ele-king Powerd by DOMMUNE

MOST READ

  1. Isayahh Wuddha - urban brew (review)
  2. Devils Of Moko - One (review)
  3. DJ HOLIDAY aka 今里 ──最高にクールな初期レゲエのミックスCDをリリース (news)
  4. interview with Trickfinger (John Frusciante) ジョン・フルシアンテ、テクノを語りまくる (interviews)
  5. Piezo - Perdu (review)
  6. Chari Chari - We hear the last decades dreaming (review)
  7. Arca - KiCk i (review)
  8. Jun Togawa──戸川純がまさかのユーチューバーになった! (news)
  9. Columns Yves Tumor いま話題のアーティスト、イヴ・トゥモアとは何者か? (columns)
  10. DJ HOLIDAY ──SFPの今里が送るラヴァーズ・ロックやレゲエやダブの数々 (news)
  11. Hiroshi Yoshimura ──入手困難だった吉村弘の1986年作『Green』がリイシュー (news)
  12. 校了しました ──『別冊ele-king ブラック・パワーに捧ぐ』&『ゲーム音楽ディスクガイド2』 (news)
  13. ISSUGI ──最新作『GEMZ』より新たなMVが公開 (news)
  14. 今里(SFP) (chart)
  15. Dominic J Marshall - Nomad’s Land (review)
  16. interview with AbuQadim Haqq 語り継がれるドレクシア物語 (interviews)
  17. STONE ISLAND ──人気のイタリア・ブランド〈ストーンアイランド〉が音楽シーンに参入 (news)
  18. Oscar Jerome ──オスカー・ジェローム、UKジャズ・シーン気鋭のギタリストがデビュー・アルバムを完成 (news)
  19. The Beneficiaries - The Crystal City Is Alive (review)
  20. Julianna Barwick - Healing Is A Miracle (review)

Home >  News > THE STALIN - ──ザ・スターリンのもっとも過激なときを捉えた作品が完全復刻

THE STALIN

THE STALIN

──ザ・スターリンのもっとも過激なときを捉えた作品が完全復刻

Apr 25,2019 UP

 日本のパンク・ロックにおいて、ラディカルであることを追求したザ・スターリンがもっとも過激な異分子としてシーンをはげしく揺さぶったのは、1980年前後だった。1981年に7インチシングルとしてリリースされた「スターリニズム」はまさにその燃え上がる時代の産物で、1987年にリリースされたコンピレーション『スターリニズム』にも収録されている。が、しかしそれはオリジナルをかなりエフェクトした音であって、いちぶ歌詞もカットされていた。
 このたびオリジナル・マスターからの復刻により、本来の音に忠実な『スターリニズム』が『STALINISM NAKED』としてCDリリースされた。歌詞もそのまま。さらにラジオで一度だけO.Aされた。“仰げば尊し”の別ヴァージョンを追加収録し、曲順も年代順にして再編集。ジャケのイラストは宮西計三。
 なお、『STALINISM NAKED』は闘病中の遠藤ミチロウさんを支援するために緊急発売したもので、下記サイトでの売上は、全額ミチロウさんへのお見舞金としている。https://inundow.thebase.in/
 

アーティスト:THE STALIN
タイトル:STALINISM NAKED
4月20日発売
CD:WC-093
¥2000+税
JAN:4571285920933
発売元:いぬん堂


1. 電動コケシ
2. 肉
3. 豚に真珠
4. サル
5. コルホーズの玉ネギ畑
6. 猟奇ハンター
7. アーチスト
8. Chicken Farm Chicken
9. 仰げば尊し(FMフレッシュ・ウェーブ・ヴァージョン)
10. バキューム
11. 解剖室

Track 1,2 from FLEXI「電動コケシ/肉」(MIG-2501)1980
MICHIRO ENDO(Vo,B)、JUN INUI(Ds)、ATSUSHI KANEKO(G)
Track 3 to 7 from EP「スターリニズム」(MIG-2504)1981
MICHIRO ENDO(Vo)、JUN INUI(Ds)、ATSUSHI KANEKO(G)、SHINTARO SUGIYAMA(B)
Track 8 from LP「V.A/WELCOME to 1984」(MRR-001)1984
MICHIRO ENDO(Vo)、SHINTARO SUGIYAMA(B)、TAM(G)、TEIYU NAKAMURA(Ds)、JUNE-BLEED(G)
Track 9 from FM TOKYO「FM FLESH WAVE」1983.11.30 O.A
MICHIRO ENDO(Vo)、JUN INUI(Ds)、TERUYA OGATA(B)、JUNE-BLEED(G)
Track 10,11 from FLEXI「バキューム/解剖室」(BQS-1S)1984
MICHIRO ENDO(Vo)、JUN INUI(Ds)、HIROSHI HIGO(B)、MASAYUKI ONO(G)

NEWS