ele-king Powerd by DOMMUNE

Home >  News > Jagatara - ──じゃがたらの代表作ほぼすべてがサブスクで聴ける

Jagatara

Jagatara

──じゃがたらの代表作ほぼすべてがサブスクで聴ける

Dec 19,2019 UP

 日本のロック/ポップ史においてもっとも重要なバンドのひとつ、じゃがたらの代表作ほぼすべてがようやくサブスクで聴けるようになった。1982年の大傑作『南蛮渡来』をはじめ、1987年の人気作3枚『裸の王様』『ロビンソンの庭』『ニセ予言者ども』、1989年の問題作『それから』に『ごくつぶし』、江戸アケミ最後の作品となった1990年の『そらそれ』。また、フランク・ザッパの影響が滲み出た異色作1983年の『家族百景』、OTOの音楽的野心がクラブ世代との溝を埋める1990年の『おあそび』、それからデビュー・シングル「LAST TANGO IN JUKU/HEY SAY!」を収録したベスト盤『BEST OF JAGATARA~西暦2000年分の反省~』。

http://www.110107.com/s/oto/news/detail/TP01649?ima=2803

 じゃがたらは、80年代のシティポップからは見えない日本を描写し、RCサクセションでさえも歌わなかった痛みを歌い、バブル経済時代の居心地の悪さをスケールの大きな痛快かつ雑食的なファンクをもって表現した稀なバンド。耳から体内に注入し、生きる力を蓄え、さてと今日もまたガッツで乗り切ろう。
 なお、今回リイシューされるアナログ盤2枚(『南蛮渡来』および『裸の王様』)、Sony Music Shop限定で買うと先着でメッセージの籠もった特典ステッカーも付いている。