ele-king Powerd by DOMMUNE

MOST READ

  1. 七尾旅人 - Stray Dogs (review)
  2. ベルリンの伝説のパンク・バンド、ディン・A ・テストビルトによる「廃棄物」ゴミ入りシングル(!)再発備忘録 (news)
  3. Matmos ──マトモスがニュー・アルバムをリリース、今回のテーマはプラスチック製品! (news)
  4. メアリーの総て - 監督:ハイファ・アル=マンスール 出演:エル・ファニング/ダグラス・ブース/ベル・パウリー/トム・スターリッジ/ベン・ハーディ / 天才作家の妻 - 監督:ビョルン・ルンゲ
    出演:グレン・クローズ、ジョナサン・プライス、クリスチャン・スレーター
    (review)
  5. Yves Tumor ──イヴ・トゥモアが来日 (news)
  6. Georgia Anne Muldrow - Overload (review)
  7. interview with Colleen 炎、わたしの愛、フリーケンシー (interviews)
  8. 山下敦弘監督『ハード・コア』 - (review)
  9. Columns ハテナ・フランセ 第18回 新しい太陽王VSジレ・ジョーヌ(=黄色いベスト) (columns)
  10. Norhern Soul ──『ノーザン・ソウル』、この最高な映画を見たらスリムのデニムを履けなくなる (news)
  11. Felicia Atkinson/Jefre Cantu-Ledesma - Limpid As The Solitudes (review)
  12. Makaya McCraven - Universal Beings / Makaya McCraven - Where We Come From (Chicago × London Mixtape) (review)
  13. Northan Soul ──ついに『ノーザン・ソウル』の一般上映が決定です! (news)
  14. Irmin Schmidt - 5つのピアノ作品集 (review)
  15. interview with GillesPeterson UKジャズ宣言 (interviews)
  16. tamao ninomiya - 忘れた頃に手紙をよこさないで(tamao ninomiya works) (review)
  17. Imaizumi Koichi ──今夏話題を集めた映画『伯林漂流』の再上映が決定&今泉浩一監督の全過去作品も (news)
  18. Columns 坂本龍一の『BTTB』をいま聴いて、思うこと (columns)
  19. Tirzah - Devotion (review)
  20. 日本のテクノ・アンダーグラウンドにおける重要DJのひとり、KEIHINが〈Prowler〉レーベルをスタート (news)

Home >  News >  RIP > R.I.P Jaki Liebezeit

RIP

R.I.P  Jaki Liebezeit

R.I.P Jaki Liebezeit

野田努 Jan 23,2017 UP

 1938年生まれのヤッキ・リーヴェツァイトの幼少期はいまだに詳述されていない。東ドイツのドレスデン近くの村で生まれ、物心ついたときには彼には父親がいなかった。彼は母親と一緒に敗戦後のドイツを転々とし(それは極めて辛い経験であったはずだという)、一説によれば、カッセルにある祖母のもとを訪ねた頃にロックンロールと出会っている。
 しばらくするとリーヴェツァイトは、ケルンでマンフレート・ショーフと出会い、ジャズを受け入れた。アート・ブレイキーとマックス・ローチが最初のヒーローだった。彼の記憶によれば20歳のとき、ミュンヘンのクラブで、実際にその場にいたアート・ブレイキーを前に演奏したこともある。やがて、リーヴェツァイトはスペインのバルセロナで7ヶ月に渡って演奏する機会を得た。1日に2公演というハードな仕事だったそうだが、彼はそこでフラメントを知り、また、ビートルズがブレイク前の時代において、インド、トルコ、イラン、あるいは、モロッコ音楽、つまりラジオから聴こえる北フリカの音楽を知った。
 そんな経験を経てケルンへと戻ったリーヴェツァイトを待っていたのは、フリー・ジャズだった。よくよく彼は、カン以前にはフリー・ジャズを演奏していたドラマーだと説明される。それは間違いではないが、重要なことは、リーヴェツァイトが当時のフリー・ジャズに「自由」を感じなかったことだ。もしそう感じていたら、カンのファースト・アルバムは違ったものになっていだろう。
 リーヴェツァイトは、「自由」であろうとするジャズが「自由」から遠ざかっていると感じ、むしろこうした音楽(フリー・ジャズやアヴァンギャルド)とは真逆の、リズミックに循環することの「自由」を選択した。シェーンベルクの12音階の理詰めの平等ではなく、アフリカ音楽に見られるような、単純さ、ミニマリズム、その解放感。この方向性が、ショトックハウゼンの門下生だったホルガー・シューカイと出会ったときに、まあつまり、歴史は動いたというわけだ。
 それまでの西欧音楽では下に見られていた、「1本調子に演奏すること」を敢えてやってみること。こうしてリーヴェツァイトが常識を覆さなかったら、いずれはほかの誰かがそれをやったかもしれないが、しかしクラフトワークやジェフ・ミルズの登場も遅くなったことはたしかだろう。(Phewさんのファースト・アルバムにも参加されている)
 大衆音楽に決定的な影響を与えたドラマーは、70を越えても精力的に世界を旅して、作品を作り、演奏を続けた。78歳、2017年1月22日永眠。ご冥福を祈ります。

野田努

NEWS