ele-king Powerd by DOMMUNE

MOST READ

  1. 校了しました ──松山晋也による魂の1冊『別冊ele-king カン大全──永遠の未来派』、予定どおり10/31発売 (news)
  2. Young Girl - The Night Mayor / V.A. - A Little Night Music:Aural Apparitions from the Geographic North (review)
  3. Autechre - Sign (review)
  4. The Bug ──ザ・バグの最強ダンスホール沼サウンドが〈Hyperdub〉からリリース (news)
  5. Can × VIVA Strange Boutique ──カンのアートワークを元にデザインした限定のスウェットからMA-1ジャケットなどなど発売 (news)
  6. Vladislav Delay / Sly Dunbar / Robbie Shakespeare - 500 Push-Up (review)
  7. LITTLE CREATURES ──デビュー30周年の節目にニュー・アルバムをリリース (news)
  8. Vityazz ──新世代ジャズ・ユニットのヴィチアスが配信イベントを開始 (news)
  9. CAN ──クラウトロックの巨星、CANの全18タイトルがリイシュー (news)
  10. Nightmares On Wax ──あの歴史的名盤『Smokers Delight』の25周年記念12インチ発売、そしてなんともサイケデリックな短編映画を公開 (news)
  11. interview with A Certain Ratio/Jez Kerr マンチェスター、ポストパンク・ファンクの伝説 (interviews)
  12. interview with Autechre 音楽とともにオーディエンスも進化する (interviews)
  13. Siavash Amini - A Mimesis Of Nothingness (review)
  14. 校了しました ──松山晋也による魂の1冊『別冊ele-king カン大全──永遠の未来派』 (news)
  15. interview with Trickfinger (John Frusciante) ジョン・フルシアンテ、テクノを語りまくる (interviews)
  16. R.I.P. 加部正義 (news)
  17. KODAMA AND THE DUB STATION BAND & Jagatara2020 ──こだま和文率いるバンドが “もうがまんできない” をカヴァー&じゃがたら30年ぶりの新曲が12インチでリリース (news)
  18. Columns King Krule キング・クルール最新作が宿す乾きの秘密 (columns)
  19. KMRU - Peel (review)
  20. ralph ──気鋭の若手ラッパーがファーストEPをリリース、プロデュースは Double Clapperz (news)

Home >  Reviews >  Album Reviews > Meridian Brothers- Salvadora Robot

Meridian Brothers

CumbiaJazz RockLatinPsychedelic RockWorld

Meridian Brothers

Salvadora Robot

Soundway/Pヴァイン

Amazon iTunes

長屋美保   Jul 18,2014 UP
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 先日、コロンビアの女性と音楽の話になったときに、「コロンビアには豊かな音楽があるけれど、クンビアはダサいから聞かない」とバッサリ斬られた。クンビアとはコロンビア発祥の4分の2拍子のリズムを持つラテン音楽である。彼女にとったら、デジタル・クンビアの流行後にイナたい昔ながらのクンビアまでもが、世界各地で聞かれたり、踊られたりしている光景に違和感を感じるらしい。「ボンバ・エステレーオやシステマ・ソラールみたいなコロンビアの伝統音楽をイマっぽく演奏する国際的なグループはいるけれど、現地の若者は誰もクンビアを聞かない」と。しかし、コロンビアの首都ボゴタ出身の6人組、メリディアン・ブラザーズの4枚目のアルバム『サルバドーラ・ロボット』を聞くと、こんな新しい見せ方のクンビアもあるんだから、と彼女に言いたくなる。
 メリディアン・ブラザーズの公式ホームページのプロフィールによれば、彼らは1998年に結成し、ラテン・ロック(とくにアルゼンチンのロック)に多大な影響を受けているそうだ。
 ジャイルス・ピーターソンに評価されて注目を集めた前作『Desesperanza(日本語に訳すと「絶望」)』(2012)では、ラテンと電子音のポップな混合という印象が強いが、今作では、クンビアを前衛ロックやジャズに昇華している。単純にデジタル化させることなく、きちんと演奏しているのがいい。
 ピロポロと呑気なアナログ・シンセの音色が派手に構えているけれど、肝は鋭いドラムだ。奇妙に変調するシンコペーションが気持ちいいが、その音の渦の合間に訪れるタメに、はっとさせられる。クンビアのあいだとジャズのあいだが重なる瞬間は恍惚であり、このグループはすき間の使い方がとても巧い。クンビアだけでなく、コロンビア発祥のバジェナート、ウルグアイのパーカッション音楽のカンドンベ、ペルーのクリオージャ音楽のような南米のアフリカ文化の色彩が豊かに散りばめられている。歌っているのは労働者の悲哀や、男と女のエゴとかで、酒場できかれるような愚痴に近い。つまりは、大衆歌謡の流れを継承しているのだが、音には一筋縄ではいかない姿勢が滲み出ている。ジミ・ヘンドリックスの『パープル・ヘイズ』の陽気に壊れたカヴァーで、アルバムの幕を閉じるあたりにも、その気概を感じるのだ。ちなみに、この音楽は「ごった煮」ではない。トロピカルと反骨の共生への果敢なる挑戦なのである。

長屋美保