ele-king Powerd by DOMMUNE

MOST READ

  1. Arca - Kick I (review)
  2. 校了しました ──『別冊ele-king ブラック・パワーに捧ぐ』&『ゲーム音楽ディスクガイド2』 (news)
  3. Julianna Barwick - Healing Is A Miracle (review)
  4. Roedelius - Tape Archive Essence 1973-1978 (review)
  5. interview with Arca 痛み&&&電子&&音響 (interviews)
  6. Columns 元ちとせ 反転する海、シマ唄からアンビエントへ (columns)
  7. STONE ISLAND ──人気のイタリア・ブランド〈ストーンアイランド〉が音楽シーンに参入 (news)
  8. Run The Jewels ラン・ザ・ジュエルズは何がすごいのか (interviews)
  9. the perfect me ──福岡インディ・シーンからアヴァン・ポップの旗手 (news)
  10. The Beneficiaries - The Crystal City Is Alive (review)
  11. Jun Togawa──戸川純がまさかのユーチューバーになった! (news)
  12. Arca - &&&&& (review)
  13. interview with Trickfinger (John Frusciante) ジョン・フルシアンテ、テクノを語りまくる (interviews)
  14. Eartheater ──アースイーターの新作はアコースティック・サウンド (news)
  15. interview with AbuQadim Haqq 語り継がれるドレクシア物語 (interviews)
  16. Tenderlonious - The Piccolo - Tender Plays Tubby / Tenderlonious - Tender in Lahore (review)
  17. Sound Of Japan ──BBCレディオ3が日本の音楽の特番を放送しております (news)
  18. Aru-2 - Little Heaven (review)
  19. interview with Kamaal Williams ほらよ、これが「UKジャズ」だ (interviews)
  20. R.I.P. Malik B 追悼 マリク・B (news)

Home >  Reviews >  Album Reviews > Les Trucs- Schonen Grus vom Getriebe

Les Trucs

Les Trucs

Schonen Grus vom Getriebe

Knertz

Amazon

三田 格   Mar 11,2010 UP
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 去年の秋ぐらいから中古レコードで見かける高い値段のレコードに興味を持っちゃって、ジャンルも知識も関係なく、ただ高い値段が付いているというだけで「どうしてこんな値段になるのか」と考えながら聴くようになって。高いまま買ってしまうこともあるけれど、たいていは同じものがCDで再発されていれば、そっちを聴いてみるので、意外と数もこなせるし、まー、何よりも思わぬ出会いが多く、自分がどこへ向かっているのかさっぱりわからない感じがまた面白くて。アーカイヴ=整理された事態ではなく、むしろ、その中で迷子になる方法を見つけたというか。

 とはいえ、それはあくまでも他人の評価が導線になっているわけで、「なるほどこれに7000円という値段をつけたくなる気持ちもわからなくはない」という聴き方は、どれだけ音楽とダイレクトに結びついて聴いたつもりになっていても、どこかに「確認」という感覚が残っていることは否めない。どうしたらレコード・レヴューを読まずに、しかし、いいレコードに辿り着くかというのは昔からの大きな課題だし、「高い値段」というのもそれを回避する方法のひとつになると思ったのだけど、どんな音楽にも「他人の耳」はついて回るのだなーと。『12枚のアルバム』の中原昌也じゃないけれど、「確認」というのはつまらないものに対して用いられる作業であるべきであって、「言葉を失うほどの音楽体験」を必要とするものがやることではないんだなー(REMIXで最後になってしまった連載ページを参照)。

 そうなると、一律に似たような値段が付けられた新譜から1枚を選ぶ方がやはり近道である。いい音楽と出会う確率は低くなるかもしれないけれど、言葉を失う確率は格段に高い。プロフィールさえよくわからない新人のアルバムに手が伸びてしまうのはそういうわけである。そして、この文章を読む人にとってはそれが「他人の耳」となって、その人(つまり、あなた)にとって、この音楽を聴くことは「確認」でしかなくなってしまう。なはは。では、手短に。

 シャーロッテことスカーレット・スカンパーとトビー(あのトビーではない)によるチープなパンク・ポップの1作目。ムーやチックス・オン・スピードがダンス・ビートから完全に離れ、ドイツ風のスラップスティックな展開をふんだんに持たせた打ち込みパンク(うわあ~懐かしい表現)。TTCがバンドになったというか、アタ・タック+ディジタル・ハードコアつーか。......もっと読みたいですか?

三田 格