ele-king Powerd by DOMMUNE

MOST READ

  1. Aphex Twin ──エイフェックス・ツインが現在の状況を警告 (news)
  2. David Byrne ──「世界は変わっている──だから私たちも」ディヴィッド・バーンの考察 (news)
  3. The Drums - Summertime! (review)
  4. interview with Thundercat 悲しみの先のフュージョン (interviews)
  5. PANICSMILE - REAL LIFE (review)
  6. AJATE - ALO (review)
  7. Thundercat ──延期になっていたサンダーキャット来日ツアーの振替日程が決定 (news)
  8. Random Access N.Y. VOl.124 NYシャットダウン#2 (columns)
  9. Politics コロナ恐慌を機に高まった「政府は金を出せ」の声 (columns)
  10. Moment Joon - Passport & Garcon (review)
  11. Columns Playlists During This Crisis この非常事態下における家聴きプレイリスト (columns)
  12. COM.A ──パンク精神あふれるIDMの異端児が13年ぶりの新作をリリース (news)
  13. NYをはじめ、各地でオンライン・フェスやライヴ・ストリーミングが開催 (news)
  14. David Byrne ──「世界は変わっている──だから私たちも」ディヴィッド・バーンのメッセージ (news)
  15. 吉田アミ - 虎鶫(とらつぐみ) (review)
  16. Random Access N.Y. VOl.123 NYシャットダウン (columns)
  17. R.I.P. Gabi Delgado(ガビ・デルガド) (news)
  18. Яejoicer - Spiritual Sleaze (review)
  19. interview with Little Dragon (Yukimi Nagano) 世界を魅了した歌声、北欧エレクトロニック・ポップのさらなるきらめき (interviews)
  20. R.I.P. McCoy Tyner 追悼 マッコイ・タイナー (news)

Home >  News > Tiny Mix Tapes - ──音楽メディアの『タイニー・ミックス・テープ』が活動休止

Tiny Mix Tapes

Tiny Mix Tapes

──音楽メディアの『タイニー・ミックス・テープ』が活動休止

Jan 08,2020 UP

 昨日、音楽批評サイトの『タイニー・ミックス・テープ(Tiny Mix Tapes、以下TMT)』がツイッターにて活動休止を宣言している。

 2001年にローンチした同メディアは、おもにヴォランティアによって運営されてきたという。今回休止を決断した理由の詳細は明らかにされていないが、もともとブルックリンのアニコレやブラック・ダイスなどをプッシュしていた『ピッチフォーク』が徐々にメインストリーム寄りになったことへ対抗するかのように、『TMT』はアンダーグラウンドへの愛を表現しつづけ、独特の審美眼でその動向を捉えてきた。
 LAのサン・アロウやNNF一派、ないしはアンビエントやドローンにも着目する一方、積極的に日本のナードな音楽(アイドル含む)も紹介していたし、PCミュージックやディーン・ブラントなどのネット以降の音楽シーン、とりわけチルウェイヴ~ヴェイパーウェイヴの隆盛に一役買ったのも彼らだった。そのあり方をむりやり一言で要約するならば、OPN の台頭と並走するかたちで10年代の音楽を盛り上げてきた音楽メディア、ということになるだろう。じっさい、昨年末に発表された『TMT』が選ぶ2010年代の100枚の第1位はチャック・パーソンで、OPN 名義の作品も20位内に2作選ばれている(3枚もピックアップされたのはロパティンだけ、だったはず)。
 哲学を援用したり謎のポエムを披露したりするレヴュー文も、垢抜けない大学院生っぽさが漂っていたとはいえ、それはそれで魅力的だったし、個性的なタグ付けも毎度ほほえましく、またレコメンド作品を「ユリイカ!(EUREKA!)」と呼ぶところも気が利いていた。
 じつはわれわれ『ele-king』は2013年に、同メディアの設立者であり編集長であるマーヴィン・リンにインタヴューを試みている(その後、個人的に何度かメールで文通したりもしました)。さらに昨年は同氏の著書『レディオヘッド/キッドA』を邦訳刊行してもおり、少なからず繋がりがあった。
 ちょうど2010年代が終わるこのタイミングで『TMT』が活動を休止するのは、ひとつの大きなサイクルの終わりを象徴しているように思えてならない。
 『TMT』のみなさん、長い間お疲れさまでした。

NEWS