ele-king Powerd by DOMMUNE

MOST READ

  1. Jamie Isaac - (4:30) Idler (review)
  2. Sigur Rós - Route One (review)
  3. 編集後記 編集後記(2018年7月17日) (columns)
  4. Columns PSYCHEDELIC FLOATERS そもそも「サイケデリック・フローターズ」とはなんなのか? (columns)
  5. The Sea And Cake - Any Day (review)
  6. Columns 今年最高のライヴ体験 黒田隆憲×小林祐介(THE NOVEMBERS)、“マイブラ”来日レポート対談 (columns)
  7. Tom Misch - Geography (review)
  8. interview with Sigur Ros 黒いマグマの行くさき (interviews)
  9. interview with IO KoolBoyの美学 (interviews)
  10. KANDYTOWN ──キャンディタウンがついにメジャー・デビュー (news)
  11. Actress × London Contemporary Orchestra - LAGEOS (review)
  12. Gaika ──ガイカがソフィーとのコラボ曲のMVを公開 (news)
  13. PUNK`S NOT DEAD ──ビル・ドラモンドの素晴らしき「パンクス・ノット・デッド」宣言 (news)
  14. Beach House - 7 (review)
  15. Brainfeeder ──〈ブレインフィーダー〉日本初のポップアップ・ショップが登場&フライング・ロータス監督映画作品が上映 (news)
  16. R+R=Now - Collagically Speaking (review)
  17. interview with Laetitia Sadier (Stereolab) The "avant" in avant-pop (interviews)
  18. Columns エレクトロニック・ソウルの新星、カラム登場 (columns)
  19. interview with Jim O’Rourke 私は音楽を楽しみのために作っているわけではありません(笑) (interviews)
  20. Columns COTTON DOPEの手記 第1回:MC KHAZZ × DJ HIGHSCHOOL (columns)

Home >  News >  RIP > RIP Jean-Jacques Perrey

RIP

RIP Jean-Jacques Perrey

RIP Jean-Jacques Perrey

Nov 07,2016 UP

 誰でもそうだと思うが、ペリー&キングスレーの『The In Sound From Way Out! 』のジャケットを見たとき、ただただ、うっとりした。ドキドキするほどカラフルで、それは幸福な夢の世界の扉だった。去る11月5日、電子音楽の先駆者のひとり、いや、電子“娯楽系”音楽の先駆者と言い直そう、ジャン・ジャック・ペリーがスイスで亡くなった。87歳だった。
 よく知られるように、ジャン・ジャック・ペリー氏とってのエレクトロニック・ミュージックは、当時としては実験的だったが、しかし無邪気でハッピーで、ユーモアとポップスを志向し、楽しみのためにあった。1929年フランス生まれの氏は、30歳のとき渡米し、1965年、ニューヨークでドイツ生まれのユダヤ人のガーション・キングスレイと出会い、オンディオラインや発信器、数マイル分のテープなどを駆使し、275時間かけてくだんのアルバムを作ると、1968年にはもう1枚のクラシック『The Amazing New Electronic Pop Sound』をヴァンガードよりリリースしている。モーグ・シンセサイザーを使った実験的なラウンジ・サウンドの『Moog Indigo』も人気作だ。氏の影響はエイフェックス・ツインからステレオラブ、ビースティー・ボーイズまでと幅広く、2007年にはルーク・ヴァイバートと『Moog Acid』なる作品も発表している。が、氏の音楽がもっとも輝いていたのは60年代という夢見る時代だったし、その無邪気さはそうなかなか真似できるものではなかった。

NEWS