ele-king Powerd by DOMMUNE

MOST READ

  1. Politics 黒船MMTと参議院選挙の行方 (columns)
  2. OGRE YOU ASSHOLE ──3年ぶりのニュー・アルバムをリリース、全国ツアーも決定 (news)
  3. Andrew Weatherall ──アンドリュー・ウェザオールが来日 (news)
  4. The Cinematic Orchestra & Floating Points ──ザ・シネマティック・オーケストラとフローティング・ポインツがサマソニに出演 (news)
  5. Pasocom Music Club ──パソコン音楽クラブがセカンド・アルバムをリリース (news)
  6. yapoos ──地球最後のニューウェイヴ・バンド、ヤプーズが再始動する (news)
  7. Seba Kaapstad - Thina (review)
  8. Politics 黒船MMTが来航、開国を迫る。その時、日本の与野党は (columns)
  9. New Order - ∑(No,12k,Lg,17Mif) New Order + Liam Gillick: So It Goes.. (review)
  10. Flying Lotus ──衝撃を与えた映画『KUSO』がまさかの再上映決定 (news)
  11. Steve Lacy - Apollo XXI (review)
  12. Forgotten Punk #10:Last night DJ saved my life (columns)
  13. Kokoroko - Kokoroko / Various - Untitled (review)
  14. James Ferraro - Requiem For Recycled Earth (review)
  15. interview with Francesco Tristano 日本らしいものを作っても意味がない (interviews)
  16. The Caretaker - Everywhere At The End Of Time - Stage 6 (review)
  17. ピータールー マンチェスターの悲劇 - (review)
  18. Koji Nakamura - Epitaph (review)
  19. SCARS ──復活が話題のSCARS、オフィシャルTシャツが限定発売! (news)
  20. interview with Jordan Rakei 人間性を忘れてはいけない (interviews)

Home >  News > THE STALIN - ──ザ・スターリンのもっとも過激なときを捉えた作品が完全復刻

THE STALIN

THE STALIN

──ザ・スターリンのもっとも過激なときを捉えた作品が完全復刻

Apr 25,2019 UP

 日本のパンク・ロックにおいて、ラディカルであることを追求したザ・スターリンがもっとも過激な異分子としてシーンをはげしく揺さぶったのは、1980年前後だった。1981年に7インチシングルとしてリリースされた「スターリニズム」はまさにその燃え上がる時代の産物で、1987年にリリースされたコンピレーション『スターリニズム』にも収録されている。が、しかしそれはオリジナルをかなりエフェクトした音であって、いちぶ歌詞もカットされていた。
 このたびオリジナル・マスターからの復刻により、本来の音に忠実な『スターリニズム』が『STALINISM NAKED』としてCDリリースされた。歌詞もそのまま。さらにラジオで一度だけO.Aされた。“仰げば尊し”の別ヴァージョンを追加収録し、曲順も年代順にして再編集。ジャケのイラストは宮西計三。
 なお、『STALINISM NAKED』は闘病中の遠藤ミチロウさんを支援するために緊急発売したもので、下記サイトでの売上は、全額ミチロウさんへのお見舞金としている。https://inundow.thebase.in/
 

アーティスト:THE STALIN
タイトル:STALINISM NAKED
4月20日発売
CD:WC-093
¥2000+税
JAN:4571285920933
発売元:いぬん堂


1. 電動コケシ
2. 肉
3. 豚に真珠
4. サル
5. コルホーズの玉ネギ畑
6. 猟奇ハンター
7. アーチスト
8. Chicken Farm Chicken
9. 仰げば尊し(FMフレッシュ・ウェーブ・ヴァージョン)
10. バキューム
11. 解剖室

Track 1,2 from FLEXI「電動コケシ/肉」(MIG-2501)1980
MICHIRO ENDO(Vo,B)、JUN INUI(Ds)、ATSUSHI KANEKO(G)
Track 3 to 7 from EP「スターリニズム」(MIG-2504)1981
MICHIRO ENDO(Vo)、JUN INUI(Ds)、ATSUSHI KANEKO(G)、SHINTARO SUGIYAMA(B)
Track 8 from LP「V.A/WELCOME to 1984」(MRR-001)1984
MICHIRO ENDO(Vo)、SHINTARO SUGIYAMA(B)、TAM(G)、TEIYU NAKAMURA(Ds)、JUNE-BLEED(G)
Track 9 from FM TOKYO「FM FLESH WAVE」1983.11.30 O.A
MICHIRO ENDO(Vo)、JUN INUI(Ds)、TERUYA OGATA(B)、JUNE-BLEED(G)
Track 10,11 from FLEXI「バキューム/解剖室」(BQS-1S)1984
MICHIRO ENDO(Vo)、JUN INUI(Ds)、HIROSHI HIGO(B)、MASAYUKI ONO(G)

NEWS