ele-king Powerd by DOMMUNE

MOST READ

  1. Cornelius - 2022.7.30@Fuji Rock Festival (review)
  2. interview with HASE-T 人生が変わるような音楽 (interviews)
  3. Actress × Mount Kimbie ──アクトレスとマウント・キンビーがコラボレイト (news)
  4. Ebi Soda - Honk If You're Sad (review)
  5. Lianne Hall - Energy Flashback (review)
  6. black midi - Hellfire (review)
  7. Mary Halvorson - Amaryllis & Belladonna (review)
  8. Pan American - The Patience Fader (review)
  9. ダブ・パトロール - ──2022年上半期の推薦盤10枚 (review)
  10. interview with Cornelius 新作『Ripple Waves』を語る (interviews)
  11. Cornelius ——“変わる消える”の配信を再開したコーネリアス (news)
  12. interview with Superorganism 僕らが目指しているのはポップ・ミュージックを作るってことだけ (interviews)
  13. Brian Eno ──ブライアン・イーノのニュー・アルバムがリリース、ひさびさのヴォーカル作品 (news)
  14. Claire Rousay - Everything Perfect Is Already Here (review)
  15. interview with Wu-Lu 世界が変わることを諦めない音楽 (interviews)
  16. 새눈바탕/セヌンバタン(Bird's Eye Batang) - 손을 모아 /ソヌル モア(Flood Format) (review)
  17. 寺尾紗穂 - 余白のメロディ (review)
  18. interview with Cornelius 星の彼方へ (interviews)
  19. こんにちでもなお ガイガーカウンターを手にすれば「ラジウム・ガールズ」たちの音を 聞くことができる - ──映画『ラジウム・シティ~文字盤と放射線・知らされなかった少女たち~』、アルバム『Radium Girls 2011』 (review)
  20. Big Thief ──ビッグ・シーフの初来日公演が決定 (news)

Home >  Reviews >  Album Reviews > Nicolas Jaar- Space Is Only Noise

Nicolas Jaar

Nicolas Jaar

Space Is Only Noise

Circus Company

Amazon iTunes

野田 努   Mar 30,2011 UP
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
E王

 ジュリアナ・バーウィックがコクトー・ツインズとアニマル・コレクティヴの溝を埋めたとしたのなら、ニコラス・ジャーの『スペース・イズ・オンリー・ノイズ』はマシュー・ハーバートとリカルド・ヴィラロヴォスの溝を埋める作品である。いずれにせよ、ここ数年あまりパッとしなかったテクノ・シーンにおいて久しぶりの大器の登場......というわけで、すでに輸入盤店では評判になっているブルックリン在住の21歳、そのデビュー・アルバムだ。

 ジャーは、昨年リリースしている何枚かのシングルではヴィラロヴォスの後継者と言われたようにミニマル・テクノ・ダンスを発表してきた若者、というか大学生で、アーティなノリが鼻につくとはいえ、それら作品はアイデアに富み、個性があって、魅力的なダンス・トラックであることは間違いない。ここ数年、どん詰まり気味に見えていたミニマル・テクノにおいて、「あー、まだこんなに新しいことができるんだ」と彼のシングルを聴くと感心する。
 それはまあ、簡単に言えば知性による革新だが、感覚派が多数を占めるミニマル・テクノにおいて、知性派と言えばスティーヴ・ライヒを再評価するような、あるいはカールステン・ニコライを再評価する動きがあるけれど、そことも確実に一線を画する面白味というものがジャーにはある。現代音楽を真面目に学ぶ教室のなかでRケリーを高らかに歌う生徒を想像してみて欲しい。そして、フィリップ・グラスは知っていてもヒップホップを聴かない連中の前で一見アホらしいミニマル・テクノを演奏したときに、多くは眉をひそめるだろうが、しかし何人かは熱烈に拍手するだろう。そういう意味では、ニコラス・ジャーにはダダイストめいたところがあるのだ。実際の話、ジャーの最大の特徴をひと言で表せば、異なるジャンルの混合(コラージュ)ということになる。そして、その実験はつねにポップに響いている。
 アルバムではダンスを控え、ダウンテンポでラウンジーな展開を披露しているものの、ハーバートを彷彿させる洒脱でユーモラスなセンスと彼の教養は充分に発揮されている。プリペアード・ピアノとブルースを重ね、ジェームス・ブレイクをミニマル・テクノでやったかと思えば、ゲンズブールがキャプテン・ビーフハートとラップトップでマカロニ・ウエスタンをやっているというか......レナード・コーエンを最大のヒーローとしているだけあって、歌心も忘れない。何よりも音楽を思い切り楽しもうという気概が気持ちよいし、それが老朽化したミニマルのクリシェを解体して、若々しい現在を主張している。

 ともかく、これはジェームス・ブレイクと並んで2011年前半のエレクトロニック・ミュージックにおけるエポックメイキングな1枚になるので、未聴の方は早めにレコ屋にGO!

野田 努