ele-king Powerd by DOMMUNE

MOST READ

  1. interview with Shintaro Sakamoto 坂本慎太郎、新作『物語のように』について語る (interviews)
  2. Thundercat ──ついにサンダーキャットの来日公演が皮切り、最速ライヴ・レポートが公開 (news)
  3. 遊佐春菜 - Another Story Of Dystopia Romance (review)
  4. Ghostly Kisses - Heaven, Wait (review)
  5. Cate Le Bon - Pompeii (review)
  6. Boris ──活動30周年記念アルバム第2弾がリリース (news)
  7. Yutaka Hirose ——アンビエント作家、広瀬豊の36年ぶりの新作『ノスタルジア』がリリース (news)
  8. Funkadelic - Maggot Brain (review)
  9. Jazzanova - Strata Records (The Sound Of Detroit Reimagined By Jazzanova) (review)
  10. Aldous Harding - Warm Chris (review)
  11. Christopher Owens × Sintaro Sakamoto 対談:クリストファー・オウエンス × 坂本慎太郎 (interviews)
  12. 坂本慎太郎 - @恵比寿リキッドルーム (review)
  13. Fly Anakin - Frank (review)
  14. Syd - Broken Hearts Club (review)
  15. The Smile ──トム・ヨーク、ジョニー・グリーンウッド、トム・スキナーからなる新バンドがついにアルバムを発売 (news)
  16. interview with Mamas Gun (Andy Platts) 70年代ソウルをアップデイトするUKのバンド (interviews)
  17. Shintaro Sakamoto ——坂本慎太郎、6年ぶりのアルバム『物語のように』リリース (news)
  18. Abraxas - Abraxas (review)
  19. interview with !!! (Nic Offer) 踊れない時代にダンス・パンク・バンドが出した答え (interviews)
  20. R.I.P. Klaus Schulze 追悼:クラウス・シュルツ (news)
/home/users/2/ele-king/web/ele-king.net/

Home >  News >  RIP > R.I.P. Klaus Schulze - 追悼:クラウス・シュルツ

RIP

R.I.P. Klaus Schulze

R.I.P. Klaus Schulze

追悼:クラウス・シュルツ

Chee Shimizu Apr 30,2022 UP

 30年ほど前になりますが、三田という街に住んでいたことがあり、散歩がてら東京タワーに行くことがたびたびありました。当時の東京タワーには蝋人形館があり、何度か中へ入ったことがありました。歴史上の人物から俳優まで微妙な顔立ちに造形された有名人や、笑いを誘う拷問シーンの蝋人形を眺めながら最奥へ進むと、ひときわ胡散くさい一角がありました。「ロック」ブースです。ビートルズ、ジミヘン、フランク・ザッパ、ジミー・ペイジなど、ロック界の偉人たちが揃い踏みするなか、クラウス・シュルツェとマニュエル・ゲッチングという聞いたことのない人物の蝋人形が、(今でこそわかる超お宝な)たくさんのグッズに囲まれながら、仰々しく鎮座していました。出口に併設された〈コスミック・ジョーカー〉という、これまたひときわ怪しい売店に寄ってみると、とても素敵な音楽が流れていました。店員さんに尋ねると、マニュエル・ゲッチングの『E2-E4』だと教えてくれ、さっき見た謎の蝋人形の人だとわかりました。売店ではCDが売っていたので、『E2-E4』とクラウス・シュルツェの『Timewind』を購入しました。これがクラウス・シュルツェの音楽との出会いです。
 それから幾年をかけて、シュルツェが過去に発表した作品や参加作品、プロデュース作品をこれでもかと聴き漁りました。なかでも夢中になったのは、シュルツェが1978年に創設した〈Innovative Communication〉というレーベルの作品群でした。ロック、電子音楽、ノイエ・ドイッチェ・ヴェレ、ニューエイジなど、シュルツェがプロデュースした多様ながら一貫性のある、刺激的な音楽がそこにはたくさんありました。今はあまり聴かなくなりましたが、シュルツェが掲げた「革新的コミュニケーション」というコンセプトは、私の音楽に対する姿勢や態度の根底に息づいているような気がしています。

Chee Shimizu

NEWS