ele-king Powerd by DOMMUNE

MOST READ

  1. The Ephemeron Loop - Psychonautic Escapism (review)
  2. interview with Shintaro Sakamoto 坂本慎太郎、新作『物語のように』について語る (interviews)
  3. interview with Kikagaku Moyo 無国籍ロウファイ・サイケデリア (interviews)
  4. COMPUMA ——初のソロ名義のアルバム、『A View』のリリースを発表 (news)
  5. Spiritualized - Everything Was Beautiful (review)
  6. Oneohtrix Point Never - Returnal (review)
  7. Sam Gendel & Antonia Cytrynowicz ──LAのプロデューサー、サム・ゲンデルと11歳の新人アントニア・サイトリノウィックスによる共作 (news)
  8. Pervenche ──東京のギター・ポップ・バンド、ペルヴァンシュが20年越しのセカンド・アルバム (news)
  9. Terao Saho ──寺尾紗穂のニュー・アルバム『余白のメロディ』がリリース (news)
  10. Ghostly Kisses - Heaven, Wait (review)
  11. 遊佐春菜 - Another Story Of Dystopia Romance (review)
  12. Cate Le Bon - Pompeii (review)
  13. Yutaka Hirose ——アンビエント作家、広瀬豊の36年ぶりの新作『ノスタルジア』がリリース (news)
  14. MONJU ──ISSUGI、仙人掌、Mr.PUGからなるユニットが13年半ぶりに新作を発表 (news)
  15. Bobby Hamilton, Orang-Utan and Lemuria ──「VINYL GOES AROUND」から貴重な3アイテム (news)
  16. FEBB ──幻の3rdアルバムがリリース (news)
  17. Boris ──活動30周年記念アルバム第2弾がリリース (news)
  18. Jazzanova - Strata Records (The Sound Of Detroit Reimagined By Jazzanova) (review)
  19. Funkadelic - Maggot Brain (review)
  20. Thundercat ──ついにサンダーキャットの来日公演が皮切り、最速ライヴ・レポートが公開 (news)

Home >  Reviews > marron aka dubmarronics - voicing for example 3 ~based on …

marron aka dubmarronics

marron aka dubmarronics

voicing for example 3 ~based on love

SRCD028 / shrine.jp

Amazon

松村 正人   Feb 26,2013 UP
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 坂田学とのdubdub on-sengの「calypso on-seng」の浮遊感ただようエキゾチシズムも印象的だった在京都のギターエレクトロニスト、marronのソロ作。「ユーフォリックな」と書きたい衝動にとらわれるが、マニュエル・ゲッチキングともスティーヴ・ヒレッジとも、フェネスともちがうギターへのアプローチが、トリップ一辺倒ではない、ワビサビすら感じさせるコズミック・ミュージックに実を結んでいる。ジャムっぽさのなかに作曲の才を感じさせるフレーズがたくさん。

スペイシーなエレクトロニカからフォーキーなアコースティック曲まで。 万華鏡のように変化するmarronワールド。

marron aka dubmarronics(マロンaka ダブマロニクス)はギタリストmarronこと田中康彦のメイン・プロジェクト。 アンビエントを基本とした独自の手法によるギター・エレクトロニカを展開しており、これまでにアルゼンチンのギタリストFernando Kabusacki、シアトルのギタリストBill Horist、イギリスの映像作家Max Hattlerなどと共演。また坂田学とのdubdub on-seng、DJ DaichiとのBased On Kyoto、勝井祐二(ROVO)、山本達久とのプラマイゼロ、SHIMIZ(Soft)とのギターヒーロー観光協会's他、様々なコラボレーション・ユニットで活動している。 本作はループ・パターンが変化していく"4->5"、フォーキーなギター・インストゥルメンタル"based on love"、宇宙空間を浮遊するような無重力を感じる"2013"、スペイシーでロックな"celebration from revolution 2"(DJ Kazumaとの共作)など、marronの多彩な音楽性を堪能できるヴァラエティに富んだ内容となっている。 ゲスト・ミュージシャンとして"new moon"に京都在住のアーティストむーとん(スズメンバ、ドラヒップ、おやつなど)がシンセと鉄琴で参加している。
(中本真生/UNGLOBAL STUDIO KYOTO)

松村 正人