ele-king Powerd by DOMMUNE

MOST READ

  1. Nwando Ebizie - The Swan (review)
  2. Natalie Beridze - Of Which One Knows (review)
  3. Associates - Sulk(40th Anniversary Edition) (review)
  4. Takuma Watanabe ——渡邊琢磨『ラストアフタヌーン』@ 河口湖円形ホール (news)
  5. THE PIANO ERA 2022 ——テリー・ライリーや高木正勝も出演、ピアノ音楽をテーマにした2日間のフェスティヴァル (news)
  6. Cornelius - 2022.7.30@Fuji Rock Festival (review)
  7. interview with Hudson Mohawke 待っていたよ、ハドソン・モホーク (interviews)
  8. Nick Cave & Warren Ellis ——ニック・ケイヴ&ウォーレン・エリスが音楽を手がける自然ドキュメンタリー映画上映 (news)
  9. Kangding Ray - ULTRACHROMA (review)
  10. ニュー・ダッド──あたらしい時代のあたらしいおっさん - 木津毅 (review)
  11. Tonalism ──LA発のアンビエント・イベントがPARCOで開催 (news)
  12. GemValleyMusiQ - Abu Wronq Wronq (review)
  13. Jeff Mills ──ジェフ・ミルズの来日公演が決定 (news)
  14. Ryoji Ikeda ──池田亮司が約10年ぶりのオリジナル・アルバムをリリース、渋谷WWW Xにて最新ライヴも (news)
  15. black midi - Hellfire (review)
  16. Whitearmor - In the Abyss: Music for Weddings (review)
  17. Columns 山本アキヲの思い出 (columns)
  18. Alva Noto & Ryuichi Sakamoto - Glass (review)
  19. Pine Barons ——フィラデルフィアのインディ・バンドが、フィッシュマンズのカヴァー・アルバムをリリース (news)
  20. interview with HASE-T 人生が変わるような音楽 (interviews)

Home >  Reviews >  Album Reviews > Sun Araw- On Patrol

Sun Araw

Sun Araw

On Patrol

Not Not Fun

Amazon iTunes

三田 格   Apr 01,2010 UP

 騙されてた! サン・アローことキャメロン・ストーローンズは黒人......ではなかった。よく見ると、『ボート・トリップ』(08)のジャケットはO・V・ライトの写真をそのまま貼ってあるだけ(こんなヒドいジャケットはほかにない!)で、『ヘヴィ・ディーズ』(09)はスティーヴィー・ワンダーがうっすらと合成してあるだけ。手塚るみ子風にいうならば「あっちゃー」(「阿川佐和子との対談で泣いたんでしょ?」と聞いた時の返事)、宇川直宏風にいうならば「お返事まってますー!!!! 野際陽子より」(いつでもどこでもそんな感じ)。
 実際にはサン・アローはスウェーデンのサイケデリック・ロック・バンド、マジック・ランターンのメンバーで、バリバリの白人もいいところ(ワルシャワ情報によると、自分ではニコラス・ケイジに似ているといっていたらしい)。まー、騙されていたといっても、ほんの数ヶ月のことです。むしろ、もうしばらく騙されていたかった......かもなーとか。

 サン・アローとしては08年に『ビーチ・ヘッド』をリリースしてから早くも4作目のソロ・アルバム。マッシヴ・アタックから重量感を除いたような独特のダブ・スタイルを確立させ、なおかつ技術面でも格段の進歩を見せた『ヘヴィ・ディーズ』をそのまま受け継ぐダブル・アルバムで、タイトルに仮託された通り、それとなくストーリー性も有し、使用目的もかなり明確に(笑)。あッつー間に売り切れた先行シングル「バンプ・アップ」は、しかし、入ってません(いまのところアナログには)! 聴きたかった!

 基本となるのはソニック・ブームやジミ・ヘンドリックス風のサイケデリック・ロックをダブ風に処理し、ロック的なエッヂを強調することなく、ひたすら煙に巻こうとするスタイル。リズムで人を持っていこうという気はまったくなく、かといってドローンでもないところがほかとは決定的に違う。むしろミニマルが基調で、ベーシック・チャンネルのロック・ヴァージョンというのがいちばん近いだろうか。抑え込もうとしてもロック的な欲望がどうしても噴き出してしまい、その過剰さなり、子どもっぽさが発展の余地として感じられるところが強い。
 導入からふわふわとしたギターのループを繰り返すだけのチル・アウト・モードに始まり、"ビート・コップ"から本格的な旅(=パトロール)が始まる。気がつくとヘンなところにいるようなタイプの曲が多く、集中力があった方が楽しめるのか、そうでもないのかはよくわからないままに曲が進んでいく。それでも最後にサイドD全体を使った"ホロデック・ブルーズ"では足元からどんどん景色が変わっていくようなクライマックスに連れ去られ、目くるめくスピードの世界にやられてしまう。この人はまだいくらでも伸びるような気がするなー。

三田 格