ele-king Powerd by DOMMUNE

MOST READ

  1. 七尾旅人 - Stray Dogs (review)
  2. ベルリンの伝説のパンク・バンド、ディン・A ・テストビルトによる「廃棄物」ゴミ入りシングル(!)再発備忘録 (news)
  3. Matmos ──マトモスがニュー・アルバムをリリース、今回のテーマはプラスチック製品! (news)
  4. メアリーの総て - 監督:ハイファ・アル=マンスール 出演:エル・ファニング/ダグラス・ブース/ベル・パウリー/トム・スターリッジ/ベン・ハーディ / 天才作家の妻 - 監督:ビョルン・ルンゲ
    出演:グレン・クローズ、ジョナサン・プライス、クリスチャン・スレーター
    (review)
  5. Yves Tumor ──イヴ・トゥモアが来日 (news)
  6. Georgia Anne Muldrow - Overload (review)
  7. interview with Colleen 炎、わたしの愛、フリーケンシー (interviews)
  8. 山下敦弘監督『ハード・コア』 - (review)
  9. Columns ハテナ・フランセ 第18回 新しい太陽王VSジレ・ジョーヌ(=黄色いベスト) (columns)
  10. Norhern Soul ──『ノーザン・ソウル』、この最高な映画を見たらスリムのデニムを履けなくなる (news)
  11. Felicia Atkinson/Jefre Cantu-Ledesma - Limpid As The Solitudes (review)
  12. Makaya McCraven - Universal Beings / Makaya McCraven - Where We Come From (Chicago × London Mixtape) (review)
  13. Northan Soul ──ついに『ノーザン・ソウル』の一般上映が決定です! (news)
  14. Irmin Schmidt - 5つのピアノ作品集 (review)
  15. interview with GillesPeterson UKジャズ宣言 (interviews)
  16. tamao ninomiya - 忘れた頃に手紙をよこさないで(tamao ninomiya works) (review)
  17. Imaizumi Koichi ──今夏話題を集めた映画『伯林漂流』の再上映が決定&今泉浩一監督の全過去作品も (news)
  18. Columns 坂本龍一の『BTTB』をいま聴いて、思うこと (columns)
  19. Tirzah - Devotion (review)
  20. 日本のテクノ・アンダーグラウンドにおける重要DJのひとり、KEIHINが〈Prowler〉レーベルをスタート (news)

Home >  Reviews >  Album Reviews > Nick Cave- Live from KCRW

Nick Cave

Post-PunkRock

Nick Cave

Live from KCRW

Bad Seed / ホステス

Tower HMV iTunes

久保憲司   Dec 10,2013 UP
このエントリーをはてなブックマークに追加

 若いみなさんはご存知かわかりませんが、ニック・ケイヴが女性からキャーキャー言われていた時期があるんです。84年から87年くらいまでの間ですかね。エコー・アンド・ザ・バニーメンのイアン・マカロック、ティアドロップ・エクスプローズのジュリアン・コープ、ザ・キュアーのロバート・スミス、バウハウスのピーター・マーフィー、ダニエル・アッシュと並んで。

 シスターズ・オブ・マーシーのアンドリュー・エルドリッチはキャー、キャー騒がれていなかったような気がします。でもシスターズ・オブ・マーシーを辞めたウェイン・ハッセイが結成したザ・ミッションの初来日公演の一列めにアンドリュー・エルドリッチの遺影のような写真を持った女性がいて、ウィエン・ハッセイがぶち切れてました。

 恐ろしい時代です。ピーター・マーフィーとダニエル・アッシュがいちゃいちゃしているシーンが漫画に描かれたりしていました。頽廃ですな。そんななかにニック・ケイヴも入っていたんです。いまやミュージシャンズ・ミュージシャンとしても若いアーティストから尊敬されるニック・ケイヴが、80年代の日本の少女漫画でロバート・スミスと化粧しあっているような漫画を見たら、日本は壊れているなと思うでしょうね。

 何を言いたいかというと、いまの洋楽を支える人たちにはここまでのパワーはないですよね。ジェームス・ブレイクとケンドリック・ラマーが裸で抱き合っている漫画とか書かないです。

 なんてことを思い出していたのですが、なんでかというとこのニック・ケイヴ・アンド・ザ・バット・シーズのラジオでの公開ライヴ(カリフォルニアのラジオ局KCRWの名物企画「アポジー・セッションズ」)がヤバすぎるのです。男が男に惚れました。80年代の日本の女性がニック・ケイヴにキャー・キャー言っていたのがよくわかる感じなんです。

 とにかくいまのニック・ケイヴはヤバすぎます。バースティ・パーティーの頃の彼は、ジム・モリソンがパンクやっている感じに僕には見えたんですが、いまのこのクールさって何なんでしょうね。バット・シーズを作ったときは新しいブルースというか、これを狙っていたんですど、もっと、さらに、超越しました。レナード・コーエンの世界ですよ。パンクのなかからレナード・コーエンの領域に達した人がいたというのは本当にうれしいことだと思います。神のようです。ルー・リードもここまでこれなかったと思います。前作『プッシュ・ザ・スカイ・アウェイ』もよかったですけど、僕はこのライヴをまずみなさんに勧めます。聴いてみてください。震えてください。

久保憲司