ele-king Powerd by DOMMUNE

MOST READ

  1. interview with BBHF 歓びも、悲しみも痛みもぜんぶ (interviews)
  2. Neue Grafik Ensemble - Foulden Road (review)
  3. There are many many alternatives. 道なら腐るほどある 第7回 ゆるい合意で、がんがん拡大 ――身を委ねてはいけない諸々について (columns)
  4. マスターズ・アット・ワーク来日直前特別対談 時代を越える存在──DJ NORI と Dazzle Drums が語る MASTERS AT WORK (news)
  5. interview with Dego 何もかもがトゥー・マッチ (interviews)
  6. Madame Gandhi - Visions / Various Artists - Manara International Presents: The Ultimate Spice Mix (review)
  7. Politics 消費税廃止は本当に可能なのか? (2) (columns)
  8. FTARRI FESTIVAL 2019 ──国内外の実験/即興音楽の現在が集結する最後の祭典が開催 (news)
  9. Columns Stereolab ステレオラブはなぜ偉大だったのか (columns)
  10. Xinlisupreme ──シンリシュプリームが新曲をリリース (news)
  11. クライマックス - (review)
  12. The Art Ensemble of Chicago - We Are on the Edge: A 50th Anniversary Celebration (review)
  13. Daichi Yamamoto - Andless (review)
  14. Ø(Mika vainio) - Konstellaatio (review)
  15. Clipping. × Shabazz Palaces ──クリッピングがドレクシアにインスパイアされた12インチをリリース、シャバズ・パレセズをフィーチャー (news)
  16. interview with KANDYTOWN 俺らのライフが止まることはないし、そのつもりで街を歩く (interviews)
  17. Hector Plimmer ──南ロンドンのメロウなビートメイカー、ヘクター・プリマーが新作をリリース (news)
  18. Laraaji ──ララージがまさかの再来日、ブライアン・イーノとの名作を再現 (news)
  19. Floating Points ──フローティング・ポインツの再来日ツアーが決定 (news)
  20. Columns Kim Gordon キム・ゴードン、キャリア史上初のソロ・アルバムを聴く (columns)

Home >  Reviews >  Album Reviews > Barn Owl- V

Barn Owl

DoomDronePsychedelicRock

Barn Owl

V

Thrill Jockey

Amazon

倉本諒   Apr 30,2013 UP
このエントリーをはてなブックマークに追加

 フェイスブックで友人のフランス発DIYテープ・レーベル・オーナーが、おそらく自身が主催したであろう今宵のショウの写真をアップしながら「センクス! バーン・オウル(Barn Owl)」などと嘯いているのを流し見しながら、あぁ、いまレコ発ツアーでヨーロッパにいるのねーなんて思いながらよく見るとアレ? ジョンもエヴァンもギターじゃなくてシンセ? マジ? いつの間にそんな節操ない感じ?

 4つ打ちが飛び出さないか怯えながらおそるおそる彼等のドロップされたばかりの最新作、『V』を聴いてみたところ打ち込みビートが飛び出さなかったのでかろうじて心臓発作は免れたものの、んん? いや? あれ......?

 自信を持って言える(これって僕にとって数少ないことだが)僕は、バーン・オウルの熱心なファンである。07年に〈ノット・ノット・ファン〉から発売された彼等の当時のDIY感が全開の美しいCDR、『ブリッジ・トゥ・ザ・クラウズ』を聴いて以来、アルバムごとに感動を届けられている。
 生ける伝説であるアースのドローン・デザート・ロックを基礎としながらも、その現代的な感覚を見事に昇華しているバーン・オウル。08年~10年代までのUSインディ・シーンにおいてマジック・ランタンが太陽であったとするならば、バーン・オウルは月。当時マジック・ランタンも兼任であったサン・アローことキャメロン・スタローンが「彼等のサウンドはマジで美しい。スローでヘヴィーで、何より美しいんだよ!」とニヤニヤ笑いを浮かべながら語っていたのがいまでも記憶に残っている。エヴァン・カミニティとジョン・ボラスが放つギターの倍音にいつまでも身を委ねていたい、そんな素晴らしきロック・バンドである。

 しかし僕がいま聴いているこの最新作『V』は前作『ロスト・イン・グレア』でひとつの完成系を迎えたギター・ラーガはモヤモヤの奥に隠れ(それでも確実にいるんだけれども)、モノクロームなダブがフィーチャーされている。結成当初から丁寧に紡ぎあげてきたバーン・オウルの世界観からは大きく外れないもののどちらかと言えばエヴァンとジョンがそれぞれおこなってきた膨大なソロの延長線上に近い。

 ......んん。何だか僕はこれではパンチが足らないようだ。むしろこれなら僕はより大胆な電子音に腰を抜かされた方が良かったのかもしれない。昨今のモジュラーシンセ・マーケットの飛躍的な拡大は殊にバンド・フォームが多様化するUSインディー・シーンにおいても絶大な影響を及ぼしていることは間違いない。紙やウェブでクドいほど僕がプッシュするピート・スワンソンも例に漏れない。
 だけれどもバンドとしての音楽性の変化を伴わないセットアップの大規模な変化は少々危険なのでは......? というのが正直な思い。特にバーン・オウルはギター・ミュージックの究極性を追求していたバンドなだけに何だか水で薄めてしまったような感覚が否めない。というのは僕が時代についていけてないだけであろうか。

 否、USインディー・バンド全体に感じるこの良くも悪くも軽薄な感じ、それに漏れずにいままでサイケ・インプロヴのみバンドで追求していたにも関わらず家で4つ打ちビートに身を燻らせている僕こそ最も薄っぺらいはずだ!

 あれ? ところでスリル・ジョッキーってこないだ〈オム(Om)〉のダブプレート盤も出したよね? US屈指のレーベルとして成長を遂げたスリル・ジョッキーの仕掛けでは?

 ......と勘ぐる僕は自分が捻くれ過ぎ?

倉本諒