ele-king Powerd by DOMMUNE

MOST READ

  1. interview with Floating Points ストリングスと怒りと希望のテクノ (interviews)
  2. Columns Stereolab ステレオラブはなぜ偉大だったのか (columns)
  3. KASSAV’ ──ワールド・ミュージックの大物、カッサヴが31年ぶりの奇跡の来日 (news)
  4. 大崎剛 ──食品まつり a.k.a foodman がレーベルをローンチ、第1弾リリースは名古屋のシンガーソングライター (news)
  5. DJ Python - Derretirse (review)
  6. Ana Roxanne - ~​~​~ (review)
  7. interview with Dego 何もかもがトゥー・マッチ (interviews)
  8. 象は静かに座っている - (review)
  9. 10月25日@WWW X、LOW JACKのカセットテープ発売 (news)
  10. Gr◯un土 - (review)
  11. interview with Yukio Edano つまり……下からの政治とはいったい何なのか (interviews)
  12. まるで現実から自分だけが取り残されていくような感覚 ──Noahの新作が〈FLAU〉よりリリース (news)
  13. Laura Cannell - The Sky Untuned / Laura Cannell, Polly Wright - Sing As The Crow Flies (review)
  14. interview with ZORN 労働者階級のアンチ・ヒーロー (interviews)
  15. Telefon Tel Aviv - Dreams Are Not Enough (review)
  16. Lee "Scratch" Perry × Brian Eno × Adrian Sherwood ──レジェンドたちによるコラボ曲が公開、11月にはリー・ペリーのダブ盤が登場、エイドリアン・シャーウッド来日公演も (news)
  17. Politics 消費税廃止は本当に可能なのか? (3) (columns)
  18. BS0 ──UKの最高に格好いいリズムを浴びよう……サム・ビンガとライダー・シャフィークが来日 (news)
  19. Throbbing Gristle - Greatest Hits - Entertainment Through Pain (review)
  20. interview with Floating Points 物静かな熱意とジャズと (interviews)

Home >  Reviews >  Album Reviews > Helixir- Undivided

Helixir

Helixir

Undivided

7even Recordings

Amazon iTunes

野田 努   Mar 03,2011 UP
このエントリーをはてなブックマークに追加

 ダブステップが、若い世代におけるテクノ・ダンス・ミュージックであることを示す1枚。これは、ザ・バグとは別人のケヴィン・マーティン(混同しないように!)によるデビュー・アルバムで、リリースは昨年の暮れだが、この3月に来日するので紹介する。

 レーベルの〈セヴン〉はパリのダブステップ・レーベルで、昨年リリースしたFによる『エナジー・ディストーション』がフランスで最初のダブステップ・アルバムとして話題になった。今年に入ってからは日本人プロデューサーのENAのシングルも切っている。ヘリクシアは、Fと並ぶ〈セヴン〉レーベルの看板プロデューサーで、すでに4枚のシングルをリリースしている。田中哲司くんがSound Patrolで紹介しているように、「聴けば聴くほど深みにハマッていく。細切れのスペーシーなシンセが揺れている。リズム自体はさほど存在感はない。キックが軽く鳴り響く程度。規則的にリヴァーブをかけたパーカッションがこだまする」、「スキューバやラマダンマン、Fなどのミニマル・ダブステップとは感覚が異なる」、「シャックルトンが彼の音楽性を賞賛しているように、シンプルなのだが奥深い」という言葉がそのまま当てはまるアルバムである。本当に「聴けば聴くほど深みにハマッていく」タイプの音楽だ。
 シャックルトンを薄味にした感じ......というとネガティヴに思う人がいるかもしれないけれど、そうじゃない。前向きに言うところの薄味の良さが、AFXとカジモトとリッチー・ホウティンに触発されたこのフレンチ・ダブステッパーの音楽にはある。アンビエント・テイストと言ってもいい。押しつけがましいベースやドラミングがないことを、その長所としている音楽である。そういう意味では僕は......たとえばスウェーデンのレーベル〈スヴェック〉のテクノを思い出した。そう、ヘリクシアにしてもFにしても、ある種そよ風のようなさわやかな感覚があるのだ。
 そしてヘリクシアに関しては、もともとジャズ・バンドのメンバーだっただけあって(彼はドラム、ギター、ベースを演奏する)、魅惑的なメロディとハーモニーを作ることができる。そして......シャックルトンめいたパーカッションも、ダブの応用もこってりすることなく、とてもスムースで、ときにメロウで、あるいはスモーキーで、とにかく聴いていて心地よいのだ。うまくいけば3月23日にDOMMUNEに出演してくれそうなので、ぜひ注目していただきたい。

 話は変わるけど、今年はUKファンキーがよーやく日本にも本格的に上陸しそうで、それも楽しみである。また、〈ナイト・スラッグス〉のような若くて勢いのあるレーベルが素晴らしいダンス・トラックを発表してくれそうだし、ワクワクするね、メタル君!

野田 努