ele-king Powerd by DOMMUNE

MOST READ

  1. Nkisi ──新世代テクノの急先鋒、キシ来日直前インタヴュー (news)
  2. Ash Walker - Aquamarine (review)
  3. WXAXRXP Sessions ──〈Warp〉30周年を記念したシリーズ作品が発売、豪華面子が勢ぞろい (news)
  4. Kelela & Asmara - Aquaphoria (review)
  5. interview with Joe Armon-Jones 深化するUKジャズの躍動 (interviews)
  6. Headie One - Music x Road (review)
  7. Bon Iver ──ボン・イヴェールの来日公演が決定 (news)
  8. interview with (Sandy) Alex G 塩と砂糖の誘惑 (interviews)
  9. Columns JPEGMAFIA『Veteran』の衝撃とは何だったのか (columns)
  10. Laraaji ──ララージがまさかの再来日、ブライアン・イーノとの名作を再現 (news)
  11. Tohji ──いま若い世代から圧倒的な支持を集めるラッパーが、初のミックステープをリリース (news)
  12. interview with For Tracy Hyde シティ・ポップ・リヴァイヴァルから「シティ」を奪還する (interviews)
  13. Leo Svirsky - River Without Banks (review)
  14. Aphex Twin ──エイフェックス・ツイン最新公演のライヴ・ストリーミングが決定 (news)
  15. Nkisi - 7 Directions (review)
  16. Random Access N.Y. vol. 119:玄人インディ・ロック界の王子たち Deerhunter and Dirty Projectors @webster hall (columns)
  17. Squarepusher, Oneohtrix Point Never & Bibio ──〈Warp〉30周年イベントが開催決定! スクエアプッシャー、ワンオートリックス・ポイント・ネヴァー、ビビオが一挙来日 (news)
  18. interview with Yosuke Yamashita 誰にでも開かれた過激 (interviews)
  19. For Tracy Hyde - New Young City (review)
  20. interview with The Comet Is Coming ボリス・ジョンソンの名を言うだけで口が腐る (interviews)

Home >  Reviews > ichion- Hi

ichion

ichion

Hi

SRCD023(UGCD-SR023) /shrine.jp

Amazon

倉本 諒   Feb 26,2013 UP
このエントリーをはてなブックマークに追加

 『Hi(拝)』はどうやら自作楽器を用いてに収録されたようで、Atari系グリッチとサンプリングのエクスペリメンタルなコンポジションで形成される奇妙な世界観は不穏なようで整然と佇む素晴らしき矛盾を孕んでいる。例えるのであればそれは日常のなかで突然超芸術トマソン(by 赤瀬川原平)に対峙したときに覚える感覚に近いかもしれない。

開花するカラフルな前衛性。一音に込めたこだわりが随所に散りばめられた、ichionサウンドの真髄。

ichion は2008年に惜しくも活動を休止した、京都のインディー・バンドtoricoのフロントマン荒石亮のソロ・プロジェクト。ギター、サックス、自作楽器など、様々な楽器を用いて作り出すカラフルな前衛性をサウンドの特長としている。現在は神奈川を拠点として音楽制作、ライブ活動を行う。また音響をテーマにしたZINE、FUTURE SOUND LOVERS(現在vol.4まで発行)を制作。音響への探究心がうかがえる内容となっている。
本作は過去にデモ盤として発表した貴重な音源を再編集/リマスターし、新たに楽曲を追加したアルバム。ノイズジェネレーターなど、自作楽器を用いていることからもわかるように、一音に込めた並外れたこだわりが感じられる。
無音の中にユニークな音が響く印象。フェイドするフィードバックと、弦楽器からアタック音だけを除いたような伸びのある音が生み出す浮遊感。この2つのコントラストを軸に、全編を通してヴィヴィッドなイメージのサウンドが繰り広げられる。
本作リリース後も、ブルガリア民謡調のヴォーカルをフューチャーしたCD-R作品をリリースするなど独自の路線を突き進んでいる。
(中本真生/UNGLOBAL STUDIO KYOTO)

倉本 諒