ele-king Powerd by DOMMUNE

MOST READ

  1. R.I.P. Andrew Weatherall (news)
  2. R.I.P.飯島直樹 (news)
  3. Andrew Weatherall ──アンドリュー・ウェザオールが来日 (news)
  4. interview with Andrew Weatherall 「野心はあってもいいけどがんばるな」 (interviews)
  5. Beatrice Dillon - Workaround (review)
  6. There are many many alternatives. 道なら腐るほどある 第10回 ビジホで混ぜる「1のこな」──映画『パラサイト』と家父長制 (columns)
  7. Answer To Remember - Answer To Remember (review)
  8. Nightmares On Wax ──名作『Smokers Delight』の25周年記念盤がリリース (news)
  9. !!! (Chk Chk Chk) ──チック・チック・チックが GREENROOMFESTIVAL ’20 に出演 (news)
  10. Thundercat ──サンダーキャットがニュー・アルバムをリリース (news)
  11. ジョジョ・ラビット - (review)
  12. Andrew Weatherall - Convenanza (review)
  13. DJ Marcelle & Kampire (Nyege Nyege) ──オランダとウガンダから強力な初来日ゲスト、魅惑のパーティが開催 (news)
  14. felicity ──レーベル企画ライヴが開催、七尾旅人、羊文学、ROTH BART BARON が出演 (news)
  15. Disc Shop Zeroの飯島直樹さん、ご逝去の報 (news)
  16. TSUBAKI FM ──気鋭のインターネット・ラジオによる記念ツアー、最終日はなんと24時間ぶっ通し! (news)
  17. プリズン・サークル - (review)
  18. interview with shotahirama じぶんだけのオーセンティック (interviews)
  19. Ronin Arkestra ──マーク・ド・クライヴ=ロウ率いる浪人アーケストラが初の公演を開催 (news)
  20. Columns 日本語ラップ最前線 ──2019年の動向から占う日本のヒップホップの現在(前編) (columns)

Home >  News > Nyantora + Duenn feat. 津田翔平 & 毛利悠子 - ──《ENVIRONMENT 粟津潔と環境と音楽 by HardcoreAmbience》開催

Nyantora + Duenn feat. 津田翔平 & 毛利悠子

Nyantora + Duenn feat. 津田翔平 & 毛利悠子

──《ENVIRONMENT 粟津潔と環境と音楽 by HardcoreAmbience》開催

Jan 20,2020 UP

 2016年にナカコーのプロジェクトのひとつである Nyantora と福岡在住の duenn によって始動し、年数回ペースで開催されている《HardcoreAmbience》。これまでも刺激的な企画を提案してきた同イベントだが、今回は2009年に亡くなったグラフィックデザイナーの粟津潔に焦点を当てた内容になっているようで、ゲストに美術家の毛利悠子と津田翔平が参加する。詳細は下記より。

ENVIRONMENT 粟津潔と環境と音楽 by HardcoreAmbience
(出演:Nyantora、Duenn、津田翔平、毛利悠子)

Koji Nakamura こと Nyantora と、福岡を拠点とするサウンドアーティスト duenn による共同イベント〈HardcoreAmbience〉の開催が決定。2009年にこの世を去ったグラフィックデザイナー粟津潔氏。金沢21世紀美術館に収蔵されている彼のグラフィック作品の中から今回のイベントコンセプトに合わせて作品をセレクトし、それらを図形楽譜に見立て約60分間のサウンドセッションを行う。出演者は、Nyantora+duenn、特別ゲストに美術家毛利悠子、美術家/グラフィックデザイナー津田翔平を招聘。各々が粟津潔作品を再解釈し、一つの “ENVIRONMENT” を生み出すことで、時空を超えたコラボレーションを展開する。

[日時]
2月4日(火)
20:15開場/20:30開演(21:30終演予定)

[会場]
アップリンク渋谷

[料金]
前売¥3,000 / 当日¥3,500(共に1ドリンク付き)

[詳細]
https://shibuya.uplink.co.jp/event/2020/55513

〈HardcoreAmbience〉は2016年から始動。Nyantora と duenn が自分達の出したい音、聴きたい音を追求し、その音に静かに深く向き合う場を作り続けるというコンセプトのもと、幅広い年齢層のアーティストを招聘し、年数回ペースで開催されている。イベント命名者は現代美術家宇川直宏。

Nyantora
ナカコーの多岐にわたる活動の中でキャリア最長を誇るアンビエントプロジェク ト。HARDCORE AMBIENCE を共同主催する Nyantora+duenn のライブ音源が、ベルギーの実験音楽レーベル〈Entr’acte〉からリリースされるなど、海外での評価も高まっている。2018年6月に、7年振りとなるCD『マイオリルヒト』を発表。

duenn
福岡在住のエレクトロニクス・コンポーザー。必要最小限の機材でミニマルな作品を制作。HARDCORE AMBIENCE を共同主催する Nyantora+duenn のライブ音源を、ベルギーの実験音楽レーベル〈Entr’acte〉で発表するなど国内外のレーベルより複数のEP、アルバムをリリース。

津田翔平
1986年東京都生まれ/茨城県在住。現代美術家、実験建築家、グラフィックデザイナー、ノイズレーベル〈UNNOISELESS〉主宰。空間における個人の存在を探究する実験や、既にそこに在る事象を志向/拡張することで意識と無意識を反転させるアーティスト。多次元空間を紡ぎ出すかの様に制作された作品群には、一貫して解体/測量/再構築といわれる建築的要素が含まれている。表現方法は建築・インスタレーション・絵画・彫刻・映像・音楽・ライブパフォーマンス・グラフィックデザイン・ノイズ音源のリリースなど多岐にわたる。
www.shoheitsuda.net

毛利悠子
1980年生まれ。美術家。磁力や重力、光など、目に見えず触れられない力をセンシングするインスタレーションを制作。2015年、アジアン・カルチュラル・カウンシル(ACC)のグランティとして渡米。2018年に英国カムデン・アーツ・センターでの個展「Voluta」、十和田市現代美術館での個展「毛利悠子:ただし抵抗はあるものとする」が開かれたほか、「第5回ウラル・インダストリアル・ビエンナーレ」(ロシア)、「アジア・パシフィック・トライアニュアル2018」(オーストラリア)、「リヨン・ビエンナーレ2017」(フランス)、「コーチ=ムジリス・ビエンナーレ2016」(インド)、「ヨコハマトリエンナーレ2014」(神奈川)など国内外の展覧会に多数参加。2015年に日産アートアワード グランプリ、2016年に神奈川文化賞未来賞、2017年に第67回芸術選奨文部科学大臣新人賞を受賞。現在、東京芸術大学大学院美術研究科グローバルアートプラクティス専任講師。
http://www.mohrizm.net/

企画:HardcoreAmbience 
協力:金沢21世紀美術館、粟津ケン

NEWS