリカ音楽好きと言えば、昨年、ele-king booksから『アメリカン・グラフィティから始まった』を刊行した萩原健太さんです。というわけで『アメクラ』から『アメグラ』へと。
 6月11日(日)15:00~17:00、下北沢のB&Bにて、トークショー、能地祐子×萩原健太「米国音楽好きのためのクラシック音楽入門」があります。要するに、萩原家対談ですね(笑)。ぜひ聞きにいきましょう。

http://bookandbeer.com/event/2017061101_bt/

NEWS