ele-king Powerd by DOMMUNE

MOST READ

  1. Tom Misch - Geography (review)
  2. 078 KOBE 2018 ──神戸のフリーフェスにてURがライヴ出演 (news)
  3. R.I.P. Cecil Taylor すべての棺桶をこじ開けろ (news)
  4. Moodymann ──ムーディマンがニュー・アルバムをリリース (news)
  5. Terekke - Improvisational Loops (review)
  6. interview with Kaoru Inoue 人はいかにして、このハードな人生を生きながらゆるさを保てるか? (interviews)
  7. Columns ダニエル・エイヴリーの新作が仄めかすもの (columns)
  8. interview with Unknown Mortal Orchestra 暗闇の先のメロウネス (interviews)
  9. BPM ビート・パー・ミニット - (review)
  10. DJ Spoko - Spoko Forever (review)
  11. コーネリアス - (review)
  12. Columns くるりから布袋寅泰、ボアダムスからキャンディーズ、 ヒカシューからミッシェル・ガン・エレファントetc ──2月5日下北沢THREE、『バンドやめようぜ!』リリース・パーティ時におけるイアン氏のDJプレイリストを公開! (columns)
  13. DJ Taye - Still Trippin’ (review)
  14. interview with Subarashika この素晴らしか世界 (interviews)
  15. ギーク母さんの21世紀女児カルチャー観察記 ピンクに塗れ!~現代女児のキラデコ事情~ 第4回:馬に恋する女の子たち (columns)
  16. Gang Gang Dance ──ギャング・ギャング・ダンスが7年ぶりにアルバムをリリース (news)
  17. interview with CVN 更新されるインディーズの形態/異端者たちの広場 (interviews)
  18. interview with IO - KoolBoyの美学 (interviews)
  19. Ryan Porter - The Optimist (review)
  20. Autechre ──オウテカの来日公演が緊急決定 (news)

Home >  News >  RIP > RIP Jean-Jacques Perrey

RIP

RIP Jean-Jacques Perrey

RIP Jean-Jacques Perrey

Nov 07,2016 UP

 誰でもそうだと思うが、ペリー&キングスレーの『The In Sound From Way Out! 』のジャケットを見たとき、ただただ、うっとりした。ドキドキするほどカラフルで、それは幸福な夢の世界の扉だった。去る11月5日、電子音楽の先駆者のひとり、いや、電子“娯楽系”音楽の先駆者と言い直そう、ジャン・ジャック・ペリーがスイスで亡くなった。87歳だった。
 よく知られるように、ジャン・ジャック・ペリー氏とってのエレクトロニック・ミュージックは、当時としては実験的だったが、しかし無邪気でハッピーで、ユーモアとポップスを志向し、楽しみのためにあった。1929年フランス生まれの氏は、30歳のとき渡米し、1965年、ニューヨークでドイツ生まれのユダヤ人のガーション・キングスレイと出会い、オンディオラインや発信器、数マイル分のテープなどを駆使し、275時間かけてくだんのアルバムを作ると、1968年にはもう1枚のクラシック『The Amazing New Electronic Pop Sound』をヴァンガードよりリリースしている。モーグ・シンセサイザーを使った実験的なラウンジ・サウンドの『Moog Indigo』も人気作だ。氏の影響はエイフェックス・ツインからステレオラブ、ビースティー・ボーイズまでと幅広く、2007年にはルーク・ヴァイバートと『Moog Acid』なる作品も発表している。が、氏の音楽がもっとも輝いていたのは60年代という夢見る時代だったし、その無邪気さはそうなかなか真似できるものではなかった。

NEWS