ele-king Powerd by DOMMUNE

MOST READ

  1. Oli XL - Rogue Intruder, Soul Enhancer (review)
  2. Jeff Parker ──ジャズ・ギタリストのジェフ・パーカーが新作をリリース (news)
  3. Carl Michael Von Hausswolff - Addressing The Fallen Angel (review)
  4. Vladislav Delay ──ヴラディスラフ・ディレイがニュー・アルバムをリリース (news)
  5. Sefi Zisling - Expanse (review)
  6. Thundercat ──サンダーキャットがニュー・アルバムをリリース (news)
  7. MAE.SUN ──ネオソウルとジャズの新たな蜜月、ヘイリー・ニスワンガー率いるバンドが新作を発表 (news)
  8. φonon ──佐藤薫主宰の〈フォノン〉が新たに2作品をリリース (news)
  9. Daniel Lopatin ──映画『アンカット・ダイヤモンド』がまもなく Netflix で配信開始、制作ドキュメンタリーが公開中 (news)
  10. パラサイト 半地下の家族 - (review)
  11. Jagatara2020 ──復活目前のじゃがたら、ライヴ会場先行販売ほか店舗限定特典&パネル展の開催が決定 (news)
  12. Various Artists - Mono No Aware (review)
  13. Columns NYクラブ・ミュージックの新たな波動 後編:進化する現代のレイヴ・カルチャー (columns)
  14. Columns TINY POPというあらたな可能性 (columns)
  15. Ovall - Ovall (review)
  16. ralph ──気鋭の若手ラッパーがファーストEPをリリース、プロデュースは Double Clapperz (news)
  17. Columns そこではいったい何が起きていたのか ──ブレクジットとUK音楽シーン (columns)
  18. Columns tiny pop sound cloudガイド (columns)
  19. Tunes Of Negation - Reach The Endless Sea (review)
  20. Stormzy - Heavy Is The Head (review)

Home >  Reviews > Hakobune- Momentarily Endless

Hakobune

Hakobune

Momentarily Endless

SRCD035 / shrine.jp

Amazon

野田 努   Feb 26,2013 UP
このエントリーをはてなブックマークに追加

 トーマス・ケナーを彷彿させるアンビエント・ドローンだが、作品には、ボーズ・オブ・カナダのような、温かい郷愁が広がっている。そして、クラウトロックが好きなリスナーにも聴かせたくなるような、電子音に対するある種のフェティッシュな感性もあるように感じる。最後の曲では、パルス音めいたビートが入っている。異次元から飛来したようなこのミニマルがまた良い。2007から膨大な作品を出し続けているTakahiro Yorifujiによるハコブネによる4作目。

澄み切った夜明けの空気を連想させる、ジオメトリックな持続音。
大らかに広がっていく美しいドローン。


Hakobuneは兵庫出身、東京在住のTakahiro Yorifujiによるソロ・プロジェクト(活動を始めた頃は京都を拠点としていた)。ラップトップやギターを用い、様々な手法でドローン作品を制作している。多作家であり、これまでに世界各国のレーベルから30タイトルを超える作品を発表している。またレーベルTobira Recordsを主宰し、京都を拠点とするドローン・アーティストNobuto Sudaの作品などをリリース。ライブ活動も積極的に行っており、2011年には北米ツアーを敢行した。 本作は2008年にTobira Recordsより少部数でリリースされた、同名カセットテープ作品(現在では廃盤)に、未発表音源2曲を加えたアルバム。未発表音源のうち1曲はキャリア初のミニマル・ビートを用いた楽曲となっている。 プロセッシングされたアタック音のないギターの持続音のみで全体を構成しており、ジオメトリックな持続音が広がっていくイメージは、澄み切った仄白い夜明けの空気を連想させる。2011年にhibernate recordingsからリリースされた『Away From The Lunar Waters』のような、ドローンにギターのフレーズを重ねた作品に比べ、より純粋なドローン作品に仕上がっている。
(中本真生/UNGLOBAL STUDIO KYOTO)

野田 努