ele-king Powerd by DOMMUNE

MOST READ

  1. Bekon - Get With The Times (review)
  2. Dave - Game Over (review)
  3. yahyel ──ヤイエルがセカンド・アルバムをリリース (news)
  4. 子どもたちの階級闘争――ブロークン・ブリテンの無料託児所から - ブレイディみかこ (review)
  5. Lemzly Dale ──UKグライムの立役者が初の海外ツアーで来日 (news)
  6. New Order ──アナーキー・イン・ザ・ベルリン、80年代の西ベルリンを描いたニュー・オーダーの新PVに注目 (news)
  7. Moritz von Oswald & Ordo Sakhna - Moritz Von Oswald & Ordo Sakhna (review)
  8. interview with Kojoe 日本語ラップとブラック・ミュージックの狭間で (interviews)
  9. 『バンドやめようぜ!』リリース・パーティ決定! (news)
  10. interview with Marina Kodama 私が燻製してあげる (interviews)
  11. 坂本龍一 - ASYNC - REMODELS (review)
  12. Equiknoxx - Colón Man (review)
  13. 海賊放送はイギリスの音楽をどう変えたか - ──ピーター・バラカンとハンス・フェルスタッドが語る〈ラジオ・キャロライン〉 (news)
  14. KANDYTOWN - ──キャンディタウンがついにメジャー・デビュー (news)
  15. ele-king vol.21 ──特集:2017年ベスト・アルバム30/ベスト映画10 (news)
  16. interview with IO - KoolBoyの美学 (interviews)
  17. 嘘八百 - (review)
  18. ルイの9番目の人生 - (review)
  19. Nick Hakim - Green Twins (review)
  20. interview with Ian F. Martin アイデンティティの問題と、いまアイドルについて語らないこと (interviews)

Home >  News >  RIP > RIP Jean-Jacques Perrey

RIP

RIP Jean-Jacques Perrey

RIP Jean-Jacques Perrey

Nov 07,2016 UP

 誰でもそうだと思うが、ペリー&キングスレーの『The In Sound From Way Out! 』のジャケットを見たとき、ただただ、うっとりした。ドキドキするほどカラフルで、それは幸福な夢の世界の扉だった。去る11月5日、電子音楽の先駆者のひとり、いや、電子“娯楽系”音楽の先駆者と言い直そう、ジャン・ジャック・ペリーがスイスで亡くなった。87歳だった。
 よく知られるように、ジャン・ジャック・ペリー氏とってのエレクトロニック・ミュージックは、当時としては実験的だったが、しかし無邪気でハッピーで、ユーモアとポップスを志向し、楽しみのためにあった。1929年フランス生まれの氏は、30歳のとき渡米し、1965年、ニューヨークでドイツ生まれのユダヤ人のガーション・キングスレイと出会い、オンディオラインや発信器、数マイル分のテープなどを駆使し、275時間かけてくだんのアルバムを作ると、1968年にはもう1枚のクラシック『The Amazing New Electronic Pop Sound』をヴァンガードよりリリースしている。モーグ・シンセサイザーを使った実験的なラウンジ・サウンドの『Moog Indigo』も人気作だ。氏の影響はエイフェックス・ツインからステレオラブ、ビースティー・ボーイズまでと幅広く、2007年にはルーク・ヴァイバートと『Moog Acid』なる作品も発表している。が、氏の音楽がもっとも輝いていたのは60年代という夢見る時代だったし、その無邪気さはそうなかなか真似できるものではなかった。

NEWS