ele-king Powerd by DOMMUNE

MOST READ

  1. interview with COM.A パンク・ミーツ・IDM! (interviews)
  2. Kevin Richard Martin - Frequencies for Leaving Earth - Vol​.​1 / Kevin Richard Martin - Frequencies for Leaving Earth - Vol​.​2 / Kevin Richard Martin - Frequencies for Leaving Earth - Vol​.​3 (review)
  3. R.I.P.:エンニオ・モリコーネ (news)
  4. interview with Julianna Barwick 聞きたくない声は、怒りのラップ、怒りのメタル。“グォォォーッ”みたいなやつ (interviews)
  5. interview with Wool & The Pants 東京の底から (interviews)
  6. interview with Trickfinger (John Frusciante) ジョン・フルシアンテ、テクノを語りまくる (interviews)
  7. すずえり - Fata Morgana (review)
  8. Columns 韓国ソウル市はソウル(魂)の街だった! ──ソウルの都市政策と韓国のヒップホップについて (columns)
  9. Cafe OTO ──多くの日本人アーティストも参加。コロナ渦を乗り切るための、ロンドンの〈Cafe OTO〉主宰のレーベル〈TakuRoku〉に注目 (news)
  10. 404 Error File Not Found (interviews)
  11. Moodymann - Take Away (review)
  12. 169 - SYNC (review)
  13. There are many many alternatives. 道なら腐るほどある 第11回 町外れの幽霊たち (columns)
  14. Jun Togawa──戸川純がまさかのユーチューバーになった! (news)
  15. Hiroshi Yoshimura ──入手困難だった吉村弘の1986年作『Green』がリイシュー (news)
  16. Kevin Richard Martin - Sirens (review)
  17. Kenmochi Hidefumi - たぶん沸く〜TOWN WORK〜 (review)
  18. Politics 都知事選直前座談会 「今回の都知事選、どう見ればいいか」 (columns)
  19. ralph ──気鋭の若手ラッパーがファーストEPをリリース、プロデュースは Double Clapperz (news)
  20. Run The Jewels ラン・ザ・ジュエルズは何がすごいのか (interviews)

Home >  News > Cuushe - ──祝復活! 新プロジェクトFEMのメンバーとして始動

Cuushe

Cuushe

──祝復活! 新プロジェクトFEMのメンバーとして始動

Jun 12,2020 UP

 これは嬉しいニュースだ。〈Flau〉レーベルのアーティスト、Cuusheが数年ぶりの音楽活動に復活する。〈Flau〉レーベルとCuusheは、3年前に窃盗及びオンラインハラスメント被害に遭っている(https://jp.residentadvisor.net/news/42385)。機材やデータが盗まれたレーベルの被害も大きかったろうが、オンラインハラスメントに遭ったCuusheの精神的なダメージは察するに余りある。彼女がいま音楽活動に復活できたことに編集部としても心から拍手したい。
 さて、その第一歩だが、新しいバンド・プロジェクトFEMのメンバーとしての再始動になるそうだ。6月20日には7inch Single「Light」がリリースされる
 このB面のリミックスには、Iglooghostが参加しているそうだ。
 また、11月にはCuusheのオリジナル・アルバムのリリースも予定されている。

■ FEM - Light

タイトル:Light
アーティスト:FEM
DIGITAL発売日:2020年6月12日
7” 発売日:2020年6月20日
発売元:Fastcut/FLAU

tracklist:
1. Light
2. Light (Iglooghost Remix)

■ リリース詳細:
http://flau.jp/releases/light/

Cuusheがボーカルを務める不定形バンド、FEMのデビュー7inchがリリース!
Cuusheが新しくスタートした不定形バンドFEMと共に再始動。どこまでも柔らかでメランコリックなギターのレイヤー、オーストラリアのアヴァン音響ジャズ・グループTangentsのEvan Dorrianによるダブステップ~ポストロック的なリズムと交わることで様々な情景を浮かび上がらせ、90年代のJ-POPへのオマージュを込めたというメロディーとCuusheでは聴くことのない力強い歌声は彼女の新境地を見せてくれます。B面にはデビューEPよりCuusheが2作続けてゲスト参加するなど交流の深いBrainfeederのIglooghostがリミックスを提供。すべてがやっと始まっていくかのような期待を感じさせるに相応しいシングルが完成しました。fastcutとFLAU初のコラボレーション作品、7inchは限定クリア・ヴァイナル仕様。


Cuushe

Julia HolterやTeen Dazeらがリミキサーとして参加したEP『Girl you know that I am here but the dream』を2012年にリリース。デビュー作収録の『Airy Me』のミュージックビデオがインターネット上で大きな注目を集める中、全編ベルリンでレコーディングされたセカンドアルバム 『Butterfly Case』を発表。独創的な歌世界が海外の音楽メディア/ブログで高い評価を獲得。近年はアメリカTBSのTVドラマ「Seach Party」、山下敦弘 x 久野遥子による「東アジア文化都市2019豊島」PVへの音楽提供や、PlaceboのStefan Olsdal、Iglooghost、Populousらの作品にゲスト参加。長らく自身の音楽活動からは遠ざかっていたが、今年新たなプロジェクトFEMと共に再始動。秋にはCuusheのニューアルバムの発売も予定している。

NEWS