ele-king Powerd by DOMMUNE

MOST READ

  1. Nwando Ebizie - The Swan (review)
  2. Prison Religion - Hard Industrial BOP (review)
  3. Associates - Sulk(40th Anniversary Edition) (review)
  4. Natalie Beridze - Of Which One Knows (review)
  5. interview with Hudson Mohawke 待っていたよ、ハドソン・モホーク (interviews)
  6. Cornelius - 2022.7.30@Fuji Rock Festival (review)
  7. J Jazz Masterclass Series ——〈BBE〉の和ジャズ発掘シリーズの新作は中島政雄と宮本典子 (news)
  8. Takuma Watanabe ——渡邊琢磨『ラストアフタヌーン』@ 河口湖円形ホール (news)
  9. Tonalism ──LA発のアンビエント・イベントがPARCOで開催 (news)
  10. Nick Cave & Warren Ellis ——ニック・ケイヴ&ウォーレン・エリスが音楽を手がける自然ドキュメンタリー映画上映 (news)
  11. ニュー・ダッド──あたらしい時代のあたらしいおっさん - 木津毅 (review)
  12. Kangding Ray - ULTRACHROMA (review)
  13. interview with Wu-Lu 世界が変わることを諦めない音楽 (interviews)
  14. Jeff Mills ──ジェフ・ミルズの来日公演が決定 (news)
  15. interview with Superorganism 僕らが目指しているのはポップ・ミュージックを作るってことだけ (interviews)
  16. GemValleyMusiQ - Abu Wronq Wronq (review)
  17. THE PIANO ERA 2022 ——テリー・ライリーや高木正勝も出演、ピアノ音楽をテーマにした2日間のフェスティヴァル (news)
  18. Whitearmor - In the Abyss: Music for Weddings (review)
  19. Big Thief ──ビッグ・シーフの初来日公演が決定 (news)
  20. Ryoji Ikeda ──池田亮司が約10年ぶりのオリジナル・アルバムをリリース、渋谷WWW Xにて最新ライヴも (news)

Home >  Reviews >  Album Reviews > Various- Post Newnow Crue-L Classic Remix…

Various

Various

Post Newnow Crue-L Classic Remixes Vol.2

Crue-L

Amazon iTunes

野田 努   Feb 09,2010 UP

 昨年、UKのダンスフロアの主役の座に躍り出たコズミック(バレアリック)なるジャンルに、ここ日本でずいぶんと早い時期から先鞭を付けていたのが〈クルーエル〉だが、このリミックス集がそうしたひとつの方向性で統一されているわけではない。とはいえ、1曲目のディスコセッションの"TV Scene"のソフト・ロックスによるリミックス、あるいはルーガー・イーゴの"A Trader In Furs Living In Exile"のクワイエット・ヴィレッジによるリミックス、それからポート・オブ・ノーツの"You Gave Me A Love"の井上薫のリミックス――この3つはまさにバレアリックといった感じで、実に心地よい。ブライトンの注目株たるソフト・ロックスは憎たらしいほどユーフォリックな楽園を描き、このジャンルにおけるチルアウト感覚を表現したクワイエット・ヴィレッジはダブを上品なラウンジ・サウンドへと転換する。井上薫にとってチルアウトは昔からお手の物だ。パーカッションのデリケートな響きを抽出して、そこにダブの無邪気な遊び心を加え、そしてさらにソウルフルな展開を与える。まったくアルバムの最後に相応しい。

 ストーンド・グリーン・アップルズの"Sugar K"のゆらゆら帝国によるハウス・リミックスにはリリース時に多くの注目が集まっている。ハウスといえども、4つ打ちに新たなギターとベースラインをかませて作り上げたその空間的な響きは紛れもなくゆらゆら帝国のもので、まるで下へ滑っていくような、なんとも言えないグルーヴを創出している。もっともアシッディなリミックスをしているのはDazz Y DJ Nobuで、これはDJノブのプレイそのものに聴こえる。DJなら深い時間にかけたいトラックだろう。ポート・オブ・ノーツの"Regret "の砂原良徳によるリミックスは、『ラヴビート』の延長に思える。スローなテンポでうねりを出し、エレガントなトリップを展開する。

 他にバーミンガムのマーク・Eのような新世代、ケンイシイやフォース・オブ・ネイチャーのようなベテラン勢もいる。マーク・Eはスロー・テンポの渋いダビー・ハウス、フォース・オブ・ネイチャーはアッパーなディープ・ハウス。そしてこのスタイリッシュなアルバムのなかでたったひとり浮いているのがケンイシイで......聴いていると1992年にタイム・スリップする!

 スリーヴ・アートは〈クルーエル〉らしく手の込んだ段ボールネジ止め特殊パッケージ。ジャケに対する並々ならぬ力の込めようにも、レーベルの強い気持ちが表れているようだ。

TrackList

  1. 1. TV Scene(Soft Rocks Remix)
  2. 2. Endbeginning(Dazz Y DJ Nobu Omi Remix)
  3. 3. Regret (Y.Sunahara's Studio's Remix Instrumental)
  4. 4. Another Sun Lula (Mark E Remix)
  5. 5. Sugar K(Yura Yura Teikoku Remix)
  6. 6. Got To Be Real(Force of Nature's 2 Years Waited Remix)
  7. 7. Sametape? (Ken Ishii Remix)
  8. 8. A Trader In Furs Living In Exile(Quiet Village Remix)
  9. 9. You Gave Me A Love(Southend Stepper's Soul by Kaoru Inoue

野田 努