MOST READ

  1. Alan Vega - IT (review)
  2. interview with Subarashika この素晴らしか世界 (interviews)
  3. 電気グルーヴ - TROPICAL LOVE (review)
  4. ドメニコ・ランセロッチ/Domenico Lancelotti - オルガンス山脈 (review)
  5. Okada Takuro ──岡田拓郎が思考を重ねに重ね、その果てに完成させたソロ作品とは? (news)
  6. Loke Rahbek - City Of Women (review)
  7. Adam Rudolph's Moving Pictures - Glare Of The Tiger (review)
  8. interview with Songhoy Blues マリの夜街を照らすブルース (interviews)
  9. Father John Misty - Pure Comedy (review)
  10. デイヴィッド・トゥープ(little fish訳) - フラッター・エコー 音の中に生きる (review)
  11. Aphex Twin ──エイフェックス・ツインが新曲“korg funk 5”を公開 (news)
  12. Washed Out - Mister Mellow (review)
  13. interview with Shingo Nishinari 大阪西成人情Rap (interviews)
  14. yahyel - ──この一風変わった名前のバンドをきみはもう知っているか? ヤイエルが500枚限定の初CD作品をリリース (news)
  15. 京都レコード・シーンのいまを「垣間見る」2日間 - ──《京都レコード祭り 第4回》開催! (news)
  16. Cigarettes After Sex - Cigarettes After Sex (review)
  17. Random Access N.Y. vol.93:ブルックリンのインディ・ロックは死なず Pill, Bambara, Weeping icon, Hubble @Alphaville 7/15/2017 (columns)
  18. R.I.P.生悦住英夫 (news)
  19. KANDYTOWN - ──キャンディタウンがついにメジャー・デビュー (news)
  20. 〈The Trilogy Tapes〉 ──C.Eショップだけで買えるTTTのTシャツ (news)

Home >  News >  RIP > RIP: Pierre Henry

RIP

RIP: Pierre Henry

RIP: Pierre Henry

Jul 11,2017 UP

 1927年12月9日にパリで生まれた「テクノの祖父」が、去る7月5日、パリの病院にて亡くなった。89歳だった。今日のサンプリングは、著作権で取り締まられているものの、もはや創造行為としてすっかり定着している。録音物を加工して、音の要素として使用とすることは、最初は具体音楽(ミュジーク・コンクレート)と呼ばれた。
 その創始者はピエール・シェフェールだが、シェフェールとともにこのスタイルを研究し、世に広めたもうひとりの重要人物がピエール・アンリだった。彼の1967年の『現在のためのミサ(Messe pour le temps présent )』に収録された“サイケ・ロック”は、90年代のDJカルチャーにも再発見されて、ヒットしている。『Machine Danse』(1973)も人気だった。
 もっともこの「テクノの祖父」は、コンピュータとサンプラーの文化を決して評価しなかった。
 

NEWS