ele-king Powerd by DOMMUNE

MOST READ

  1. R.I.P. Andrew Weatherall (news)
  2. R.I.P.飯島直樹 (news)
  3. Andrew Weatherall ──アンドリュー・ウェザオールが来日 (news)
  4. interview with Andrew Weatherall 「野心はあってもいいけどがんばるな」 (interviews)
  5. Beatrice Dillon - Workaround (review)
  6. There are many many alternatives. 道なら腐るほどある 第10回 ビジホで混ぜる「1のこな」──映画『パラサイト』と家父長制 (columns)
  7. Answer To Remember - Answer To Remember (review)
  8. Nightmares On Wax ──名作『Smokers Delight』の25周年記念盤がリリース (news)
  9. !!! (Chk Chk Chk) ──チック・チック・チックが GREENROOMFESTIVAL ’20 に出演 (news)
  10. Thundercat ──サンダーキャットがニュー・アルバムをリリース (news)
  11. ジョジョ・ラビット - (review)
  12. Andrew Weatherall - Convenanza (review)
  13. DJ Marcelle & Kampire (Nyege Nyege) ──オランダとウガンダから強力な初来日ゲスト、魅惑のパーティが開催 (news)
  14. felicity ──レーベル企画ライヴが開催、七尾旅人、羊文学、ROTH BART BARON が出演 (news)
  15. Disc Shop Zeroの飯島直樹さん、ご逝去の報 (news)
  16. TSUBAKI FM ──気鋭のインターネット・ラジオによる記念ツアー、最終日はなんと24時間ぶっ通し! (news)
  17. プリズン・サークル - (review)
  18. interview with shotahirama じぶんだけのオーセンティック (interviews)
  19. Ronin Arkestra ──マーク・ド・クライヴ=ロウ率いる浪人アーケストラが初の公演を開催 (news)
  20. Columns 日本語ラップ最前線 ──2019年の動向から占う日本のヒップホップの現在(前編) (columns)

Home >  Reviews >  Album Reviews > bloodthirsty butchers- NO ALBUM 無題

bloodthirsty butchers

bloodthirsty butchers

NO ALBUM 無題

キング

Amazon iTunes

岩崎 一敬   Apr 02,2010 UP
このエントリーをはてなブックマークに追加

 1987年に札幌で結成されたブラッドサースティ・ブッチャーズは、ダイナソーJrなど後にグランジと呼ばれるようなギター・サウンド、ヘルメットやアンセインなどのジャンク的な凶暴性、ネオアコ的な陰のある繊細な叙情性が合わさった独自のサウンドで注目を集めるバンド。なかでも今回、新作と同時にリマスタリング盤がリリースされた1996年のアルバム『kocorono』は、シューゲイザー的とも言えるオーヴァーダビングを施したサウンド・プロダクションと、絶望と悲哀に沈んだ世界観で新境地をみせ、日本のコアなロック系メディアやファンのあいだでは"90年代ギター・ロックの金字塔"とも言われている作品だ。国内ではイースタンユースやカウパァズ、ナート、ナンバーガールなど、数多くのオルタナ・パンク~エモ~ギター・ロックのバンドに影響を与え、ときとして、日本におけるエモの始祖的な存在とも言われている。海外方面では、アメリカのオリンピアにある〈K〉レーベル周辺との交流を持ち、ベックやフガジらの来日公演のサポートもしている。セールス面ではトップクラスと言えないものの、間違いなく日本のロックの発展に影響を与えているバンドだろう。

 そんな彼らの新作『無題 NO ALBUM』が素晴らしい。圧倒的な存在のデカさをあらためて思い知る充実作である。
 日本のサーストン・ムーアと形容したいくらいに煌めきながらうなりをあげる吉村秀樹のギター、不協和音をものともせずに空間を曇り空に染める射守矢雄のベース、灼熱の荒野を鞭打つような小松正宏のドラム、そして細かくうねりを巻き起こしてさらに空間を歪める田渕ひさ子のギター。いち音いち音の粒子にこだわった音色、フレーズごとに刻まれた念、それら複数のレイヤーが紡ぎ上げるウォール・オブ・サウンド。そんな往年のブッチャーズ節ともいえる演奏がキラキラと光を放ち、ときに哀しみを携えながら爆裂している。細かいシーンやスタイルといったものを蹴散らすようなデカさをここに感じるのは、筆者だけではないだろう。

 アルバムの前半は、シンプルで明瞭、ポジティヴな印象の楽曲が並ぶ。演奏のオーヴァーダビングを控え、そのぶん歌を際だたせたことで、1曲1曲のキャラクターが強調され、曲自体の良さが浮き彫りとなっている。とくにアルバム最初の曲"フランジングサン"などは、色彩の滲んだような彼ら独自のサウンドがくっきりと具体化されている。吉村秀樹のヴォーカルが何重もの和声で重ねられているのも今回初の試みのひとつだ。吉村はそれを「友だちが欲しかったのかな」と語っていたが、このコーラス感によって楽曲のポジティヴな力強さが強調されているように思う。
 7曲目"ノイズ"からは、そこに深みのある枯れた味わいが加わってくる。9曲目"ocean"は今回のハイライトとも言えるもので、大海に漕ぎだすような大きなスケール感と、何かから解き放たれたような爽快感を持った曲だ。曲調が名作『kocorno』を想起させるところも新作の特徴だ。とはいえ、新作で歌われる「生きている生きて行こう 残された気持ち握り 潰す」というポジティヴな一節は、かつて自殺でもしそうなくらいに絶望と哀しみを負った男たちが、いまは"いやそれでも前に進むんだ"という意思を獲得したことを伝えているように思える。
 ラストの"curve"は、吉村秀樹と田渕ひさ子のデュエット曲。ピースフルでドラマティックな世界を描いて、アルバムをハッピーエンドで締めようとする。もっぱら歌詞では「この世に僕はたった独りで 僕の胸は張り裂ける」と歌っているのだが......。

 取材をした際の吉村秀樹の話によると、今作は圧倒的な孤独を感じながら制作したそうだ。バンドのメンバーにアイデアを求めながら新しいかたちを模索したかったが、なかなかアイデアも生まれず、結果的に吉村ひとりの孤独な作業によるところが多かった。その"苦悩""やけっぱち""ポジティヴ"が渾然となったような心情が、この作品に深みと奥行きを与えている部分はあるだろう。実は、『kocorono』の時に強くあった心情も"孤独感"である。プライヴェートでの問題やレーベル移籍などバンドを取り巻く状況が背景にあったようだが、ブラッドサースティ・ブッチャーズの音楽には、そうした負の感情が必要なのかもしれない。
 そしてそんな彼らの音楽は、ぼくたちが共通して抱える不安を代弁するかのように、強く響くのだ。

岩崎 一敬